タイトルイメージ
本文へジャンプ  
English
教 員

 ここでは,長澤和也先生のプロフィールを紹介します。2005年9月に赴任し,現在,在職8年目です。

 長澤和也 (ながさわ かずや)  教授

  広島大学大学院 生物圏科学研究科 生物資源科学専攻
  水圏生物生産学講座 水産増殖学研究室


  生物生産学部A棟315号室,電子メール:ornatus(at)hiroshima-u.ac.jp

1952年4月25日(現在60歳),山梨県増穂町(現在,富士川町)生まれ

山梨県立巨摩高等学校卒業

東京水産大学 水産学部 増殖学科卒業(水産学士)

東京大学 大学院農学系研究科 水産学専門課程 修士課程修了(農学修士)

東京大学 大学院農学系研究科 水産学専門課程 博士課程修了(農学博士)


【職歴】

北海道立水産試験場(研究員,科長,主任研究員)[1981〜1991年]

農林水産省 遠洋水産研究所(研究室長,企画連絡科長,国際海洋生物研究官)[1991〜2001年]

水産総合研究センター 養殖研究所 日光支所(支所長)[2001〜2003年]

国際機関:東南アジア漁業開発センター養殖部局[フィリピン](特別顧問)[2003〜2005年]

水産総合研究センター 東北区水産研究所 八戸支所(支所長)[2005年]

【教員暦】

キール大学海洋研究所[ドイツ](招聘客員講師[併任],水産生物学)[1989年]

東海大学 海洋学部海洋科学科(非常勤講師[併任],海洋動物学)[1992〜1996年]

奈良女子大学 理学部生物学科(非常勤講師[併任],水族寄生虫学)[1995年]

北海道大学 理学部生物学科(非常勤講師[併任],水族寄生虫学)[2009年]

広島大学 大学院生物圏科学研究科(教授,水産増殖学)[2005年〜現在]

【担当授業:学部】

水産増殖学(分担),基礎生物学実験T(分担),海洋生物生産学実験U(分担),卒業研究

【担当授業:大学院】

栽培漁業学入門・栽培漁業学(博士課程前期),水圏生物生産学演習(A:博士課程前期,B:同後期),水圏生物生産学実験実習(分担:博士課程前期),特別研究(博士課程前期)

【専門分野】

水産増殖学,水族寄生虫学

【所属学会】

日本水産学会,日本魚類学会,日本生物地理学会,動物分類学会,板鰓類研究会,米国寄生虫学会(American Society for Parasitologists),国際カイアシ類学会(World Association of Copepodologists)

【学会での編集活動】

英国海洋生物学会:編集委員(1992〜2012年:Journal of the Marine Biological
    Association of the United Kingdom)
日本魚病学会:編集委員(1993〜2004年:魚病研究)
水産海洋学会:和文誌編集委員(2000〜2001年:水産海洋研究)
水産海洋学会:和文誌編集副委員長(2002〜2003年:水産海洋研究)
日本水産学会:編集委員(2005〜2008年:Fisheries Science,日本水産学会誌)

【学会での活動】

日本水産学会:評議員(2008〜2010年)
日本水産学会:中国・四国支部評議員(2008〜2010年)
          中国・四国支部幹事(2011年,2012年〜現在)
日本生物地理学会:評議員(2011年〜現在)

【学外での活動

財団法人目黒寄生虫館:評議委員(1993〜2011年)
広島海区漁業調整委員会:委員(2008年〜現在)
日本学術振興会:日本生物学賞選考委員(2010年)
海洋生物資源確保高度化事業「沿岸海域複合生態系の変動機構に基づく生物資源生産力の再生・保全と持続的利用に関する研究」運営委員(2011年〜現在)


【学内での活動】

《全学》
 高等教育研究開発センター:評議員(2006〜2010年)
 総合博物館:研究員(2010年〜現在)
《大学院生物圏科学研究科》
 生物資源科学専攻長(2010〜2011年)
 水圏生物生産学講座主任(2010〜2011年)

 広報ワーキンググループ座長(2007〜2008年)
 広報委員長(2008〜2010年)
 代議員会委員(2010〜2011年)
 研究科長室運営会議委員(2010〜2011年)
 学務委員(2010〜2011年)
 図書委員(2010年〜現在)
 自己点検・評価委員会委員(2010〜2011年)
《瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター》
 副センター長(水産実験所長:兼務)(2010〜2011年)
 運営委員会:副委員長(2010〜2011年)
 教育共同利用推進小委員会委員(2010〜2011年)
《生物生産学部》
 水産生物科学コース主任(2010〜2011年)
 研究科長室総務会議委員(2010〜2011年)
 チューター(2007〜2010年)

【受賞暦】

フォースター賞(カナダ)[1998年]
水産ジャーナリストの会2000年度賞[2001年]

ベストプレゼンテーション賞(日本水産学会中国・四国支部)[2008年]
水産海洋学会論文賞[2012年]

【日本学術振興会:科学研究費補助金による研究】

長澤和也(代表者): 寄生虫を生物標識として活用した海産栽培漁業種の生態
  解明(平成18〜21年度)《基盤研究B》

長澤和也(代表者): 外来魚を特異的に攻撃する有害寄生虫の増殖メカニズムの
  解明(平成20〜22年度)《挑戦的・萌芽研究》


長澤和也(代表者): 魚類寄生性カイアシ類と地球温暖化:水産養殖業への影響
  評価(平成21〜22年度)《外国人特別研究員奨励費》

長澤和也(代表者): 寄生虫と耳石を生物標識として活用したニホンウナギの生活
  履歴の高精度解析(平成24〜26年度)《基盤研究C》


【他機関からの寄付金・委託金等による研究】

長澤和也(代表者): 沖縄県産魚介類の寄生虫相,特に外来寄生虫を含む亜熱帯
  寄生虫相の解明(平成21〜23年度)《海洋博覧会記念公園管理財団》


長澤和也(代表者): 島根県産水生動物の寄生虫相に関する研究(平成24年度)
  《公益財団法人ホシザキグリーン財団》


【広島大学からの補助金による研究】

長澤和也(代表者): 重要水産資源の高精度管理のための個体群構造の解明−
  寄生虫を生物標識として活用した瀬戸内海産マダイの系群識別(平成20年度)
  《生物圏科学研究科長裁量経費》


長澤和也(代表者): 地球温暖化と水産養殖業:東南アジアから日本に侵入する
  熱帯性寄生虫の特定と生産量への影響評価(平成22年度)《生物圏科学研
  究科長裁量経費》


【海外の大学・研究機関との共同研究】

【欧州】
 英国:大英自然史博物館[1991年〜現在]
 デンマーク:コペンハーゲン大学[1987年〜現在]
 チェコ共和国:寄生虫学研究所[1983年〜現在]
  
【北米】
 米国:ウイリアム・メリー大学[1995年〜現在]
 米国:カリフォルニア州立大学ロングビーチ校[1991年〜現在]

【アジア】
 韓国:江陵大学校[1995年〜現在]
 韓国:全南大学校[2011年〜現在]
 マレーシア:マラヤ大学[2009年〜現在]
 フィリピン:フィリピン大学ビサヤス校[2011年〜現在]