センターの概要

在宅人工呼吸器装着者災害時対応システム

難病対策センターでは在宅療養患者がより安心した、心豊かな生活を送るための支援の一つとして、関係機関のご協力を得て【在宅人工呼吸器装着者災害時対応システム】を構築しました。
対象は、在宅で人工呼吸器を使用し療養されている広島県内にお住まいの方です。各関係機関へ事前に情報を提供する事で予測できる停電の事前連絡や突発的事故停電時の復旧連絡、救急病院への搬送などがスムーズに行えるようにと考えたシステムです。

※このシステムは関係機関とのボランティア(好意)で運用されているものです。
大きな自然災害など十分に対応できないことも推測されます。ご理解の上、登録をお願いします。

システムの概要

システムの概要

(※)難病対策センターより情報提供ができるようになりました。
(広島市消防局管轄・府中町消防本部管轄の地域の方)

情報提供の例

  • 1工事などで停電が予測される時には・・・
    中国電力株式会社より登録者へ確実に連絡します。
    ※連絡がとれない場合には24時間連絡担当者へお伝えします
  • 2災害時などカスタマーセンターと連絡がとりにくい時には・・・
    一般に公開していない各営業所直通電話番号をお伝えしますので、連絡をとりやすくなります。
  • 3救急要請があった時には・・・
    登録者の情報が事前に消防局に伝わっているので、スムーズな対応が期待されます。

申請から登録完了までの流れ

このシステムは、緊急時の対応がスムーズに行えるように、関係機関にあらかじめ個人情報の提供を行います。このことに同意された上で、登録申請を行ってください。また、各種申請書の使用に当たっては個人情報の保護に十分配慮し、目的以外には一切使用されることはありません。

1.申込書送付

難病対策センターへ申込み書類を送付

2.情報提供

難病対策センターより中国電力および広島市消防局および府中町消防本部へ情報提供

※上記消防管轄以外の地域の方は、ご自身で管轄の消防署へ情報の提供をお願いします。

3.登録報告

中国電力および広島市消防局から難病対策センターに登録完了の報告

4.登録完了

難病対策センターより登録者様と24時間連絡対応担当者へ登録完了のお知らせ

※その際、中国電力と連絡ができる2つの電話番号をお知らせ致します。

  • 難病対策センターではご提出いただいた『災害時対応システム登録申出書』を登録者情報として管理させて頂きます。ご提出いただいた書類一式は登録完了時に返却いたします。各自ご自宅で保管し、緊急時の救急受け入れ病院への情報提供としてご利用ください。
  • 必要時、難病対策センターは訪問看護師またはケアマネージャー、保健師等との連絡調整をします。
  • 難病対策センターより年一回(3月頃)に登録データの確認をします。
    ※住所や連絡先の変更等については、適宜難病対策センターまでご連絡ください。

システムに関するお問い合わせ・申込み先

CIDC難病対策センター

〒734-8551 広島県広島市南区霞1-2-3 広島大学病院臨床管理棟(旧外来棟)1階
TEL:082-257-5072受付時間/9:00~17:00(土日祝、年末年始除く)