国際教育協力論集 第19巻 第1号 2016年10月

特集論文:途上国の前期中等教育における学校改善実践に関する国際比較研究Ⅱ

EFA ステアリング・コミティーの活動からみた「教育 2030」

吉 田 和 浩
(広島大学教育開発国際協力研究センター)

 

エチオピアの前期中等教育における学校改善実践

日下部 達 哉
(広島大学教育開発国際協力研究センター)

 

中等教育の拡充に影響を与える要因分析
―カンボジアの前期中等教育を事例として―

正 楽   藍
(神戸大学国際人間科学部設置準備室)

 

マラウイ中等学校における「良い学校改善実践」
―教員の問題意識と教育観に着目して―

川 口   純
(筑波大学)
ドロシー・ナンポタ
(マラウイ大学)

 

アジア・アフリカの学校改善実践研究とその政策的示唆

日下部 達 哉
(広島大学教育開発国際協力研究センター)
吉 田 和 浩
(広島大学教育開発国際協力研究センター)

 

研究論文

ネパールの自律的学校経営(SBM)支援の公平性効果
―地域と学校経営の二重の脆弱性に着目して―

田 中 紳一郎
(国際協力機構 / 東京大学教育学研究科)

 

ケニア農村部における中等学校への就学・退学をめぐる家族の戦略
―就学継続の意味づけに着目して―

小 川 未 空
(大阪大学大学院博士後期課程/日本学術振興会特別研究員)

 

研究ノート                                       

インドの初等教員養成:質的検討の試み

赤 井 ひさ子
(東海大学福岡短期大学)

 

「教育のためのグローバル・パートナーシップ」の被支援国内での現状と今後への示唆
―ザンビア・マラウイの事例から―

澁 谷 和 朗
(広島大学大学院国際協力研究科)
濵   良 枝
(国際協力機構)
古 川 範 英
(国際協力機構)

 

私立学校の統制と活用―日本の経験

斉 藤 泰 雄
(国立教育政策研究所名誉所員)

 

「国際教育協力論集」刊行規定・執筆要領