タイトルイメージ
本文へジャンプ

 


広島大学 生物圏科学研究科 水産増殖学研究室

Laboratory of Aquaculture
Graduate School of Biosphere Science
Hiroshima University


最新更新日:2018年2月18日




ウオノエ類の寄生を受けたカイワリ
【水産増殖学研究室では,増養殖魚類を始め,様々な水生動物に寄生する生物の
病害性や生物学に関する研究を行っています】



海と川をもっと豊かに!

重要なタンパク源である水産物を確保するために,海洋や湖沼・河川において,生物資源を維持管理し,
積極的に増大させる水産増殖が重要な課題となっています。

水産増殖学研究室では,水産資源を支え増大させることを目的として,海産魚や淡水魚の放流効果や
生態に関する研究を行っています。また,他の研究機関と共同して,
水産増殖および養殖に関する様々な研究を展開しています。

水産増殖学研究室には, 長澤和也教授海野徹也准教授若林香織助教の3名の教員がいます

このホームページは,長澤先生とその指導学生による水族寄生虫研究グループの活動を紹介しています

海野先生のホームページは,次をクリックしてくださいうみの研)。

若林先生【水産無脊椎動物研究グループのページは,下のURLをクリックしてください
http://home.hiroshima-u.ac.jp/kaoriw)。


 長澤先生の教育・研究活動は広島大学:研究者総覧でも見ることができます

最 新 出 版 物
【2017年9月〜2018年2月】
(⇒
研究業績:研究室【年別】
研究業績:長澤教授

Nagasawa, K., S. Shirakashi and S. Yamamoto (2018): Nerocilla japonica (Schioedte & Meinert, 1881) (Isopoda, Cymothoidae) found in a Japanese culture of Griella leonina (Richardson, 1846) (Actinopterygii, Kyphosidae). Crustaceana, 91:375-377 (2018年2月).
Nagasawa, K. and S. Shirakashi (2018): Euryphorus brachypterus (Gerstaecker, 1853), a caligid copepod infecting Pacific bluefin tuna, Thunnus orientalis (Temminck & Schlegel, 1884), cultured in Japan. Crustaceana, 91: 251-255 (2018年1月).  
Nagasawa, K. and M. Nitta (2018): Ceratothoa verrucosa (Isopoda: Cymothoidae) attached by Choricotyle elongata (Platyhelminthes: Monogenea) in the mouth cavity of red seabream Pagrus major. Crustacean Res., 47: 5-8 (2018年1月). 
・ 長澤和也・川之辺素一・熊川真二・松澤 峻・竹花孝太 (2018): 木曽川上流域の王滝川で再発見されたヤマメナガクビムシSalmincola californiensisと宿主の同定. 日本生物地理学会会報, 72: 226-230 (2018年1月).
長澤和也上野大輔 (2017): 日本産魚類に寄生するサメジラミ科カイアシ類の目録(1898-2017年). 生物圏科学, 56: 87-104 (2017年12月).
長澤和也 (2017): 日本に定着したサンフィッシュ科魚類3種(ブルーギル,オオクチバス,コクチバス)の寄生虫目録(1962-2017年). 生物圏科学, 56: 105-120 2017年12月).
Nagasawa, K. (2017): A synopsis of the parasites of medaka (Oryzias latipes) of Japan (1929-2017). Biosphere Sci., 56: 71-85 (2017年12月).  
Nagasawa, K. and H. Katahira (2017): A revised and updated checklist of the parasites of eels (Anguilla spp.) (Anguilliformes: Anguillidae) in Japan (1915-2017). Biosphere Sci., 56: 33-69 (2017年12月).
新田理人 (2017): 東広島市におけるミカドケナガノミChaetopsylla mikadoの初記録. 生物圏科学, 56: 23-26 (2017年12月).
Nagasawa, K. (2017): Two species of copepods, Lernanthropus atrox and Hatschekia pagrosomi, parasitic on crimson seabream, Evynnis tumifrons, in Hiroshima Bay, western Japan. Biosphere Sci., 56: 13-21 (2017年12月).
Nagasawa, K. and H. Nakao (2017): Chub mackerel, Scomber japonicus (Perciformes: Scombridae), a new host record for Nerocila phaiopleura (Isopoda: Cymothoidae). Biosphere Sci., 56: 7-11 (2017年12月). 
Nagasawa, K. and S. Tanaka (2017): A rare infection of Ceratothoa verrucosa (Isopoda: Cymothoidae) on red seabream, Pagrus major, cultured in central Japan. Biosphere Sci., 56: 1-5 (2017年12月).  
・Cruz-Lacierda, E. R. and K. Nagasawa (2017): Morphology of Argulus japonicus Thiele (Crustacea, Branchiura, Argulidae) from koi carp (Cyprinus carpio) and goldfish (Carassius auratus) (Cypriniformes, Cyprinidae) in Iloilo, Philippines. Philippine Agriculture Scientist, 100: 431-436 (2017年12月). 
Nagasawa, K. and S. Urawa (2017): First records of Tracheliastes sachalinensis (Copepoda: Lernaeopodidae), a fin parasite of cyprinids, from Japan. Spec. Diver., 22: 167-173 (2017年12月). 
・ Kudoh, F. and K. Nagasawa (2017): Doridicola similis (Copepoda: Poecilostomatoida: Rhynchomolgidae) associated with Sepioteuthis sp.(Cephalopoda: Myopsida: Loliginidae), new to Japan. Spec. Diver., 22: 161-166 (2017年12月). 
Nitta, M. and K. Nagasawa (2017): Haplocotyle japonica, n. gen., n. sp., (Monogenea: Microbothriidae) parasitic on Rhinobatos hynnicephalus (Elasmobranchii: Rajiformes: Rhinobatidae) in Japanese waters. Spec. Diver., 22: 117-125 (2017年12月)
Nagasawa, K. and S. Isozaki (2017): Three new host records for the marine fish ectoparasite, Nerocila phaiopleura (Isopoda: Cymothoidae), with a list of its known hosts. Crustacean Res., 46: 153-159 (2017年11月). 
長澤和也 (2017): 日本産サメ類に寄生するヨシキリジラミ属カイアシ類. 板鰓類研究会報, 53: 1-5 (2017年10月).
Nitta, M., K. Kawai, and K. Nagasawa (2017): First Japanese record of the sharpbelly Hemiculter leusciculus (Basilewsky, 1855) (Cypriniformes: Cyprinidae) from Okayama Prefecture, western Honshu. Biogeography, 19: 17-20. (2017年10月).
Nitta, M., T. Hotta, and K. Nagasawa (2017): First record of Lernaeenicus ramosus (Copepoda: Pennellidae) parasitic on Epinephelus akaara (Perciformes: Serranidae) in the Amakusa-nada Sea, western Japan. Biogeography, 19: 80-84. (2017年10月).
Nagasawa, K. and R. Yoshida (2017): Host utilization by the anuran acanthocephalan Pseudoacanthocephalus bufonis (Echinorhynchidae) on two subtropical islands, southern Japan. Biogeography, 19: 25-30. (2017年10月).
Nagasawa, K. and T. Takami (2017): Occurrence of Pseudorhadinorhynchus leuciscus (Acanthocephala: Illiosentidae) in big-scaled redfin, Tribolodon hakonensis, in coastal marine waters of Hokkaido, northern Japan. Biogeography, 19: 21-24. (2017年10月).
Nagasawa, K., T. Hatama, and M. Nitta (2017): Argulus coregoni (Branchiura: Argulidae) parasitic on wild and cultured Oncorhynchus masou ishikawae (Salmonidae) in Yamaguchi Prefecture, western Honshu, Japan. Biogeography, 19: 160-163. (2017年10月). 
Nagasawa, K. and Y. Ueda (2017): Notostomum cyclostomum (Hirudinida: Piscicolidae) parasitic on a flathead flounder, Hippoglossoides dubius (Pleuronectidae), in the southern Sea of Japan, western Japan. Biogeography, 19: 164-166. (2017年10月). 
Nagasawa, K. and S. Harada (2017): Shortfin scad, Decapterus macrosoma, a new host record for Ceratothoa carinata (Isopoda: Cymothoidae). Biogeography, 19: 153-155. (2017年10月). 
Nagasawa, K. (2017): Argulus japonicus (Branchiura: Argulidae) parasitic on a freshwater minnow, Opsariichthydis playpus (Cyprinidae): the second record from Shikoku, western Japan. Biogeography, 19: 150-152. (2017年10月). 
長澤和也 (2017): 二枚貝から宝石にようなものが出てきましたが、何でしょうか? 『エビ・カニの疑問50』. 成山堂書店,東京. pp. 78-80 (2017年9月).   
Nitta, M. and K. Nagasawa (2017): A new species of Furcohaptors Bijukumar & Kearn, 1996 (Monogenea: Diplectanidae) parasitic on Cynoglossus robustus Gunther (Pleuronectiformes: Cynoglossidae) in the Seto Inland Sea, Japan, with comments on its systematic position and an amended generic diagnosis of Furcohaptor. Systematic Parasitology, 94: 907-913 (2017年9月).

 
研 究 室 情 報 (⇒研究室の動き研究あれこれ

・博士研究員の新田理人君(PD)と長澤和也先生が、神戸大学と国立嘉儀大学(台湾)との国際寄生虫学セミナーに出席し、それぞれ研究成果を発表しました (2017年11月23-24日研究室の動き  
・博士研究員の新田理人君(PD),大学院生の伊藤光平君(M2)、長澤和也先生が、瀬戸内海産魚類の寄生虫相調査のため、広島県沿岸で海水魚の採集を行いました (2017年11月19日研究室の動き  
・大学院生の青戸祐介君(M2)と長澤和也先生が、コイ科魚類の寄生虫相調査のため、岡山県と鳥取県で調査を行いました (2017年11月3日研究室の動き   
・広島大学は紅葉がピークです (2017年11月2日研究室の動き 
・大学院生の青戸祐介君(M2)と長澤和也先生が、コイ科魚類の寄生虫相調査のため、広島県内の山中で調査を行いました (2017年9月26日研究室の動き  
・博士研究員の新田理人君(PD),大学院生の青戸祐介君(M2)、長澤和也先生が、瀬戸内海産魚類の寄生虫相調査のため、広島県沿岸で海水魚の採集を行いました (2017年9月11日研究室の動き 
長澤和也先生が、8月上旬に実施した中国山地における調査で興味深い寄生虫が採集されましたので、その生活史に関する調査をしました (2017年8月19日)(研究室の動き。 
・博士研究員の新田理人君(PD)が、チェコ共和国で開催された単生類に関する第8回国際シンポジウムに出席し、ポスター発表で表彰されました (2017年8月6〜11日研究室の動き   
・広島大学水族生態学研究室の河合幸一郎先生の案内で,長澤和也先生が今年3月に引き続き,中国山地において魚類を採集し、寄生虫検査に供しました (2017年8月8日)(研究室の動き
・東京から、寄生性カイアシ類の解剖方法と顕微鏡観察の方法を学びに来た大学生がいました。解剖した体各部を正確にスケッチして、私たちを大いに喜ばせました (2017年8月3日研究室の動き 

日本産水族寄生虫の目録・文献情報をダウンロードできます


 「研究あれこれ」のページに,日本産水生生物の寄生虫目録(30編)をダウンロードする方法を記述しています。関心のある方は,アクセスしてください。


* * * 連絡先 * * *
739-8528 広島県東広島市鏡山1−4−4
広島大学大学院 生物圏科学研究科
水産増殖学研究室 長澤和也


広島大学キャンパスの四季(左から春,夏,秋,冬)