広島大学大学院理学研究科 生物科学専攻

English

講座・研究室紹介

基幹講座 動物科学講座 発生生物学研究室
細胞生物学研究室
情報生理学研究室
植物生物学講座 植物分類・生態学研究室
植物生理化学研究室
植物分子細胞構築学研究室
協力講座 多様性生物学講座 海洋分子生物学研究室 附属臨海実験所
島嶼環境植物学研究室 附属宮島自然植物実験所
両生類生物学講座 発生研究グループ 両生類研究センター
進化多様性・生命サイクル研究グループ
遺伝情報・環境影響研究グループ
植物遺伝子資源学講座 植物遺伝子資源学研究室 附属植物遺伝子保管実験施設

動物科学講座

発生生物学研究室

菊池 裕(教授)、穂積 俊矢(助教)、武藤 彰彦(助教) 近年の急激な分子生物学の発展により、生命現象は分子レベ ルでの理解が大いに進んできた。私たちの研究グループでは、発生再生過程にお ける細胞の運命決定や遺伝子発現を制御する分子メカニズムの解明を目的に、個体や培養細 胞を用いて研究を行っている。この様な研究で得られる成果は、将来の再生医療の基礎にな ると考えている。

  1. 細胞分化・分化転換・脱分化機構の解明
  2. 染色体高次構造変化による遺伝子発現制御機構の解明

Key Words 細胞運命、脱分化、再生、遺伝子発現制御

研究室ホームページ
http://home.hiroshima-u.ac.jp/~zebra/

細胞生物学研究室

千原 崇裕(教授)、濱生 こずえ(准教授) 私達の身体は、無数の細胞によって構成される「細胞社会」と捉えることができます。我々は細胞社会の構築原理を理解するために、ショウジョウバエ遺伝学と哺乳類細胞培養技術を用いて、(1)細胞の分裂と形づくり、(2)細胞どうしの相互作用、 (3) 神経回路の構築、(4)個体老化における神経細胞死、に関する研究を進めています。これらの研究は、がんや神経疾患の発症メカニズムの理解にも繫がります。

Key Words 神経系、細胞質分裂、細胞の形態形成、細胞間相互作用、老化

研究室ホームページ
http://chihara-lab.hiroshima-u.ac.jp

情報生理学研究室

小原 政信(教授)、植木 龍也(准教授)、森下 文浩(助教) 金属タンパク質は、動物細胞では、酸素の運搬や貯蔵、酸化還 元、電子伝達、膜電位の保持、薬物代謝、神経生理、癌転移等、 種々の重要な生体反応において重要な役割を担う。私たちは、各 種の動物培養細胞や、海産動物のホヤ、アメフラシを用いて金属 タンパク質の構造と機能相関、生理機能の発現調節機構の解明を目指して研究を行っている。

Key Words 金属タンパク質、細胞、酸素運搬、貯蔵、酸化還元、電子伝達系、膜電位保持、 薬物代謝系、神経ペプチド

研究室ホームページ
http://home.hiroshima-u.ac.jp/lmcp/

植物生物学講座

植物分類・生態学研究室

山口 富美夫(教授)、嶋村 正樹(准教授)、片桐 知之(助教) 進化の過程で、最初に陸上に出現した植物群であるコケ植物について、系統分類、植物地理、細胞生物学、比較形態、比較ゲノム、生活史など 様々な視点から研究を行っている。コケ植物に関する標本数と文献の保有数は国内の大学で随一の規模を誇り、国内外のコケ植物研究の拠点となっている。

Key Words コケ植物、分類学、系統学、生態学、形態学

研究室ホームページ
http://home.hiroshima-u.ac.jp/koke/

植物生理化学研究室

高橋 陽介(教授)、深澤 壽太郎(助教)、伊藤 岳(助教)環境の変化に適応するために、 植物は遺伝的プログラムを柔軟に変化させる機構を発達させてきた。 ジベレリンは植物の成長を促進する植物ホルモンである。 ジベレリン恒常性維持の転写調節系と信号伝達ならびに環境応答の分子機構を生化学、分子生物学の手法を用いて研究している。

Key Words 植物ホルモン、転写制御、信号伝達、キナーゼ、タンパク質間相互作用

研究室ホームページ
http://home.hiroshima-u.ac.jp/ppclab/

植物分子細胞構築学研究室

鈴木 克周(教授)、守口 和基(講師)、山本 真司(助教)細胞が異なる種の生物の遺伝子を得る(水平伝達)と、 新しい機能を速やかに生み出すことが可能になる。 当研究室では細菌が真核生物に遺伝子を能動的に伝達する現象を研究している。 アグロバクテリアは植物に感染してT-DNAを注入する。大腸菌は酵母菌(真核微生物)にプラスミドを輸送できる。 このような能力を支配する遺伝子の研究、伝達・受容能力の高い細菌と真核生物の特質の研究、 どの範囲の生物にまで伝達されるのかについての研究を行っている。

Key Words 遺伝子の水平伝達、接合、形質転換、進化、細菌、真核生物

研究室ホームページ
http://home.hiroshima-u.ac.jp/koutiku/

多様性生物学講座

海洋分子生物学研究室

安井 金也(教授)、田川 訓史(准教授)動物が示す多様な体の基本型が出現する進化の過程に注目して、 現生の脊索動物ナメクジウオや、新口動物群の基部に位置する半索動物ギボシムシを進化発生学的に研究するとともに、 動物の多様化のごく始めに出現した動物化石を対象にした進化生物学的研究を行っている。

Key Words 進化、比較発生学、化石、体の基本型、再生

研究室ホームページ
http://home.hiroshima-u.ac.jp/rinkai/

島嶼環境植物学研究室

坪田 博美(准教授)
宮島の優れた自然を利用して植物学に関する研究を行っている。 特に、隔離環境下における植物の生態、分布、種分化などの諸問題の解明および島嶼環境における生物の保護や自然環境の保全を研究対象としている。 当研究室は、世界遺産であると同時に日本三景で有名な宮島にある理学研究科附属宮島自然植物実験所に設置されている。 その他、広島大学デジタル自然史博物館の公開や植物観察会の開催も行っている。

Key Words 島嶼生物学、生物多様性、植物地理学、植物社会学、生態学、分子系統学、蘚苔類、藻類

研究室ホームページ
http://home.hiroshima-u.ac.jp/miyajima/

両生類生物学講座

発生研究グループ

矢尾板 芳郎(教授)、高瀬 稔(准教授)、中島 圭介(助教)、田澤 一朗(助教)両生類の発生、 特に、無尾両生類幼生の変態のしくみについて、また環境化学物質の影響や生殖内分泌器官の発生・分化・機能等の分子機構に関して 実験発生学、細胞生物学、分子生物学、遺伝子工学、ゲノム編集等のさまざまな手法を用いて解析する。

Key Words 変態、甲状腺ホルモン、プログラム細胞死、生殖腺、生殖細胞

研究室ホームページ
http://home.hiroshima-u.ac.jp/amphibia/YaoitaG/

進化多様性・生命サイクル研究グループ

鈴木 厚(准教授)、倉林 敦(助教)、竹林 公子(特任助教) 現在の両生類の多様性は、生命の誕生から脈々と引き継がれる生命サイクルの過程で生じてきた。 本研究グループでは、多様性の広範な領域―遺伝子/ゲノム/染色体・細胞/組織・個体・集団・種・高次分類群―について、 多様性が生じたプロセスおよびメカニズムの解明と、多様性の維持・保全を目的とした、先駆的な両生類研究を展開する。

Key Words 進化、多様性、絶滅危惧種、保全、系統分類、形態形成、初期発生

遺伝情報・環境影響研究グループ

柏木 昭彦(特任教授)、古野 伸明(准教授)、三浦 郁夫(准教授)、花田 秀樹(助教)、柏木 啓子(特任助教) 両生類を用いた私達の研究目的は、(1)トランスジェニックやノックアウトなどの技法による遺伝子機能、 (2)卵形成と卵成熟の機構、(3)性決定機構、(4)環境汚染物質、重力、磁場の影響、および(5)染色体異常を調べることである。

Key Words 遺伝子機能、卵形成・卵成熟、性決定、環境汚染物質、重力・磁場、染色体異常

植物遺伝子資源学講座

植物遺伝子資源学研究室

草場 信(教授)、小塚俊明(助教)
雑種形成やゲノム倍数化を経て進化してきた特徴ある植物群であるキク属や生きた化石とも言われるソテツ類を中心とした 遺伝資源を保有するとともに、キク属の分化・進化機構の研究を行っている。 またキク属モデル植物/系統およびそのバイオリソース開発を行うとともに、モデル植物をはじめとした さまざまな植物種の突然変異体を保存し、それらを用いて植物の生理・形態に関する遺伝子機能解析を行っている。

Key Words 遺伝資源、キク属、ソテツ、モデル植物、突然変異体、遺伝子機能解析

研究室ホームページ
http://home.hiroshima-u.ac.jp/shokui/

附属教育研究施設

附属臨海実験所

〒722-0073 広島県尾道市向島町2445
http://home.hiroshima-u.ac.jp/rinkai/

附属宮島自然植物実験所

〒739-0543 広島県廿日市市宮島町三ツ丸子山1156-2外
http://home.hiroshima-u.ac.jp/miyajima/

両生類研究センター

附属植物遺伝子保管実験施設

〒739-8526 東広島市鏡山1-4-3
http://home.hiroshima-u.ac.jp/shokui/index.html

ページトップ