タイトルイメージ
本文へジャンプ

 


広島大学 生物圏科学研究科 水産増殖学研究室

Laboratory of Aquaculture
Graduate School of Biosphere Science
Hiroshima University


For English, click here.

Last update: July 2, 2015




ウオノエ類の寄生を受けたカイワリ
【水産増殖学研究室では,増養殖魚類を始め,様々な水生動物に寄生する生物の
病害性や生物学に関する研究を行っています】



海と川をもっと豊かに!

重要なタンパク源である水産物を確保するために,海洋や湖沼・河川において,生物資源を維持管理し,
積極的に増大させる水産増殖が重要な課題となっています。

水産増殖学研究室では,水産資源を支え増大させることを目的として,海産魚や淡水魚の放流効果や
生態に関する研究を行っています。また,他の研究機関と共同して,
水産増殖および養殖に関する様々な研究を展開しています。

水産増殖学研究室には, 長澤和也教授海野徹也准教授の2名の教員がいます

このホームページは,長澤先生とその指導学生による水族寄生虫研究グループの活動を紹介しています



海野先生のホームページは,次をクリックしてくださいうみの研)。

水族寄生虫の標本整理を行うボランティアを募集しています。関心のある方は,長澤先生に連絡してください。


 
最 新 出 版 物
【2015年4〜6月】
(⇒
研究業績:研究室【年別】
研究業績:長澤教授

Nagasawa, K.(2015): Parasitic copepods of marine fish cultured in Japan: a review. J. Nat. Hist. (on-lined). (2015年6月) 
Katahira, H. and K. Nagasawa (2015): Heliconema anguillae Yamaguti, 1935, a physalopterid nematode found in Japanese eels: taxonomic resurrection with a note on the third-stage larva from intertidal crabs in western Japan. Folia Parasitol., 62: 028 (on-lined). (2015年5月) 
Nitta, M. and K. Nagasawa (2015): An alien monogenean Ligictauridus pricei (Ancyrocephalidae) parasitic on channel catfish Ictalurus punctatus (Siluriformes: Ictaluridae) in Japan. Spec. Divers., 20: 95-102. (2015年5月) 
Nitta, M. and K. Nagasawa (2015): Heterocotyle chinensis (Monogenea: Monocotylidae) from the whip stingray Dasyatis akajei from the Seto Inland Sea, Japan. Spec. Divers., 20: 89-93. (2015年5月) 
Nagasawa, K. and M. Nitta (2015): Rediscovery of a fish acanthocephalan, Acanthocephalus minor (Echinorhynchida: Echinorhynchidae) in the Lake Biwa basin, central Japan, with a review of the fish acanthocephalan fauna of the basin. Spec. Divers., 20: 73-81. (2015年5月) 
山本圭介長澤和也(2015): 東シナ海・黄海における底生魚類の群集構造の年変動. 日本水産学会誌, 81: 429-437. (2015年5月) 
木本圭輔・景平真明・畔地和久・長澤和也 (2015): 九州北東部の河川上流域における流程に沿った魚類群集の変化. 魚類学雑誌, 62: 1-12. (2015年4月)  

 
研 究 室 情 報 (⇒研究室の動き研究あれこれ

新田理人君(D1)が,沖縄島で外来魚を採集し,多くの寄生虫標本を得ました(2015年6月23-29日研究室の動き 
新田理人君(D1),青戸祐介君M1伊藤光平君M1),長澤和也先生が,広島大学で開催された日本動物分類学会に出席し,発表を行いました(2015年6月13-14日研究室の動き
新田理人君(D1)が滋賀県内で淡水魚を採集し,寄生虫相を調べました。滋賀県から他県に移稙された国内外来魚の寄生虫相解明の基礎資料とするためです(2015年6月1-2日研究室の動き)。
長澤和也先生が,神戸市で開催されたサケマス類に関する国際シンポジウムに出席し,共同研究者とともに,7000年前の遺跡等から出土したサケ類の骨片に基づくサケ類の将来分布に関する発表を行い,Long Look Back Awardを受賞しました(2015年5月17-18日研究室の動き 
今年2回目の研究室主催の広島湾サンプリングを行いました。前回は3月12日に行いました。クジメ,ウマヅラハギ,アカメバル,タナゴ類,フグ類を採集し,研究室で早速,解剖に供しました(2015年5月14日研究室の動き
清水隆之君(M1)と長澤和也先生が山口県の瀬戸内海流入河川で魚類寄生虫調査を行いました(2015年5月9日研究室の動き  
・今年度の水族寄生虫研究グループによる研究計画を話し合うゼミを開催しました。新田理人君(D1),工藤史貴君M2),青戸祐介君M1伊藤光平君M1),清水隆之君(M1),渡邊彩香さん(U4),長澤和也先生がそれぞれの研究計画を発表し,お互いにコメントしました(2015年4月22-23日研究室の動き)。 

日本産水族寄生虫の目録・文献情報をダウンロードできます


 「研究あれこれ」のページに,日本産水生生物の寄生虫目録(18編)をダウンロードする方法を記述しています。関心のある方は,アクセスしてください。


* * * 連絡先 * * *
739-8528 広島県東広島市鏡山1−4−4
広島大学大学院 生物圏科学研究科
水産増殖学研究室 長澤和也

2015年7月2日 更新


広島大学キャンパスの四季(左から春,夏,秋,冬)