TALENを用いた実験プロトコルとして以下の4つの論文を発表しました。


  1. 1. この論文はTALEN構築を行うための重要なポイントを紹介しています。

  2. K. Nakajima, Y. Nakai, M. Okada and Y. Yaoita

  3. Targeted gene disruption in the Xenopus tropicalis genome using designed TALE nucleases.

  4. Zoological Science 2013 June; 30(6): 455-460 PubMed



  1. 2. この論文はネッタイツメガエルにおいて様々なTALENを比較し、最適なTALENを明らかにしています。

  2. K. Nakajima and Y. Yaoita

  3. Comparison of TALEN scaffolds in Xnopus tropicalis.

  4. Biology Open 2013 November; 2: 1364-1370 PubMed



  1. 3. この論文はアフリカツメガエルの卵母細胞にTALENをインジェクションし、これをホストの腹に戻すことによって受精可能にする技術を用いており、TALENの効率を劇的に高める手法を紹介しています。

  2. K. Nakajima and Y. Yaoita

  3. Highly efficient gene knockout by injection of TALEN mRNAs into oocytes and host transfer in Xenopus laevis.

  4. Biology Open 2015 February; 4 (2): 180-185 PubMed



  1. 4. この論文は生殖細胞で優先的にTALENを発現させる技術を紹介しており、この手法を用いればノックアウト致死になる遺伝子のノックアウトホモ個体を得る事が可能になります。

  2. K. Nakajima and Y. Yaoita

  3. Development of a new approach for targeted gene editing in primordial germ cells using TALENs in Xenopus

  4. Biology Open 2015 March; 4(3): 259-266 PubMed