広島大学医学部地域医療システム学講座

ホームに戻るメールでお問い合せ

講座概要スタッフ紹介学生教育ふるさと枠研究について

講座概要

 地域医療システム学講座は、広島県の寄附講座として、平成22年4月に広島大学医学部に設置されました。当講座のミッションは、地域医療の教育や地域医療実習の指導、地域医療課題の調査研究および地域医療体制確保のためのコーディネート業務の3つです。
広島県は海と山に囲まれ自然が豊かで、気候も温暖で、人口もほどほどに居て、広島カープとサンフレッチェがあって、世界遺産が2つもあって、広島風お好み焼きともみじまんじゅうがあって、郷土愛も皆そこそこに持っていて、こんなに住みよい所なのですが、実は、北海道についで2番目に多くの無医地区を抱えていたり、人口規模に比較した医学部定員数は実質的には静岡県と並んで全国最下位レベルというように、医師不足に関しては大変脆弱な面があります。
「地域医療を担う医師が足りない!」と全国で叫ばれるようになったのは、医療の専門化・細分化の影響、新臨床研修制度導入に伴う影響等々さまざまな事が原因と言われていますが、地域医療の面白さ、楽しさ、やりがいを医学生に教えてこなかったことも一因かもしれません。そこで本年度より医学科5年生全員を対象として、1週間泊まり込みの地域医療実習を開始いたしました。庄原赤十字病院、安芸太田病院、神石高原町立病院の3カ所に1週間泊まり込みでの実習をお願いしました。各病院では大変なご協力をいただき、おかげで学生たちには非常に好評です。大学病院では経験できないような体験や感動があるようです。アンケート調査やレポートを見ると、研修前に抱いていた中山間地域へのマイナスイメージはかなり払拭されつつあるように伺えます。またふるさと枠(地域枠)の学生たちには、頻回にミーティングや地域医療セミナーを行い、より早期に、しかも深く地域医療が学習できるようにするとともに、将来に夢が持てるようなキャリアプランを作成中です。
ここ1~2年に全国に地域枠や地域医療関連講座が設置されました。古くからの講座にはご指導を賜りながら、また新規の講座同士では情報交換をしながら、工夫を重ねてより充実した地域医療教育・研修に発展させていこうと考えています。また、地域医療課題の解決のためには、広島県、広島大学とともに各市町、医師会、住民の方々と協議し、連携をとりながらコーディネート業務を果たしていきたいと考えています。できたてホヤホヤの当講座ではございますが、みなさんのお力添えで成長させていただきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

竹内啓祐

講座活動報告 2010 2011 2012 2010-2013

各種報道へのリンク 1 2 3

ページトップへ