広島大学産学連携センター知的財産部門
広島大学知的財産社会創造センターサイトホームへ ポリシー類 規則・要領類 知的財産社会創造センター組織図 発明届出手続き スケジュール 技術移転情報
メールを送る 寺子屋申し込み リンク ニュース 貸出図書・ビデオ 資料リンク
ニュース

AcrobatReader 各資料はPDFファイルでご覧いただけます。PDFファイルをご覧になるには、AcrobatReader(無料)が必要です。左の「Get Acrobat Reader」ボタンをクリックしてください。


2008年4月1日
      「知的財産部門」を「知的財産企画部門」に改称
      「ひろしま技術移転センター(HTC)」設立

  発明の発掘、権利化、活用等をサポートする旧知的財産部門の実務機能と広島TLOの機能を融合させた「ひろしま技術移転センター」を設立しました。

 広島大学の発明者への支援や産業界の方々のための窓口業務を「ひろしま技術移転センター」の知財マネージャーがこれまで通り行います。知財マネージャーは東広島、霞の両キャンパスに駐在し、発明への迅速な対応を目指します。
 広島大学と財団法人ひろしま産業振興機構は、両者間の協定書にもとづき、「ひろしま技術移転センター運営事業」を推進します。
 新しい「知的財産企画部門」は「ひろしま技術移転センター」と密接な関係のもとに、同センターの活動をサポートするとともに、戦略立案や管理、教育、研究を担当し、広島大学の知的財産の総合的な活用を企画します。


 産業界をはじめ関係各位におかれましては、広島大学の知的財産の幅広い活用に向けて、これまで通りのご理解、ご指導、ご鞭撻を宜しくお願いします。ご不明な点等ありましたら、知的財産企画部門までお問い合わせください。

 「ひろしま技術移転センター」ホームページhttp://www.hiwave.or.jp/tlo/もご参照ください。

  



2008年3月17日
        21日        
        「ひろしま技術移転センターの設置に関する説明会」のご案内

  【開催趣旨】
 平成15年度から平成19年度まで5年間続きました文部科学省「大学知的財産本部整備事業」が平成20年3月31日で終了いたします。それに伴い、知的財産に関する業務を担当してきました産学連携センター知的財産部門は、知的財産発掘から活用までの機能を分離し、広島TLOの活用機能と融合した組織として「ひろしま技術移転センター」を、平成20年4月1日に設置することになりました。
 ついては、説明会を下記の要領で開催しますのでご参集くださるよう、ご案内いたします。

  【東広島キャンパス】
  ・日時:平成20年3月17日(月) 午前11時〜12時 
  ・開催場所:工学部大会議室
  ・プログラム:
     11:00       挨拶 産学連携センター長 高萩 隆行
     11:05〜11:40 説明 知的財産部門
     11:40〜12:00 質疑応答

  【霞キャンパス】 
  ・日時:平成20年3月21日(金) 午後2時〜3時 
  ・開催場所:基礎・社会医学棟2Fセミナー室1
  ・プログラム:
     14:00       挨拶 社会連携機構長 碓井 亞
     14:05〜14:40 説明 知的財産部門
     14:40〜15:00 質疑応答


   【お問い合わせ】
    広島大学 社会連携部 社会連携グループ (センター支援担当)野田 
      E-Mail:syakai-center@office.hiroshima-u.ac.jp
      TEL:082-424-5871
      FAX:082-424-6189



2008年2月1日 特許庁研究事業
        「大学技術移転のための特許情報の活用セミナー」開催のご案内

  【日 時】 平成20年2月1日(金)13:00〜17:20(受付12:30〜)

  【目 的】 シーズとニーズのマッチングを図るために、特許情報を効果的に活用するための手法
         について検討し、これからの技術移転の在り方を探ります。

  【場 所】 広島ガーデンパレス (広島市東区光町1-15)

  【主 催】 国立大学法人広島大学

  【対 象】 企業、大学等研究機関、公的機関の研究開発、知的財産、産官学連携関係者
    
  【プログラム】

  12:30 受付
  13:00 開会挨拶
  13:10 特許情報を用いた大学技術移転のシーズ・ニーズのマッチングについての研究(調査報告)
       橋本律男、安田昌司、鈴藤正史、橋詰俊彦 (広島大学産学連携センター 知的財産部門)
  14:00 特許情報活用技術マッチングシステム
       佐竹弘 (徳島大学 知的財産本部 副本部長 教授)
  14:40 特許出願から見た各大学の知的貢献分析
       金間大介 (文部科学省 科学技術政策研究所 研究員)
  15:20 休憩
  15:40 論文と特許データベースを統合した技術動向分析
        難波英嗣 (広島市立大学大学院 情報科学研究科)
  16:20 パネルディスカッション
      「産官学の各視点から見たシーズ・ニーズの効率的なマッチング手法の検討と、今後の課題」
  17:10 閉会挨拶
   
  17:20-18:30 交流会 参加費:4千円


   【申込方法】
    申込用紙にご記入のうえ、2008年1月31日までにEメールまたはFAXでお申し込みください。
     ※定員は100名です。

   【お問い合わせ・申込先】
    広島大学 産学連携センター 知的財産部門
      E-Mail:chizai@hiroshima-u.ac.jp
      TEL:082-424-4216
      FAX:082-424-6133


                                               資料はこちら>>ポスター、申込書 



2008年1月25日 平成19年度大学知的財産整備事業
            中国地域「第2回大学知的財産戦略研修会」開催のご案内

  【日 時】 平成20年1月25日(金)13:00〜17:30

  【趣 旨】 各大学の知的財産関係部門から体制や仕組みの整備状況、知財発掘・権利化・活用の
         実績、教育・人材育成への取組みやこれからの展望について発表し、今後のさらなる機能
         強化や大学間の連携などの展開につなげる。

  【場 所】 広島ガーデンパレス (広島市東区光町1-15)

  【主 催】 文部科学省、国立大学法人広島大学

  【対 象】 大学や公的研究機関等の知的財産関係者、企業の研究開発・知的財産関係者
    
  【プログラム】

  12:30 受付
  13:00 開会の挨拶
       広島大学 副理事(社会連携担当) 碓井 亞
  13:10 挨拶
       文部科学省 研究振興局研究環境・産業連携課
  13:25 特別講演「知的財産人材の育成と大学の役割−大阪工大の経験と今後」
       大阪工業大学 知的財産学部長 大学院知的財産研究科長 教授 石井 正 氏
  14:05 特別講演「大学からの技術移転、大学支援合同会社の新しい取組み」
       神戸大学連携創造本部 客員教授 石井 昭三 氏
        (神戸大学支援合同会社 業務執行社員)
  14:45 休憩
  15:05 パネルディスカッション
       「中国地域国立大学法人のこれまでの活動と今後の展望」
       パネリスト
        山口大学 産学公連携・創業支援機構 機構長代理 教授 堀 憲次 氏
        島根大学 産学連携センター 知的財産創活部門 教授 阿久戸 敬治 氏
        鳥取大学 産学・地域連携推進機構 知的財産管理運営部門長 教授 佐々木 茂雄 氏
        岡山大学 知的財産本部 知的財産部門長 東 英男 氏
        広島大学 産学連携センター 知的財産部門長 客員教授 高田 忠彦
       コメンテーター
        文部科学省 研究振興局研究環境・産業連携課
        大阪工業大学 知的財産学部長 大学院知的財産研究科長 教授 石井 正 氏
       モデレーター
        広島大学 産学連携センター長 教授 高萩 隆行
  17:20 閉会の挨拶
        広島大学 産学連携センター長 教授 高萩 隆行
  
  17:40-19:00 情報交換会(交流会) 参加費:4千円


   【申込方法】
    申込用紙にご記入のうえ、2008年1月10日までにEメールまたはFAXでお申し込みください。
     ※定員は140名です。

   【お問い合わせ・申込先】
    広島大学 産学連携センター 知的財産部門
      E-Mail:chizai@hiroshima-u.ac.jp
      TEL:082-424-5597
      FAX:082-424-6133


                                           資料はこちら>>ポスター Word>>申込用紙



2007年11月22日 技術移転セミナー「暗黙知の技術伝承とITの活用〜製造業のグローバル展開のために〜」開催のご案内

 海外への技術移転や世代間などの技術伝承に関わるテーマに経験豊富な有識者や内外の研究者が迫ります。 ふるって御参加ください。
 
 【テーマ】:「暗黙知の技術伝承とITの活用」製造業のグローバル展開のために
 【開催日時】:平成19年11月22日(木)13:00〜17:30
 【会場】:広島ガーデンパレス 広島市東区光町1−15
 【主催】:広島大学 大学院工学研究科 産学連携センター
     インドネシア バンドン工科大学
 【後援】:財団法人ひろしま産業振興機構、中国経済産業局、広島市、広島商工会議所
      日本貿易振興機構広島貿易情報センター、広島インドネシア協会
 【プログラム】
 1、日本からインドネシアへの技術移転の変遷と人材育成の課題
    インドネシア バタム工業開発庁 顧問 日本代表 木下 一 氏
 2、設計プロセス情報の定式的記述と新たな設計プロセス情報の生成
    広島大学 大学院 工学研究科 准教授 工博 濱田 邦裕 氏
 3、管理技術における暗黙知の伝承支援ツール
    広島大学 大学院 工学研究科 教授 工博 高橋 勝彦 氏
 4、熟練作業のディジタル化とシミュレーション
    広島大学 大学院 工学研究科長 教授 工博 山根 八洲男 氏 
 5、Method of Technology Assessment
    インドネシアバンドン工科大学 准教授 Dr. L. Diawati 氏,准教授 Dr. I. I.Wiratmadja 氏
 6、The Economics of Technology Transfer
    インドネシアバンドン工科大学 産業技術学部 講師 Dr. A. Cakravastia氏, 准教授 Dr. A. Ma'ruf氏
 7、パネルディスカッション 技術移転と受入側の対応
    パネリスト
     インドネシア バタム工業開発庁 顧問 日本代表 木下 一 氏
     (株)化繊ノズル製作所 常務取締役 香川 俊樹 氏
     バンドン工科大学 産業技術学部 准教授 Dr. Lucia Diawati 氏
     バンドン工科大学 産業技術学部 講師 Dr. Andi Cakravastia 氏
    司会
     広島大学 産学連携センター 客員教授 工博 松井 亨景 氏

 懇親会17:40〜(懇親会会費:4000円)

 【申し込み/問い合わせ先】:
  11月16日(金)までに、所属・氏名・懇親会参加の有無をご記入のうえ、
  E-MailまたはFAXでお申し込みください。→参加申込書(Wordファイル)
    広島大学 産学連携センター 知的財産部門
     E-Mail:chizai@hiroshima-u.ac.jp
     電話:082-424-4216
     Fax:082-424-6133

                                                       資料はこちら>>ポスター



2007年10月29日〜 「特許実務者養成セミナー」開催のご案内

 今年度で文科省の知的財産本部整備事業の支援が終了し、知財関連費用の低減がさらに要請されることが予測されます。その対策として山口大学と同様に出願費用等の低減を目的とした学生アルバイトの採用を考えております。またアルバイトに関心のない学生さんにとってもご自分の研究を出願したり、知財実務ができることは就職時の武器になりますし、企業に入ってからでも研究・開発・企画部門で働きたい方には有利に働くことは間違いありません。
 また研究者にとっても特許事務所を使わずに出願されるのであれば発明審査会での承認も容易に得られると考えられます。 ライフサイエンス分野での発明は共通するものが多く、パターン化しやすいのでまず霞地区で試行することにしました。学内における知財意識の浸透をも目的として今回のセミナーを企画しましたので多数のご参加をお待ちしています。
 なお、ご自分で明細書を作成されて(知財マネジャーも支援いたします)、広島大学から直接出願すれば1万6千円で済みます。特許事務所を使うと30万円から60万円かかります。
 また学生アルバイトについては先行技術調査(特許検索)については1件当たり5000円から1万円、明細書作成については1件当たり3万円から5万円、人数については10名程度を考えています。
 全てに参加された学生には終了証をお渡しいたします。最優秀者には終了証にその旨を記載します。今回は講師の都合上で日時を決定いたしましたが、このようなセミナーは次年度からも年2回開催する予定ですので、今回、参加されない方でも、ご要望、お問い合わせがあれば下記までご連絡いただければ幸いです。

 【対象】 院生、学部生、研究者  (論文が書ければ特許は書けます)
 【講師】 柳下 加寿子 氏(広島県知的所有権センター支部 特許情報活用支援アドバイザー)
 【内容・開催日時・会場】
   時間:13:00〜16:00
     T.特許制度概要(歯学部A棟6F大講義室)
        10月29日(月)
     U.特許検索(基礎実習棟1階情報メディア研究センター霞分室)
       @11月12日(月):実習1「キーワード検索」
       A11月26日(月):実習2「分類検索」
       B12月10日(月):実習3「実習+レポート」
     V.明細書作成(基礎・社会医学棟2階セミナー室1)
       @1月21日(月):実習1「発明の把握」
       A1月28日(月):実習2「論文から特許明細書作成」

 【お申込み方法】
   メール又は電話等でお申込みください。
       ※定員(40名)になり次第締め切りますので、お早めにお申込みください。

 【お申込み・お問合せ先】
   広島大学
   産学連携センター知的財産部門 (担当:森澤)
    TEL:082-257-1504(内線:霞6088)
    FAX:082-257-5449
    E-mail:chizai@hiroshima-u.ac.jp

                                                       資料はこちら>>ポスター



2007年11月1日 「ライフサイエンス分野における特許審査基準セミナー」開催のご案内

 【目的】
   本セミナーは、ライフサイエンス分野の大学等研究者や知財関係者を対象として、ライフサイエンス
  分野の特許の審査基準について周知を図ることを目的としています。

 【講師】
  山中 隆幸 氏(特許庁 特許審査第一部調整課 審査基準室・品質監理室 係長)

 【日時・場所】
  平成19年11月1日(木) 15:30〜19:30
  広島大学 霞キャンパス 基礎・社会医学棟2Fセミナー室1

 【プログラム】
  ■第一部(15:30〜16:50)
    1.特許になる発明とは
    2.特許を取得するための手続
    3.審査基準とは
    4.ライフサイエンス分野における審査基準
     @ライフサイエンス分野に関する審査基準について
     Aタンパク質立体構造関連発明について
     B微生物関連発明について

       *質疑応答(20分)

  ■第二部(17:00〜19:30)
    4.ライフサイエンス分野における審査基準
     C遺伝子工学関連発明について
     D機能推定型遺伝子関連発明について
     ESNPs関連発明について
     Fスクリーニング方法関連発明について

  (休憩10分)

     G人間を手術、治療又は診断する方法に関する発明について
     H医療機器に関する発明について
     I医薬発明について

        *質疑応答(40分)

 【お申込み方法】
   メール等で下記までお申込みください。
    ※定員(40名)になり次第締め切らせていただきます。

 【お申込み・お問合せ先】
   広島大学
   産学連携センター知的財産部門 (担当:森澤)
    TEL:082-257-1504(内線:霞6088)
    FAX:082-257-5449
    E-mail:chizai@hiroshima-u.ac.jp

                                                       資料はこちら>>ポスター



2007年9月28日 平成19年度大学知的財産整備事業
            中国地域「第1回大学知的財産戦略研修会」開催のご案内

  【日 時】 平成19年9月28日(金)13:00〜17:45

  【趣 旨】 日常の研究から生まれる発明を特許やノウハウの形で保護し、それを社会で活用する際
        の課題、キーポイントや一連の手続等を、事例を交えて具体的、かつ、平易に解説すること
        により、研究者や教職員の知的財産についての実践的な理解を深めるとともに、その重要
        性に対する認識を共有する。

  【場 所】 広島ガーデンパレス (広島市東区光町1-15)

  【主 催】 文部科学省、国立大学法人広島大学

  【対 象】 大学、高専、公的研究機関の教職員

    ※定員(140名)に達しました。お申し込みありがとうございました。
    
  【プログラム】
    12:30  受付
    13:00  開会の挨拶
    13:10  基調講演「産学連携の現状と今後の施策(仮題)」
           文部科学省 研究振興局研究環境・産業連携課
           技術移転推進室 室長 小谷 和浩 氏
    13:40  特別講演「知的財産が財産として効果を生むには何が必要か」
           株式会社 島津総合科学研究所 技監・常勤顧問 副島 啓義 氏
    14:40  講演 21世紀型産学連携手法の構築に係るモデルプログラムの成果
           「大学の知的財産業務に関する分析及び改善方策に係る調査研究について」
           山口大学 副学長 産学公連携・創業支援機構長 三木 俊克 氏
    15:10-15:30  休憩
    15:30  講演 「発明から権利化までのキーポイント」
           山口大学 産学公連携・創業支援機構 知的財産本部長 佐田 洋一郎 氏
    16:30  講演 「大学知的財産活用のキーポイント」
           広島大学 産学連携センター 知的財産部門 知的財産マネージャー 葛籠 勝彦 氏
    17:10  講演 「外国為替及び外国貿易法に係る規制について」
           文部科学省 研究振興局研究環境・産業連携課
           技術移転推進室 専門官 小石 真弓 氏
    17:40  閉会の挨拶
    
    17:50-19:00  情報交換会(交流会) 参加費:4千円
                                                       資料はこちら>>ポスター



2007年8月29日 知財セミナー「研究者・職員のための知財創出、活用の留意点」を開催しました。

 たくさんのご来場ありがとうございました。

       知財セミナーの模様  知財セミナーの模様2



2007年9月7日 知財セミナー(霞キャンパス)開催のご案内

 知的財産部門は、特許を中心とした知的財産の発掘・創出から、権利化、活用までの役割を担っています。現在では多くの発明相談や特許相談などを受けるようになり、知的財産部門としてはうれしい限りです。今回は、ますます先生方に知的財産に関するご関心を持っていただき、さらに知財活用に関する理解を深めていただく為に日本を代表する製薬企業である武田薬品工業株式会社の常務取締役秋元様に、超ご多忙のところを「ライフサイエンス分野における産学連携・知的財産の現状と将来」についてご講演いただくことを企画いたしました。つきましては、先生方にはお忙しいとは存じますが、ぜひご出席いただき、ますます産学連携・知的財産に対するご関心・ご理解を深めていただくことを願っております。また、以前にお届けしている知財ハンドブックに関する簡単なご説明と、霞地区で行っている知財活用のための活動について簡単にご説明もさせていただければと考えております。万障お繰り合わせいただき多くのご参加を願っております。

 【日時】 平成19年9月7日 15:00〜16:45
 【場所】 歯学部大講義室(歯学部A棟6階)
 【プログラム】
  14:00 受付
  15:00 挨拶(社会連携推進機構長 碓井 亞)
  15:05 知的財産ハンドブックの説明及び大学発明強化対策について
       (知的財産マネージャー 前田 裕司)
  15:15 講演「ライフサイエンス分野における産学連携・知的財産の現状と将来)
       (武田薬品工業株式会社 常務取締役 秋元 浩 氏)
 【申込方法】
  メール又は電話等で下記までお申し込みください。
   ※当日参加も受け付ける予定ですが、会場が必ずしも大きくないため、場合によっては
     入場制限をせざるを得ない可能性もあります。したがって参加を確実にされたい方は
     早めにお申し込みください。
 【お問い合わせ・申し込み先】
  広島大学 産学連携センター
  知的財産部門 森澤
   電話:082−257−1504(内線:6088)
   FAX:082−257−5449
   E-Mail:chizai@hiroshima-u.ac.jp

                                                      資料はこちら>>ポスター
  



2007年8月29日 知財セミナー「研究者・職員のための知財創出、活用の留意点」開催のご案内

 広島大学は2004年に法人化され、「創造・保護・活用」のサイクルの促進により社会貢献を図ろうとしております。その中で、知財活動はますます重要となっております。
 今回のセミナーは、産学連携センターの現在の取り組み状況と大学知財問題とその活用の留意点について、研究者(職員・学生を含む)にご理解頂き、より一層の研究基盤充実と社会貢献を促進することを目的とするものであります。

 [開催要領]
  1.開催日・時間   8月29日(水)13:30〜15:00
  2.会場       東広島キャンパス中央図書館1階ライブラリーホール
  3.受講対象者    研究者(職員・学生を含む)
  4.募集方法     メルマガ、大学HP、ポスター、ビラ配布、センター長名で部局長連絡
  5.セミナー内容   「大学特許出願と知財活用の留意点」
  6.説明資料     パワーポイント
  7.配布資料     「知財ハンドブック」及び「パワーポイント資料コピー」

 [セミナー内容]
  1.挨拶                    産学連携センター長   高萩 隆行
  2.「広大の知財の現状と取り組み」(15分)   知的財産部門長     高田 忠彦
  3.「大学特許出願の留意点」(40分)      知的財産マネジャー  秋田 直宏
    (1) 「学会発表・論文発表は特許出願後に」
    (2)「発明の捉え方と留意点」
    (3)「出願手続きの流れ」
    (4) 「国内優先権主張出願の活用」
    (5) 「グローバル展開、外国出願、その費用支援及び留意点」
    (6)「米国特許出願の留意点」
  4.「大学知財活用の留意点」(20分)      知的財産マネジャー  葛籠 勝彦
  5.「学内手続き」(10分)            NEDOフェロー    安田 昌司


 [申込方法]
    参加ご希望の方は、Eメールまたは申込用紙に記入の上、FAXでお申し込み下さい。


 [お問い合わせ・申込先]
    広島大学 産学連携センター 知的財産部門
      E-Mail:chizai@hiroshima-u.ac.jp
      TEL:082-424-4340
      FAX:082-424-6133(担当;橋詰)
 
*霞地区の知財セミナーの開催については、詳細が決まり次第お知らせいたします。
                                                      資料はこちら>>ポスター
  



2007年7月27日,8月3日 「研究者のための技術事例に基づく特許検索実務セミナー(霞キャンパス)」開催のご案内

   特許は発明者の権利としてだけでなく、最新技術情報としても非常に有益です。
   最先端の先行技術動向を知ることにより、戦略的な研究方針を作成することができ、また戦略的な
   特許化が可能になります。さらに企業が注力している技術を知ることで、ご自身の発明活用先の企
   業候補を調べることもできます。
    そこで本セミナーでは特許情報の検索方法を習得していただくことを趣旨としています。

   ■学生も参加可能です。
 
   【内 容】特許庁電子図書館 IPDL を使用した先行技術・特許の検索実務セミナーを行います。
      ・講義テキストは当日配布します

   【対 象】研究者、学生、職員(学内のみでなく、学外からの参加者も大歓迎です)
        当日参加も可能です。多くの方のご参加を期待しております。  
        (外部の方は事前のお申し込みをお願いします)
 
   【講 師】山口克己氏 柳下加寿子氏
     (広島県知的所有権センター特許情報支援活用アドバイザー)

   【開催日程】
    @7月27日  バイオ・医療関係     17:30〜19:30
    A8月 3日   バイオ・医療関係     17:30〜19:30

   【開催場所】広島大学 霞キャンパス 情報メディア教育研究センター霞端末室
           (医学部基礎実習棟1F霞端末室)

   【申込方法】
    下記まで、電話・メール等でお申し込み下さい。
     ※端末の台数には限りがありますので、お申し込みはお早めにお願いいたします。

   【お問い合わせ・申込先】
    広島大学 産学連携センター 知的財産部門 (担当:森澤)
      E-Mail:chizai@hiroshima-u.ac.jp
      TEL:082-257-1504
      FAX:082-257-5449
 
                                                      資料はこちら>>ポスター



2007年7月5日,12日,26日 「研究者・学生のための技術事例に基づく特許検索実務セミナー」開催のご案内

   【趣 旨】特許は発明者の権利としてだけでなく、最新技術情報としても非常に有益です。
        そこで、本セミナーでは特許情報の検索方法を習得していただくことを趣旨としています。
        それにより、以下のようなメリットが得られます。
      @研究者のメリット
        ○発明の新規性等を自ら評価することで、戦略的な特許化が可能となります
        ○既に公用された研究・発明のみでなく、発明の適用先の情報から研究の方向性まで知る
         ことで、戦略的な研究遂行が可能となります。
      A学生のメリット
        ○理・工・バイオ系企業において、知的財産の知識は就職活動に役立ちます
        ○企業が注力している技術を知ることで、企業選びや面接の際に一歩進んだ対応が可能と
         なります
 
   【内 容】特許庁電子図書館 IPDL を使用した先行技術・特許の検索実務セミナーを行います。
      ・講義テキストは当日配布します

   【対 象】研究者、学生、職員(学内のみでなく、学外からの参加者も大歓迎です)
        当日参加も可能です。多くの方のご参加を期待しております。  
        (外部の方は事前のお申し込みをお願いします)
         →参加申込書

   【講 師】山口克己氏 柳下加寿子氏
     (広島県知的所有権センター特許情報支援活用アドバイザー)

   【開催日程】ご自分が関連する、あるいは興味がある分野にご出席ください。
    @7月5日   化学関係          14:35〜17:05
    A7月12日  機械・電気・電子関係   14:35〜17:05
    B7月26日  バイオ・医療関係     14:35〜17:05

   【開催場所】広島大学  情報メディア教育研究センター本館2階  教育研究用端末室

   【お問い合わせ・申込先】
    広島大学 産学連携センター 知的財産部門
      E-Mail:chizai@hiroshima-u.ac.jp
      TEL:082-424-4340
      FAX:082-424-6133(担当;橋詰)

*霞地区については、7月27日、8月3日の17:30から行います。
  詳しくは、知的財産部門 霞地区 TEL:082−257−1504  FAX:082−257−5449まで  

 
                                                      資料はこちら>>ポスター


ページトップへ

Homeポリシー規則・要領組織図発明届出手続きスケジュール技術移転情報
寺子屋産業財産権Q&Aリンクニュース貸出図書・ビデオ資料リンク

Copyright 2004 Hiroshima University Intellectual Property Center
広島大学産学連携センター知的財産部門
〒739-8524 東広島市鏡山1-1-1[教育学部K棟3F]
Tel:082-424-5597 Fax:082-424-6133