トップページへ広島文学館

 文学資料データベース

更新 2008/6/6


電子化資料

「被爆を記録 原民喜の手帳を広島で公開」(『中国新聞』、2004年11月15日)

「広島市出身の作家、故・原民喜の自筆日記を初公開」(『毎日新聞』、2004年11月14日)

☆2003年度トヨタ財団市民活動助成による電子化資料(制作:「広島に文学館を!市民の会」)

1 原民喜「手帳」(全ページ)「原爆被災時の手帳」解題 海老根勲

 (「手帳」と「解題」の英訳

2 栗原貞子「自筆ノート(4冊)」

 「太陽 戦中編」

 「あけくれの歌」

 「詩集 出生(戦後初期詩編)」

 「戦後初期編」

3 峠三吉「日記・メモ」

「メモ 覚え書 感想」

「被爆日記(1945年7月29日〜11月19日)」

☆平成15年度前期広島大学研究支援金(地域貢献)による電子化資料(制作:「広島文学資料保全の会」・「広島大学平和科学研究センター」)(CD-ROMの利用閲覧をご希望の方はEメールなどでご連絡下さい。)

1 峠三吉「東京資料」No.1〜No.6

2 峠三吉「広島市立中央図書館所蔵マイクロフィルム」(番号はマイクロフィルムのリール番号)

「2・3」:書簡類(ハガキを含む)/「4・5」:書簡類(ハガキを含む)/「6・7」:書簡類(ハガキを含む)/「27・28」:日記類/「29・30」:ノート類(評論・主張)/「31」:作品・草稿類/「33」:ポスター・チラシ・新聞/「32・35・36」:32(「原爆詩集」草稿)、35・36(「原子雲の下より」応募原稿)

(詳しくは、池田正彦・松尾雅嗣「峠三吉東京資料:峠資料電子化の文脈で」(『広島平和科学』26(2004年)pp.101-131)を参照。)


原民喜 

 自筆原稿

「原爆被災時の手帳」

 作品

小説 「雲雀病院」 

小説 「潮干狩」

小説 「幻燈」

小説 「行列」

「青空文庫 原民喜プロジェクト」


峠三吉

  新発見の詩編(未発表)

    『原爆詩集』

    『原爆詩集』(青空文庫、ルビ付き)

   『原爆詩集草稿』画面が少し小さいので、通常のパソコン画面で読むのは困難です。一旦ダウンロードして拡大するか、プロジェクターで見て下さい。パソコン画面でも読めるよう、検討中です。)

   自筆原稿 詩「生」(解説:好村冨士彦「峠三吉の遺稿「生」について --「ちちをかえせ」が成立するまで」)

   「スケッチブック」

   峠三吉「日記・メモ」

   「メモ 覚え書 感想」

   「被爆日記(1945年7月29日〜11月19日)」


栗原貞子

 自筆原稿

  太陽(戦中編)

 作品

詩 「生ましめんかな」

詩 「ヒロシマというとき」

「栗原貞子さんの詩業に光 古浦さん広島で講演」(『中国新聞』、2004年9月19日)


大田洋子 

 資料

  写真 若き日の大田洋子(槇田千鶴枝さん提供)


正田篠枝

 作品 

歌集『さんげ』より


現代詩人集

松尾静明自選詩集

 四月、日溜まり、故郷、人妻、愛・石、兵士、穴、明かり、都会の畑・ウイスター系無菌マウス、旗、豚、吊り橋、蜘蛛、マグネチュード7 @、マグネチュード7 A、鬼蜘蛛、少女、蛙、日常、目を、さんしょう魚

御庄博実自選詩集

 猿猴橋、ヒロシマの川辺で、闇は(自分史・。)、道は(自分史・「)

 劣化ウラン氤劣化ウラン。「劣化ウラン」、・劣化ウランヲ

長津功三良自選詩集

 白い壁の中で、広島にて、喪服の女、七月、晩夏、広島にて、夜の海峡、わが基町、広島にて、影たちの証言、三年六組、腕、八月・ひろしまにて、変わったか

 黒ク裂ケタ空白い鴉、そして誰もいなくなった 


朗読構成劇「夏雲は忘れない」(構成・演出 土屋時子)

 1973年に刊行された広島女学院原爆被災誌『夏雲』に収録された手記を中心に構成された朗読劇です。2003年7月8日と9月28日、広島女学院高校・大学の生徒、学生、教職員によって上演され話題になりました。

 2006年7月4日に再演されました。

「原爆犠牲の先輩らの思い劇に 広島女学院大」(『朝日新聞』、2006年7月4日)

「朗読に託す平和の願い」(『中国新聞』「ひとヒト人」2003年10月2日、インターネット版はありません)

「広島女学院大学生らが自作の朗読劇上演 原爆への怒り悲しみを表現」(『毎日新聞』2003年9月29日)

「「あの日」忘れない 広島女学院大で原爆朗読劇」(『中国新聞』2003年7月15日)

「舞台で綴る被爆手記 女学院大、来月8日公開」(『中国新聞』2003年6月25日)