大学院生 修士課程 (2年) 博士課程 (4年) 募集中!

病理学に興味のある学生・医師なら誰でも大歓迎です!
大学院修了時には医学博士病理専門医受験資格が必ず得られるよう指導します

詳しくは武島まで CONTACT

現在の演題数: 2
演題募集を開始しました。
演題〆切:平成28年12月22日
お問い合わせは 武島ykotake @ hiroshima-u.ac.jp まで
現在の演題数: 9
診断投票〆切:平成28年9月25日
演題募集を開始しました。
演題〆切:平成28年7月29日
お問い合わせは 武島ykotake @ hiroshima-u.ac.jp まで
現在の演題数:
演題募集を開始しました。
演題〆切:平成28年11月4日
お問い合わせは アマティア amatya @ hiroshima-u.ac.jp まで
現在の演題数: 7
診断投票〆切:平成28年7月20日
演題募集を開始しました。
演題〆切:平成28年6月24日
お問い合わせは アマティア amatya @ hiroshima-u.ac.jp まで

最新情報 Recent NEWS 


お問い合わせは アマティア amatya @ hiroshima-u.ac.jp まで
演題募集を開始しました。
演題〆切:平成28年11月4日

お問い合わせは 武島ykotake @ hiroshima-u.ac.jp まで
演題募集を開始しました。
演題〆切:平成28年12月22日

Utility and pitfall of Immunohistochemistry in the Differential Diagnosis between Epithelioid Mesothelioma and Poorly Differentiated Lung Squamous Cell Carcinoma.
Kushitani K, Amatya VJ, Okada Y, Katayama Y, Mawas AS, Miyata Y, Okada M, Inai K, Kishimoto T, Takeshima Y.
Histopathology. 2016 Sep 2. doi: 10.1111/his.13073. [Epub ahead of print]


Prognostic significance of vascular invasion in intermediate-grade subtype of lung adenocarcinoma.
Tsubokawa N, Mimae T, Miyata Y, Sasada S, Yoshiya T, Kushitani K, Takeshima Y, Murakami S, Yokose T, Ito H, Nakayama H, Okada M.
Jpn J Clin Oncol. 2016 Aug 27. [Epub ahead of print]


Multicentric Glioma Develops via a Mutant IDH1-Independent Pathway: Immunohistochemical Study of Multicentric Glioma.
Karlowee V, Amatya VJ, Hirano H, Takayasu T, Nosaka R, Kolakshyapati M, Yoshihiro M, Takeshima Y, Sugiyama K, Arita K, Kurisu K, Yamasaki F.
Pathobiology. 2016 Aug 24. [Epub ahead of print]


江田島ロータリークラブ主催 ロータリー財団100年記念事業がん予防普及推進セミナーにて、武島幸男教授が「がん」とは何か 〜目で見てみよう〜、を講演しました。参加者:中学1年生100名、教諭10名、一般市民30名

「病理学の実習」を開催しました。 参加者数:39人

広島大学&テキサス大学MDアンダーソンがんセンター合同シンポジウム「GAP (Global Academic Program) related meeting」に参加し、発表しました。

Pleural irregularities and mediastinal pleural involvement in early stages of malignant pleural mesothelioma and benign asbestos pleural effusion.
Kato K, Gemba K, Fujimoto N, Aoe K, Takeshima Y, Inai K, Kishimoto T.
Eur J Radiol. 2016 Sept;85(9):1594–1600


平成28年度一樹会(病理学研究室同門会)を開催いたしました。

Prognostic Role of Subtype Classification in Small-Sized Pathologic N0 Invasive Lung Adenocarcinoma.
Yoshiya T, Mimae T, Tsutani Y, Tsubokawa N, Sasada S, Miyata Y, Kushitani K, Takeshima Y, Murakami S, Ito H, Nakayama H, Okada M.
J Ann Thorac Surg. 2016 Jun 23. pii: S0003-4975(16)30419-2.


第105回日本病理学会総会に参加しました。
教室からは5題(内1題は医学科4年生が発表)の演題を呈示しました。

Fatal pleural mesothelioma in Japan (2003–2008): evaluation of computed tomography findings.
Kato K, Gemba K, Fujimoto N, Aoe K, Takeshima Y, Inai K, Kishimoto T.
Jpn J Radiol. 2016 Mar 25. [Epub ahead of print]


Computed Tomographic Features of Malignant Peritoneal Mesothelioma.
Kato K, Gemba K, Fujimoto N, Aoe K, Takeshima Y, Inai K, Kishimoto T.
Anticancer Res. 2016 Mar;36(3):1067-72.


お問い合わせは 武島ykotake @ hiroshima-u.ac.jp まで
演題数:9

医学研究実習発表
医学科学生4名!おつかれさまでした。

Differential microRNA expression profiling of mesothelioma and expression analysis of miR-1 and miR-214 in mesothelioma
Amatya VJ, Mawas AS, Kushitani K, Mohi El-Din MM, Takeshima Y
Interntional Journal of Oncology; 2016; 48(4): 1599-1607


Use of Anti-Noxa Antibody for Differential Diagnosis between Epithelioid Mesothelioma and Reactive Mesothelial Hyperplasia
Kushitani K, Amatya VJ, Mawas AS, Miyata Y, Okada M, Takeshima Y
Pathobiology 2016; 83:33-40


お問い合わせは アマティア amatya @ hiroshima-u.ac.jp まで
演題数: 6
診断投票〆切:平成27年12月16日

お問い合わせは 武島ykotake @ hiroshima-u.ac.jp まで
演題数:9


参加者数:37人
「病理学の実習」を開催しました


平成27年度一樹会(病理学研究室同門会)を開催いたしました。

第104回日本病理学会総会に参加しました。
教室からは8題(内1題は医学科4年生が発表)の演題を呈示しました。

井内康輝名誉教授と武島幸男教授が、労働行政関係功労者表彰(広島労働局労災協力医)を受けました。