アフリカ・アジア大学間対話事業がユネスコUNITWINに認定

 

広島大学は、「教育開発のためのアフリカ・アジア大学間対話ネットワーク」(A-Aダイアローグ)の代表大学として、この度ユネスコとの間でUNITWINプログラムに合意しました。A-Aダイアローグはアフリカ・アジアの30大学が加盟する国際連携事業で、本学の教育開発国際協力研究センターをその事務局とし、教育開発をはじめとする各国の共通テーマについて共同研究を行うなど、多方向の交流事業を展開しています。

UNITWINはこうした国際的な大学間連携事業の中でも特筆すべき事業をユネスコが後押しし、共同研究、広報活動、加盟大学の組織力強化、ならびに大学間対話を促進するプログラムです。

当センターはA-Aダイアローグの事務局として事業設立以来その推進発展に取り組んでいます。この事業を通じてさらに広島大学の国際展開を強化に貢献していきます。

本学でのA-Aダイアローグ年次総会(2015年7月)

共同研究・知見共有セミナー開催(タイ、チェンマイ、2015年12月)