広島大学医学部地域医療システム学講座

ホームに戻るメールでお問い合せ

講座概要スタッフ紹介学生教育ふるさと枠研究について

ふるさと枠

ふるさと枠ネパール研修

ふるさと枠の海外研修をネパールで行いました。発展途上国ならではの社会問題や医療問題を自分の目で見、現地の生の声を聞くことができました。また同時にネパール人の素朴さ、ヒマラヤの山の雄大さを五感で体感することができました。

 

 

日 程 平成24年年9月21日 ~ 9月30日
研修場所 ネパール
研修受け入れ者 楢戸健次郎
研修参加者 広島大学医学部医学科ふるさと枠1年生10名
引率者 地域医療システム学講座 松本正俊
研修内容
9月21日 広島駅集合。関西国際空港より出国。
9月22日 バンコク経由でカトマンズ到着。市内観光。
9月23日 トリブバン大学医学部、看護学部、同大学附属病院訪問。小児病院訪問。バクタプル観光。
9月24日 KIST医科大学訪問。
9月25日 アンナプルナ脳外科病院訪問、チャパカオン診療所、アナンダバン・ハンセン氏病施療院訪問。
9月26日 ポカラに移動。
9月27日 ポカラ・ガンダキ病院訪問。
9月28日 カトマンズに移動。日本大使館訪問。JICA事務所訪問。
9月29日 カトマンズ空港より出国。
9月30日 バンコク経由で関西国際空港到着。広島駅にて解散。

トリブバン大学病院(総看護師長と)トリブバン大学看護学部(現地学生と)

KIST医科大学(現地学生と)●●●

脳外科病院(院長回診)ハンセン氏病施療院

院長とチャパカオン診療所

ヒマラヤの山

ページトップへ