トップページ

第40回日本比較内分泌学会大会・日本比較生理生化学会第37回大会 合同大会(CompBiol 2015 広島大会)のお知らせ

事前参加登録266名、当日参加20名の計286名のご参加をいただき、無事に全ての企画を終了することができました。また、最終日の午後に行われた公開講座にも多くの一般市民の方々に入場いただきました。参加者・関係者の皆様に心より御礼申し上げます。
                           2015年12月14日 大会実行委員会

日程/会場

  • 2015年 12月11日(金)午後~12月13日(日)
  • JMSアステールプラザ(広島市中区・平和記念公園近く)
  • 12月13日(日)14:00~16:00 一般市民向け公開講座「くらべてびっくり!いきもののあんな生き方、こんな生き方」来場対象者は小・中・高校生を中心とした一般市民、入場無料・入退場自由・事前参加申込不要、詳しくは公開講座のページ
  • 役員会 比較生理生化学会は大会前日12月10日(木)午後、比較内分泌学会は大会初日12月11日(金)午前中の予定 詳細は各学会事務局から連絡があります。

お知らせ (2015年11月27日更新)

  • 大会参加者の皆様へのご案内(交通・会場案内、発表準備・注意事項等、予稿集からの抜粋です)クリックするとPDFファイルが開きます。
  • 参加登録者の方には、予稿集・名札の発送を11月19日に行いました(11月24日掲載)。1週間ほどしても配達されない場合は、大会事務局までご連絡をお願いします。参加登録を済まされていても参加費を振り込まれていない場合、予稿集・名札の事前郵送を行っておりません。
  • 参加登録方法/参加費・懇親会/振込先を掲載しました。
  • シンポジウム情報を大会概要に掲載しました。
  • 10月7日までの事前参加申込を締め切りました。当日参加も可能ですが、できる限り参加申込・振込を大会までに行ってください。10月30日(金)以降の参加登録者は、予稿集に参加者名が掲載されておりません。 11月24日時点で263名の事前参加登録がありました。
  • 12月13日(日)比較生理生化学会の授賞式・受賞者講演の時間が9:00~12:00に変更になりました(10月26日掲載)。

合同大会について

大会説明(大会長より)
 2009年のCompBiol 2009 大阪大会以来となる合同大会です。様々な動物を研究対象とし、生理学、内分泌学、生化学、形態学等の研究手法を用い、生き物の不思議な仕組みを理解しようとする研究者が集まる合同大会です。比較内分泌学と比較生理生化学の合同大会ですので、より広い視点から生き物の機能について討論できると期待しています。合同シンポジウムを2つ、若手企画シンポジウム、ポスター発表、若手オーラル発表、総会、懇親会、各学会受賞者講演、学会企画シンポジウム、公開講座を開催します。
 大会の開催場所は世界遺産の「原爆ドーム」や「平和記念公園」に近い広島の中心地です。日本三景のひとつとして知られる「安芸の宮島・厳島神社」へ足を伸ばすのもよいでしょう。大会が開催される12月は、広島を代表する食べ物の「牡蠣」や「お好み焼き」が丁度美味しい季節です。ぜひご賞味ください。研究の情報交換や、生きの物の不思議の話題に花を咲かせ、広島文化を堪能していただきたいと思っています。沢山の皆様方のご参加を歓迎いたします。

第40回日本比較内分泌学会大会・大会⻑ 吉村幸則(広島大・院生物圏)日本比較生理生化学会第37回大会・大会⻑ 吉田将之(広島大・院生物圏)
大会準備・実行委員会
第40回日本比較内分泌学会大会・大会長 吉村幸則(広島大・院生物圏)
日本比較生理生化学会第37回大会・大会長 吉田将之(広島大・院生物圏)
事務局長 浮穴和義(広島大・院総科)
庶務・会計 小林勇喜(広島大・院総科)

古川康雄、斎藤祐見子、佐藤明子(広島大・院総科)
森下文浩、植木龍也、髙瀨 稔(広島大・院理)
河上眞一、濱崎佐和子(広島大・院生物圏)
富川 光(広島大・院教育)
椋田崇生(鳥取大・医)
問い合わせ先
大会準備・実行委員会 事務局 浮穴和義
〒739-8521東広島市鏡山1-7-1
広島大学大学院総合科学研究科 行動科学講座
Tel 082-424-6571(浮穴直通)、Fax 082-424-0759(講座事務室)
E-mai:compbiol*hiroshima-u.ac.jp (*は半角@に変換して送信してください)

トップページ・イラスト by パイライトスマイル