■第39回広島大学バイオマスイブニングセミナーが開催されました

(English announcement can be found in the latter half of this notice.)

 

日時 2016年2月19日(金)16:20~17:50

会場 広島大学東広島キャンパス工学部110講義室

 

プログラム

解説 広島大学大学院工学研究院  教授 松村幸彦

講演 神戸大学自然科学系先端融合研究環重点研究部 特命准教授 佐々木 建吾

「バイオプロセス高効率化のための遺伝学的・代謝学的解析」

神戸大学を中心とした「バイオプロダクション次世代農工連携拠点」では、持続

的な低炭素循環型社会を構築するための革新的技術を開発することを目指してい

る。本セミナーにおいては、本プロジェクトにおける役割である高性能膜分離技

術等を用いてバイオプロセスを高効率化するとともに、微生物・微生物群の遺伝

学的・代謝学的解析を行い技術進展に適用した知見を紹介する。

  

広島大学大学院工学研究科    M2  古瀬成大

「ディスクミルによる竹の同時水熱粉砕前処理」

既往の研究で、ディスクミルを用いた新しい実験装置を開発し、その有効性を確認した。しかし、水熱条件下でバイオマスを粉砕した際の挙動は試料の種類により異なることも知られている。そのため、様々な試料を用いて実験を行い、装置の処理特性を確認する必要がある。本研究では、竹を試料として実験を行い、反応温度やディスク間距離の影響を調査した。反応温度の増加に伴い過分解収率が増加し、ディスク間距離を狭めることで過分解物と酵素加水分解可能セルロースが増加した。




司会 広島大学特別研究員    Thachanan SAMANMULYA

The 39th Hiroshima University Biomass Evening Seminar was held.

Date & Time:.Fri.19 Feb. 2016   16:20-17:50

Place: Engineering 110 Lecture Room, Higashi-Hiroshima Campus, Hiroshima University

 

<Program>

Commentary: Yukihiko MATSUMURA

        Professor, Institute of Engineering, Hiroshima University

Lecture: Kengo Sasaki

Associate Professor Organization of Advanced Science and Technology, Kobe University

“Genetic and metabolic analyses for high efficient bioprocess”

Innovative Bioproduction Kobe (iBioK), led by Kobe University, is aiming

to develop the technologies to construct the sustainable and low-carbon

society. In this seminar, we will make the presentation of the membrane

separation technologies for high-efficient bioprocesses and genetic and

metabolic analyses of the microorganism and microbial community to

promote these processes.

Lecture: Naruhiro Furuse

M2  Student, Graduate School of Engineering, Hiroshima University

      “Simultaneous Hydrothermal and Pulverization Pretreatment of Bamboo Using Disk Mill”

In previous study, new experimental apparatus using disk mill was developed and the effectiveness of this apparatus was confirmed. However, it is also known that the characteristics of biomass after pulverization pretreatment under hydrothermal condition differ from one feedstock to another.  Therefore, it is necessary to conduct experiment using different feedstock to confirm the characteristics of the apparatus.  In this study, we conducted experiment using bamboo as feedstock and investigated the effect of reaction temperature and disk clearance. With reaction temperature increase, the yield of decomposition product (D) increased and with disk clearance reducing, the yield of D and hydrolysable cellulose (C*) increased.




Chair: Thachanan SAMANMULYA

      Special Postdoctral Researcher, Hiroshima University