作成者:戸田昭彦
熱力学 概要
熱力学 まとめ
熱力学基本法則 概略抜粋
(補1)カルノーサイクルの行う仕事
(参考0)熱力学第0法則による温度の定義
(参考1A-F)熱力学温度(絶対温度)の決定法
(参考1G)温度計の種類
(参考2)状態量の満たすべき性質
(参考3)いろいろな状態方程式と仕事
(参考4)理想気体分子運動論
(参考5)光子気体
(参考6)ファン・デル・ワールス流体
(参考7A)温度差のある伝熱,圧力差のある仕事
(参考7B-D)無限小の変化を無限にゆっくりと行う過程の可逆性
(参考8)熱機関の効率,ヒートポンプの成績係数,様々な熱機関
(参考9)dS=q/T,連続的な熱源,仕事源
(参考10)熱力学エントロピー
(参考11)カラテオドリの原理とエントロピー
(参考12)分子論に基づくエントロピー
(参考13)熱力学第3法則
(参考14)同次関数に関するオイラーの定理
(参考15)等エントロピー系
(参考16)2変数の凸関数の性質
(参考17A)熱力学不等式としての熱容量,圧縮率の符号
(参考17B)粒子数の関係する熱力学不等式
(参考18)弾性の熱力学的性質
(参考19)表面張力,表面自由エネルギー
(参考20)熱雑音,黒体輻射,プランクの法則,固体の比熱
(参考21)エネルギーと環境
(参考22)宇宙の熱力学的進路
(発展・応用1) 相図の見方
戸田のホームページに戻る
Since 16 Dec. 2015