峠三吉 年譜

西暦(年号)

年齢

事    項

1917(大 6 )

2月19日、父嘉一、母ステの第5子として大阪府豊能郡岡町(現・豊中市)に生まれる。命名は伯父、信吉によって三吉(さんきち)とされたが、母ステはこれでは軽いと「みつよし」と呼称。広島県国泰寺村に移る。まもなく広島市大手町に移る。父嘉一は宮島耐火煉瓦創業。日本ホロタイル専務取締役。

1922(大 11)

5歳

百日咳にかかり死に瀕する。

1923(大 12 )

6歳

広島市大手町尋常高等小学校入学。兄姉は4人とも高等師範付属小学校に進んだが、三吉だけは病弱のため家から近い学校とされた。

1925(大 14 )

8歳

担任に、のち作家となる若杉慧あり。この頃より文学を好み、小倉百人一首を暗記する。

1927(昭 2 )

10歳

"母ステ(44歳)、敗血症で病没。父嘉一の煉瓦工場の事業傾く。長兄一夫、第三高等学校(現・京都大学)に進学。長姉嘉子、三戸直(住友銀行勤務)と結婚。

1928(昭 3 )

11歳

次兄匡、修道中学校に入学。一夫、左翼活動(社会科学研究会)に身を投ずる。

1929(昭 4 )

12歳

広島市大手町尋常小学校卒業。一夫、三高を放校処分となる。

1930(昭 5 )

13歳

廣島県立商業学校に入学。

1931(昭 6 )

14歳

この頃より詩作を始め、島崎藤村、佐藤春夫らを好む。

1935(昭10 )

18歳

廣島県立商業学校を卒業。廣島ガスに入社(1日出社)するが、発熱喀血し肺結核と診断される。  

1936(昭11)

19歳

病床で詩、短歌、俳句を多く書き、新聞、雑誌に投稿する。

1937(昭12)

20歳

「俳句文学」の同人となり、左部赤城子(九州)に師事する。

1938(昭13)

21歳

「事変俳句川柳一万句集」に投稿入選。一夫一家が満州に渡る。

1942(昭17)

25歳

嘉子の影響でキリスト教の洗礼を受ける。朝島雨之輔の指導を受け詩、童話をものする。

1943(昭18)

26歳

病気は一進一退。作品を書いては発熱、喀血する状態を繰り返す。  

1944(昭19)

27歳

戦況の悪化する中、父嘉一と共に次姉の今井家(横浜市で城南航器を経営)に身を寄せる。

1945(昭 20)

28歳

東京大空襲。横浜の城南航器の工場全焼。父と共に三戸家(長姉の婚家・広島市翠町)と同居。
8月6日、同家(爆心より3km)で被爆。探索と救援のため市内を歩き回る。激しい下痢におそわれ、糸崎日赤病院に入院。童話「百足競争」を書く。露店「みどり洋花店」を開く。

1946(昭 21)

29歳

廣島音楽連盟、廣島青年文化連盟、児童文化研究会などに入会し、文化運動に参画。廣島青年文化連盟委員長に就任。広島市から民生委員に任じられ生活相談に応じる。一夫一家が満州から引揚げ一時同居。 童話「虹」を書き、小説「遠雷」を発表。貸本屋「白楊書房」を開店。この頃、原田和子(のちの妻)と出会う。  

1947(昭 22 )

30歳

廣島県庁に就職、憲法の普及活動にたずさわる。 少年少女雑誌「銀の鈴」に「百足競争」が掲載される。童話「ドッジボール」、小説「鏡占い」などを書く。原田和子と結婚。

1948(昭 23 )

31歳

「夕刊ひろしま」の「生活の詩」欄の選者となる。県庁を退職したのち、瀬戸内海文庫に 迎えられ、雑誌「ひろしま」の編集長となる。廣島詩人協会の結成に参加、「地核」の編集を担当。肺結核とされていた病気が気管支拡張症であることが判明。

1949(昭 24)

32歳

廣島県庁施設農協連に就職、.県内農村部をトラックで回るうち大喀血し死に瀕す。文学サークル「われらの詩の会」を結成し代表となる。

1950(昭 25)

33歳

深川宗俊とともに「反戦詩歌人」第1集、2集を発行。父嘉一没。

1951(昭 26)

34歳

孔版印刷「原爆詩集」(四国五郎装丁・500部)を発行。

1952(昭 27)

35歳

新日本文学会全国大会出席のため上京途中、列車内で喀血、静岡日赤病院に入院。「原爆詩集」(青木文庫)出版。青木書店の依頼により原爆の詩編纂委員会を結成し、詩華集「原子雲の下より」を出版。「日本ヒューマニズム詩集」第1集の読者投票で「墓標」が第1位 となる。

1953(昭 28)

36歳

健康を得るために手術を決意、国立廣島療養所に入院、肺葉切除手術途中、3月10日未明、手術台にて死亡。

1963(昭 38)

 

詩碑建設委員会(深川宗俊委員長)により「ちちをかえせ、ははをかえせ」の詩碑、平和公園に建立される。