HOME年会・討論会支部事業支部役員会支部事務局資 料 庫
第54回分析化学講習会(愛媛)

主催:日本分析化学会中国四国支部
共催:日本化学会中国四国支部,愛媛大学工学部、愛媛大学理学部 他

日 時  2017年08月10日(木)・11日(金)
会 場  愛媛大学城北キャンパス 南加記念ホール・共通講義棟Cおよび総合研究棟II (松山市文京町3)
【交通】JR松山駅より市内電車環状線(古町方面行き)赤十字病院前下車,北へ徒歩2分
主 題  除染技術に果たす分析化学の役割
目 的 
2011年3月11日の東日本大震災による東京電力福島第一原子力発電所の事故によって、東日本広域の土壌に放射性セシウムによる放射能汚染が発生しました。セシウムは陽イオンとして土壌中の粘度鉱物に吸着され、農耕地では地表面数センチのところに留まっていることが示されました。事故当初は、容易にセシウムを溶出することができましたが、6年が経過した現在、粘土鉱物に吸着されたセシウムの溶出は容易でなくなっています。このことを解決するためには、セシウムの存在状態の把握、粘土鉱物の組成と溶出条件の検証等、分析化学の果たす役割は、多岐に亘ります。今講習会では、分析化学的手法を駆使して、いかにして土壌からセシウムを取り除くことができるかについて、講義と実習を行ってまいります。
特別講演 福島原発事故による放射能汚染の現状と除染技術の今後の展望(仮題)
(環境測定品質管理センター)森田昌敏
汚染土壌の減容化に向けた粘土化学的手法の開発
(愛媛大院理工)佐藤久子
講義 1 HPLCの基礎と原理(島津製作所)
2 LCMSの基礎と原理(島津製作所)
3 水の構造と超純水について(オルガノ)
4 EPMAによる異物分析(日本電子)
5 放射性核種用固相抽出技術の紹介(ジーエルサイエンス)
6 ICP-MSの基礎と除染技術への応用(アジレント)
7 フーリエ変換型赤外分光光度計(FTIR)の基礎(アジレント)
8 実体顕微鏡を利用した微小試料の取り扱い(エィ・テックス)
ランチョンセミナー
除染技術に果たす最新トリプルICP-MS(iCAP TQ)の紹介(サーモフィッシャー)
実習テーマ A キレート固相、ラドディスクの使い方
B HPLC-PDAの操作実習
C イオンクロマトグラフィーによる環境水の分析
D GCMSの概要説明,操作実習 
E フーリエ変換型赤外分光光度計(FTIR)の基礎
F EDX(蛍光X線)の概要説明,操作実習
G 高感度分析に用いる超純水とその運用方法
H ICP-MSの基礎と除染技術への応用
I EPMAを使用した実習
J 実体顕微鏡を利用した微小試料の取り扱い
参加申込締切 2017年7月21日(金)
問合先 E-mail:yamashita.hiroshi.mg@ehime-u.ac.jp
〒790-8577 松山市文京町3 愛媛大学大学院理工学研究科
山下 浩 FAX&電話:089-927-9935
  詳しくはこちらまで


第53回X線分析討論会

主催:(公社)日本分析化学会X線分析研究懇談会
共催:(大)徳島大学、(公社)化学工学会中四国支部徳島化学工学懇話会他

日 時  2017年10月26日(木)〜10月27日(金)
会 場  徳島大学常三島キャンパス
(〒770-8502 徳島県徳島市南常三島町1-1)
討論主題 (1)X線分析による材料解析
(2)X線イメージングおよび顕微分析
(3)X線検出器の開発と新規分析法への展開
(4)X線吸収分光法とその応用
(5)表面分析(XPS,TXRF),その他
  ・ 発表申込締切: 2017年7月28日
・ 予稿原稿締切: 2017年9月15日
問合先 実行委員長 山本 孝
徳島大学理工学部理工学科応用理数コース化学教室内 第53回X線分析討論会実行委員会
TEL/FAX: 088-656-7263,
E-mail: xbun53@tokushima-u.ac.jp


第54回フローインジェクション分析講演会

主催:日本分析化学会フローインジェクション分析研究懇談会
共催:日本分析化学会中四国支部 他

日 時  2017年11月30日(木)ワークショップ
2017年12月01日(金)FIA 講演会
会 場  岡山理科大学 50 周年記念館(岡山県岡山市北区理大町1-1)
招待講演  岡山大学大学院自然科学研究科 教授 金田 隆
岡山理科大学理学部化学科 教授 酒井 誠
Department of Chemistry, Faculty of Science, Brawijaya University Associate Prof. Akhmad Sabarudin
ワークショップ  1. JIS等公定法による化学分析の現状と課題
2. FIA及び関連流れ分析測定法の現状と課題
3. JIS:FIA及び関連技術による環境分析実技(SIA,固相抽出前処理,蒸留法など)
問合先 〒700-0005 岡山市北区理大町1-1
岡山理科大学理学部化学科
横山 崇
TEL: 086-256-9490, FAX: 086-256-9757(化学科共通)
E-mail: analchem@chem.ous.ac.jp


第34回イオンクロマトグラフィー討論会

主催:日本分析化学会イオンクロマトグラフィー研究懇談会
共催:日本分析化学会中四国支部 他

日 時  2017年12月7日(木)〜8日(金)
会 場  広島ガーデンパレス
〒732-0052 広島県広島市東区光町1-15-21
アクセス:JR広島駅新幹線口より徒歩5分
内 容  イオン分析に関連する前処理法, 分離法, 検出法など
討論主題 1.イオンの高機能分離 2.前処理 3.マトリックス中の微量イオン
問合先 近畿大学工学部 伊藤一明
第34回イオンクロマトグラフィー討論会 実行委員会
〒739-2116 広島県東広島市高屋うめの辺1番
E-mail:ic-forum@jsac.jp






最終更新:2017年07月14日
このHPについて