タイトルイメージ
本文へジャンプ  
▽ English
大学院生・学位取得者

 大学院は,博士課程前期(従来の修士課程,通常2年間)と博士課程後期(従来の博士課程,通常3年間)に分けられます。

 それぞれにおいて,必要な単位を取得のうえ,独創的な研究を行い,成果を取りまとめて修士論文あるいは博士論文を執筆し,規定に定められた審査に合格すると,それぞれ
修士号博士号を得ることができます。
 近年は,大学を卒業後または大学院修士課程を修了後,社会に出て働きながら,博士号の取得を目指す社会人も大学院生として在籍しています。

 
水産増殖学研究室では,大学院生は標本をみずから採集することが多く,野外調査に頻繁に出かけます。フィールド・ワークが好きな人は,是非,研究室を訪ねてください。

 外国からの留学生が多いため,日常,英語がごく普通に使われています。教員は英語圏で生活した経験を持つため,外国語による議論は苦になりません。大学院で,国際感覚を身につけたい学生は研究室の扉をたたいてみてください。

 ただし,日々の研究生活は厳しいので,水産増殖学研究室での研究を希望する場合は,それなりの覚悟が必要です。

 他大学からの学生や試験研究機関・教育機関等で働いている社会人の大学院入学も大いに歓迎します。大学院の入学試験は,1年に3回あります(6月:推薦入学試験,9月と2月:一般選抜試験)。入学試験の詳細は,広島大学大学院生物圏科学研究科のホームページをご覧ください。


 ここでは,長澤先生の研究グループを紹介します。

 博士研究員 ― 2名
             Ione Madinabeitia,太田 悠造
                          
 
大 学 院 生 ― 7名

    博士課程後期(博士コース): 6名 ― 3年:水野 晃秀,木本 圭輔,坂岡 賢

                            2年:片平 浩孝,Worawit Maneepitaksanti
                              山本 圭介
     
    博士課程前期(修士コース): 1名 ― 2年:桑原 寛之


【外国人博士研究員: 1名】 

氏 名 研究テーマ 備 考
Ione Madinabeitia
日本学術振興会
特別研究員
外来寄生虫:日本の漁業と水産養殖への影響 広島大学大学院修了

 
 ヨネ・マディナベイティア(Ione Madinabeitia)博士は,2011年3月に広島大学で博士(学術)を取得しました。学位論文は「Taxonomical and ecological studies on the metazoan parasites of sparid fishes from Japan and other countries」です。これは,わが国および台湾・オーストラリアなどに生息するタイ科魚類に見られる寄生虫の分類・生態分類学研究です。

 ヨネさんはスペイン生まれ。米国のカリフォルニア州立大学ロングビーチ校で学士号を取得後,広島大学の大学院に入学しました。ロングビーチ校では,何 汝Ju-shey Ho)教授(右下写真の左端:国際カイアシ類会議,タイ国パタヤ市,2008年7月)から寄生性カイアシ類のことを学びました。広島大学の博士課程後期では,長澤和也先生のもとで博士論文を完成しました。

 今後は,その研究成果に基づいて,国内外のタイ科魚類の寄生虫に関する論文を出版する予定です。


ヨネ・マディナベイティア博士による研究業績》

Ho, J.-S., B. B. Collette, and I. Madinabeitia (2006): Host specificity of Lepeophtheirus crassus (Wilson and Bere) (Copepoda: Caligidae) parasitic on the marlin sucker Remora osteochir (Cuvier) in the Atlantic Ocean. J. Parasitol., 92: 1113-1115.

Madinabeitia, I., T. Nakai, S. Ohtsuka, J. Okuda, E. Iwamoto, T. Yoshida, M. Furukawa, and N. Nakaoka (2009): Homogeneity among Lactococcus garvieae isolates from striped jack Pseudocaranx dentex (Bloch & Schneider) and its ectoparasites. J. Fish Dis., 32: 901-905.

・Moravec, F., K. Nagasawa, and I. Madinabeitia (2010): A new species of Capillaria (Nematoda: Capillaridae) from the intestine of the marine fish Acanthopagrus schlegelii schlegelii (Sparidae) from Japan. J. Parasitol., 96: 771-774.

Madinabeitia, I. and K. Nagasawa (2011): Chalimus stages of Caligus latigenitalis (Copepoda: Caligidae) parasitic on blackhead seabream from Japanese waters, with discussion of terminology used for developmental stages of caligids. J. Parasitol., 97: 221-236.

Madinabeitia, I. and K. Nagasawa (2011): Description of Naobranchia denticis n. sp. (Copepoda: Siphonostomatoida: Lernaeopodidae) parasitic on Dentex hypselosomus (Teleostei: Sparidae) from Japanese waters, with a key to the species of Naobranchia. Crustaceana, 84: 461-476.

Maneepitaksanti, W., D. Uyeno, I. Madinabeitia, T. Laoprasert, D. Tang, and K. Nagasawa: New morphological information of Caligus epidemicus (Crustacea, Copepoda, Caligidae) from Indo-West Pacific finfishes. Zoosymposia (submitted).

Madinabeitia, I. and K. Nagasawa: Double-netting: an alternative approach to the recovery of parasitic copepods from finfishes. J. Nat. Hist. (submitted).


・Nagasawa, K., D. Tang, D. Uyeno, and I. Madinabeitia: Contribution of Ju-shey Ho to the systematics of symbiotic copepods of Japan. J. Nat. Hist. (submitted).

Venmathi Maran, B. A., D. Tang, I. Madinabeitia, K. Izawa, S. Ohtsuka, D. J. Jang,and K. Nagasawa: Redescription of Pseudacanthoacanthopsis secunda Yamaguti & Yamasu, 1960 (Copepoda: Chondracanthidae) parasitic on marine fishes from the Seto Inland Sea, Japan, and the East China Sea off Japan and Korea. J. Nat. Hist. (submitted).


Madinabeitia, I., D. Tang, and K. Nagasawa: Four new species of Colobomatus (Copepoda: Philichtyhidae) parasitic in the sensory canals of marine finfishes from off the Ryukyu Islands, Japan, with redescriptions of C. collettei Cressey, 1977 and C. pupa Izawa, 1974 (submitted).


【日本人博士研究員: 1名】 

氏 名 研究テーマ 備 考
太田 悠造
日本学術振興会
特別研究員
魚類の有害寄生虫ウミクワガタ類幼生における種同定法の確立 琉球大学大学院修了

 
 太田悠造博士
は,2010年3月に琉球大学で博士(理学)の学位を得ました。学位論文は「Taxonomical studies on gnathids (Crustacea, Isopoda, Gnathiidae) from Okinawa Islands, Japan」です。これは,甲殻類等脚類のウミクワガタ類の分類と生活史に関する研究です。その研究成果は,すでに数篇の学術論文として出版されています。そのうちの1篇は,2009年に日本甲殻類学会の学会賞を得ました。

 太田君は,ウミクワガタ類の研究のほか,昆虫類の研究者としても知られ,幾つかの報文を出版しています。


《太田悠造博士による研究業績》

太田悠造 (2006): 2006年3月にケブカコフキコガネを採取.琉球の昆虫,30: 54-55.

Ota, Y., K. Tanaka, and E. Hirose (2007): A new species of Gnathia (Crustacea: Isopoda: Gnathiidae) from Okinawa-jima Island, Ryukyu Archipelago, southwestern Japan. Zool. Sci., 24: 1266-1277.

Ota, Y., K. Tanaka, and E. Hirose (2008): Seasonal fluctuations of the sponge-dwelling gnathiid isopod Elaphognathia aff. cornigera. Crust. Res., 37: 14-25.

Yamauchi, T., Y. Ota, and K. Nagasawa (2008): Stibarobdella macrothela (Annelida: Hirudinida: Piscicolidae) from chondracanians in Japanese waters, with new hosts records. Biogeography, 10: 53-57.


・望月秀人・武藤慎太郎・吉郷英範・太田悠造 (2008): 琉球列島浅海域のマメウニ科を除くタコノマクラ目(棘皮動物門:ウニ綱),付:琉球列島ブンブク目に関する追記.比和科学博物館研究報告,49: 77-101.

太田悠造恩田翔太 (2008): 沖縄島北部,大宜味村の伐採地における甲虫相. 琉球の昆虫,32: 8-11.


太田悠造恩田翔太 (2008): 沖縄島で得られたタガメ. 琉球の昆虫,32: 12.

太田悠造 (2008): 4頭目のヤエヤマコクワガタ採れる! 月刊むし,452: 40-41.

Ota, Y. and E. Hirose (2009): Description of Gnathia maculosa and a new record of Gnathia trimaculata (Crustacea, Isopoda, Gnathiidae), ectoparasites of elasmobranchs from Okinawan coastal waters. Zootaxa, 2114: 50-60.

Ota, Y. and E. Hirose (2009): Gnathia nubila n. sp. and a new record of Gnathia grandilaris (Crustacea, Isopoda, Gnathiidae) that parasitize elasmobranchs from Okinawan coastal waters, Japan. Zootaxa, 2238: 43-55.

・恩田翔太・太田悠造 (2009): 沖縄島におけるケブカコフキコガネの生態及び雌の再発見. 鰓角通信,18: 3-11.

Ota, Y., K. Tanaka, M. Hirose, and E. Hirose (2010): Description of a new species of Elaphognathia (Isopoda: Gnathiidae) from Japan based on morphological and molecular traits. J. Crust. Biol., 30: 710-720.

太田悠造 (2010): 沖縄島の干潟に棲むミナミシカツノウミクワガタElaphognathia nunomurai(等脚目:ウミクワガタ科)の季節変動.Cancer, 19: 1-9.

太田悠造 (2010): イタチザメの胃内容物として得られたサラワクイルカ(ハクジラ亜目:マイルカ科).沖縄生物会誌, 48: 95-99.

Ota, Y. (2011): A new species of the gnathiid isopod, Gnathia teruyukiae (Crustacea: Malacostraca), from Japan, parasitizing elasmobranch fish
. Bull. Natl. Mus. Nat. Sci., Ser. A, Suppl., 5: 41-51.

太田悠造 (2011): 琉球列島のウミクワガタ採集あれこれ.うみうし通信, (70): 2-4.

Ota, Y. (2012): Gnathiidae from Kumejima Island in the Ryukyu Archipelago, southwestern Japan, with description of three new species (Crustacea: Isopoda). Zootaxa, special issue (in press).



【博士課程後期(博士コース)在籍者:6名】 

氏 名 学年 研究テーマ 備 考
水野 晃秀 3年 愛媛県御荘湾および流入河川におけるウナギ属魚類の資源生物学的研究 社会人大学院生
(宇和島水産高等学校)
木本 圭輔  3年 大分県大野川水系神原川における在来アマゴ個体群の保全に関する研究 社会人大学院生(大分県農林水産研究指導
センター水産研究部)
坂岡 賢  3年 飼育下でのアカウミガメの性選択に関する研究 社会人大学院生
(名古屋港水族館)
片平 浩孝
(日本学術振興会
特別研究員)
2年 寄生虫を生物標識として活用した両側回遊性魚類の生態研究 広島大学
大学院修了
W. Maneepitaksanti
(日本政府奨学金
留学生)
2年 外来魚に寄生するカイアシ類と単生類の分類・生態学的研究 タイ人
留学生
    山本 圭介 東シナ海および黄海における主要底棲性生物の資源学的研究 社会人大学院生
(水産総合研究センター
瀬戸内海区水産研究所)

水野 晃秀 木本 圭輔 坂岡 賢 片平 浩孝
W. Maneepitaksanti
山本 圭介


《博士課程後期大学院生による研究業績》

《水野晃秀君の研究業績》

・Nagasawa, K., T. Umino, and K. Mizuno (2007): A checklist of the parasites of eels (Anguilla spp.) (Anguilliformes: Anguillidae) in Japan (1915-2007). J. Grad. Sch. Biosp. Sci., Hiroshima Univ., 46: 91-121.


水野晃秀・長澤和也 (2009): わが国におけるオオウナギの地理的分布の現状.日本生物地理学会会報,64: 79-87.

Nagasawa, K., H. Katahira, and K. Mizuno (2010): New host and locality of the fish ectoparasite Argulus japonicus (Crustacea, Branchiura, Argulidae) in Japan, with a note on its heavy infection. Biogeography, 12: 17-20.

Mizuno, K. and K. Nagasawa (2010): Occurrence and habitats of the giant mottled eel Anguilla marmorata (Anguilliformes, Anguillidae) in rivers of Ehime Prefecture, Japan. Biogeography, 12: 133-139.


・Katahira, H., K. Mizuno, and K. Nagasawa (2011): Host size- and habitat-dependent intensity of Heliconema longissimum (Nematoda: Physalopteridae) in the Japanese eel (Anguilla japonica). J. Parasitol., 97: 994-998.


《坂岡 賢君の研究業績》

Sakaoka, K., M. Yoshii, H. Okamoto, F. Sakai, and K. Nagasawa (2011): Sperm utilization patterns and reproductive success in captive loggerhead turtles (Caretta caretta). Chelonian Conserv. Biol., 10: 62-72.

《片平浩孝君の研究業績》

Nagasawa, K., H. Katahira, and K. Mizuno (2010): New host and locality of the fish ectoparasite Argulus japonicus (Crustacea, Branchiura, Argulidae) in Japan, with a note on its heavy infection. Biogeography, 12: 17-20.


Nagasawa, K., H. Katahira, and K. Tomikawa (2010): Salvelinema salmonicola (Nematoda, Cystidicolidae): Heavy infection in lacustrine sockeye salmon Oncorhynchus nerka from northern Japan, with implication of the host's feeding habits. Biogeography, 12: 25-28.


Katahira, H. and K. Nagasawa (2011): Echinorhynchus hexagrammi Baeva, 1965 (Acanthocephala: Echinorhynchidae) from marine fishes from off Hokkaido, Japan, with morphological observations and new host records. Syst. Parasitol., 80: 35-40.

Katahira, H., K. Mizuno, and K. Nagasawa (2011): Host size- and habitat-dependent intensity of Heliconema longissimum (Nematoda: Physalopteridae) in the Japanese eel (Anguilla japonica). J. Parasitol., 97: 994-998.

Katahira, H., A. Goto, D. Tang, and K. Nagasawa: Three species of parasitic copepods from threespine sticklebacks (Gasterosteus aculeatus) in eastern Hokkaido, Japan, with a note on their seasonal occurrence associated with the host's life cycle. Zoosymposia (submitted).

Katahira, H., K. Mizuno, T. Umino, and K. Nagasawa: Differences in occurrence of Pseudodactylogyrus spp. (Monogenea) infecting wild Japanese eels (Anguilla japonica) between host's habitats (to be submitted).

Worawit Maneepitaksanti君の研究業績》

Maneepitaksanti, W., D. Uyeno, I. Madinabeitia, T. Laoprasert, D. Tang, and K. Nagasawa: New morphological information of Caligus epidemicus (Crustacea, Copepoda, Caligidae) from Indo-West Pacific finfishes. Zoosymposia (submitted).


《山本圭介君の研究業績》

山本圭介・長澤和也 (2011): 東シナ海大陸棚斜面域で採集されたエビ類.日本生物地理学会会報, 66: 27-39.


【博士課程前期(修士コース)在籍者: 1名】

氏 名 学年 研究テーマ 備 考
桑原 寛之 2年 オオクチバス属魚類に寄生する単生類のの分類および生態に関する研究 広島大学出身

桑原 寛之


学位取得者

 長澤和也先生のもとで,近年,博士号と修士号を取得した人と研究テーマは以下の通りです。

【博士号取得者】

氏 名 修了年度 博士論文題目 備 考
Ione Madinabeitia 2010年度

Taxonomical and ecological studies on the metazoan parasites of sparid fishes from Japan and other countries

スペイン人
留学生
松田 春菜 2010年度 Taxonomy and ecology of eulimids associated with echinoderms in Japanese waters
五利江 重昭 2010年度 Fishery biology of whitespotted conger Conger myriaster in the eastern Seto Island Sea, Japan 社会人
大学院生
(兵庫県水産技術センター)
上野 大輔 2009年度 Taxonomic study on copepods parasitic on tetraodontiform fishes from Japan and East Asian countries
斎藤 寿彦 2008年度 Regional variability in early growth and survival of chum salmon Oncorhynchus keta in Japan 社会人
大学院生
(さけます
センター)
平田 靖 2008年度 マガキ成貝飼育海水への付着基質浸漬による幼生の付着促進に関する研究 社会人
大学院生
(広島県水海技センター)

【修士号取得者】

氏 名 修了年度 修士論文題目 備 考
片平 浩孝 2009年度 Parasitological study of the Japanese eel (Anguilla japonica) from Ehime Prefecture, Japan 北海道大学
出身
佐伯 悠 2009年度 淡水魚類に寄生するニセエラジラミ科およびイカリムシ科カイアシ類の分類学的研究 日本大学
出身
福重 聖子 2009年度 瀬戸内海産魚類に寄生する単生類の分類学的研究 鹿児島大学
出身
Su Myat 2009年度 Taxonomic and ecological study on the monogenean Eudiplozoon nipponicum and other parasites of crucian carp (Carassius spp.) in Japan ミャンマー人
留学生
神尾 祐輔 2008年度 瀬戸内海産メバル属魚類3種に寄生する単生類の形態・分類学的研究 北海道大学
出身
井上 亜希子 2007年度 広島県産淡水魚類に寄生するカイアシ類の生態学的研究 愛媛大学
出身