広島大学大学院理学研究科 地球惑星システム学専攻

地球惑星システム専攻の概要

「地球」を学ぶ ! 「地球」に学ぶ !

 地球惑星システム学とは、太陽系第3惑星である「地球」に関わる、様々な時間スケールや空間スケールの自然現象を研究対象とした学問分野です。当専攻では、『夢と安全』をキーワードに、図に示した3つの研究グループが連携して、夢のある科学分野(太陽系の誕生と進化、固体地球の構造とダイナミクス、地球と生命の共進化、日本列島の形成etc)と安全の科学分野(地震、地下資源、自然災害、環境問題etc)における諸現象の本質的な理解を目指しています。

 世界最先端の研究とその研究成果に基づく高度な教育。充実した教育研究設備と優秀な人材。野外調査から
モデル計算・高度な科学分析までの幅広い指導。国内外の研究者との多くの共同研究。学際的研究開拓への挑戦。全教員による全学生の教育(「All to All」教育)。
 これらの取り組みにより、地球惑星科学の幅広い知識と、国際感覚を身につけた「世界レベルのジオエキスパート」を育成するための少人数教育を推進しています。これが私達の専攻の特徴です。

地球惑星進化学・地球ダイナミクス・地球環境学