大学院生 修士課程 (2年) 博士課程 (4年) 募集中!

病理学に興味のある学生・医師なら誰でも大歓迎です!
大学院修了時には医学博士 病理専門医受験資格が必ず得られるよう指導します

詳しくは武島まで CONTACT

広島病理集談会 
PROGRAM発送。
診断投票〆切:2017年 6月15日
中皮腫パネル 
演題募集を開始しました。
演題〆切:2017年 7月28日



演題募集を開始しました。
診断投票〆切:2017年 7月12日
お問い合わせは 武島 ykotake@hiroshima-u.ac.jp まで

Identification of DAB2 and Intelectin-1 as Novel Positive Immunohistochemical Markers of Epithelioid Mesothelioma by Transcriptome Microarray Analysis for its Differentiation From Pulmonary Adenocarcinoma.
Kuraoka M, Amatya VJ, Kushitani K, Mawas AS, Miyata Y, Okada M, Kishimoto T, Inai K, Nishisaka T, Sueda T, Takeshima Y.
American Journal of Surgical Patholology. 2017 Apr 7 [Epub ahead of print]



MUC4, a novel immunohistochemical marker identified by gene expression profiling, differentiates pleural sarcomatoid mesothelioma from lung sarcomatoid carcinoma.
Amatya VJ, Kushitani K, Mawas AS, Miyata Y, Okada M, Kishimoto T, Inai K, Takeshima Y.
Mod Pathol. 2017 May; 30(5): 672-681



Utility and pitfall of Immunohistochemistry in the Differential Diagnosis between Epithelioid Mesothelioma and Poorly Differentiated Lung Squamous Cell Carcinoma.
Kushitani K, Amatya VJ, Okada Y, Katayama Y, Mawas AS, Miyata Y, Okada M, Inai K, Kishimoto T, Takeshima Y.
Histopathology. 2017 Feb; 70(3):375-384



第24回中皮腫パネルを開催しました。多数の参加(参加者数:60名)を頂き、誠にありがとうございました。
お問い合わせは 武島 ykotake@hiroshima-u.ac.jp まで


医学研究実習を開始しました。(配属学生数:3名)





Use of Anti-Noxa Antibody for Differential Diagnosis between Epithelioid Mesothelioma and Reactive Mesothelial Hyperplasia
Kushitani K, Amatya VJ, Mawas AS, Miyata Y, Okada M, Takeshima Y
Pathobiology. 2016;83(1):33-40.