医局のできごと

open

  • 2017年12月12日

    第129回日本医学放射線学会 中国・四国地方会 2017年12月9日~10日

    12月9日~10日に岡山で開催された日本医学放射線学会中国・四国地方会に参加しました。先週はRSNAで1週間アメリカ、今週末は岡山と、旅行好きな私としては色々な土地に行かせていただけて幸せです。

     

    私は中村先生の御指導の下、多血性HCC術前においてどのような患者に診断angio(CTHA)が必要か、と内容について発表しました。当科からは主に私をはじめ非専門医の若手中心に演題を出し、今年入局した先生方も多くの聴衆の前で立派に発表されていました。

     

    今回の地方会では日頃会うことのできない他大学や他病院の先生方と話すことができ、大変有意義な時間をすごすことができました。今回学んだことを、これからの診療や研究に活かしていこうと思います。 (冨士智世 記)

     

    IMG_20171210_140133

    詳細ページへ

  • 2017年12月6日

    RSNA2017 2017年11月26日~12月1日

    この度、初めてRSNAに参加させていただきました。広島大からは、粟井教授以下、医師9名、放射線技師2名、関連病院からは医師2名と大人数での参加となりました。

     

    RSNAは会場が非常に広く、結局最後まで全体像を把握できたのかできていないのか、わからないような状態で終了しました。

     

    私の演題はscientific posterで、「Utility of Joint Screening by Ultrasonography (US) in Children and Young Adults with Hemophilia: Comparison with Radiograph」という内容のポスターを登録していました。関節エコーはかなりマイナーな領域なため、似たような演題は出ていませんでしたが、エコーをされている他病院の日本人の先生に色々とアドバイスをもらえたのが収穫でした。また、ポスターのモニターの前で30分間立ち続けるというのが、これほどにも緊張するものかと認識できたのも、終わってみると良い経験になったのかもしれません。

     

    シカゴの街は思っていたよりもとてもきれいで、歩いていても安心感があり、自分の中で想像しているヨーロッパの町並みのようでした。合間に訪ねたシカゴ美術館には面白いオブジェも多くあり、何時間でもぶらついていられそうな場所でした。  (松原佳子 記)

     

    IMGP4081

    詳細ページへ

  • 2017年11月9日

    広島画像診断講演会 2017年11月7日

    2017年11月7日 広島画像診断講演会が開催されました。

    最初に話題提供として、当科の本田有紀子診療講師が、新しい疾患概念である腎管状嚢胞癌について説明し、他の腎腫瘍との画像上の鑑別を解説しました。

    特別講演は、大分大学 放射線医学講座 森宣教授をお招きし、膵癌の早期検出、新たなIVRでの治療法についてご講演いただきました。近年癌の分子生物学的背景をも考慮した画像診断が注目されるようになっていますが、今回のご講演では、膵癌の分子生物学的背景としての遺伝子異常、また今後膵癌の早期発見に大きく貢献する可能性があるCirculating tumor cellについてお話いただきました。そして膵癌はなかなか治療が奏功せず、予後が非常に悪いと言われていますが、あらたな治療法としてのIVRや放射線治療の可能性についてもお話いただき、診断から治療まで、短時間ながら非常に濃い内容のご講演を拝聴することができました。今回のご講演からいただいた大きなモチベーションをもとに、明日からの診療、研究に邁進してゆきたいと思います。    (中村優子 記)

     

    IMGP3803 IMGP3750

    詳細ページへ

  • 2017年11月9日

    学長表彰 2017年11月4日

    当研究室の粟井教授が、医学教育におけるカリキュラム改革、放射線健康リスク学教育の整備、

    死因究明教育研究センターの設立等の業績に対して学長表彰を受けました。

     

    unnamed

    詳細ページへ

  • 2017年10月17日

    第31回中国四国IVR研究会 2017年9月29日~30日

    2017年9月29日(金)~30日(土)、岡山大学鹿田キャンパスにおいて開催された、中国四国IVRに参加させていただきました。治療に難渋された症例や稀なケース、当科であまり関与していない胆道領域のセッションなど、大変学ぶべき事の多い会でした。また、IVRはデバイスが次々と改良され進歩する分野で、日々勉強が必要であることを改めて実感いたしました。発表に際してご指導やご協力をいただきました皆様方、また期間中日常業務を行っていただいた先生方、誠にありがとうございました。      (近藤翔太 記)

    DSC_0052 IMG_0667 DSC_0015 DSC_0035 DSC_0040

    詳細ページへ

  • 2017年10月17日

    広島肝臓フォーラム2017 2017年6月14日

    6月14日に広島肝臓フォーラムが開催されました。

    外科・内科・放射線科が参加する勉強会で、当科からは

    冨士智世先生が「球状塞栓物質を用いたB-TACEの有用性について」

    発表しました。

    若手の先生方からも活発な議論が行われ、非常に有意義な勉強会となりました。

     

    IMGP2404_ IMGP2405_

    IMGP2407_

     

    詳細ページへ

  • 2017年10月17日

    平成29年度放射線部門歓迎会 2017年4月26日

    平成29年4月26日(水)広島市内のホテルにて平成29年度放射線部門歓迎会が開催されました。

    医師,診療放射線技師,看護師と大変多くの方々が出席された盛大な会でした。

    放射線診断科には入局者2名を含む7名が大学で一緒に働くことになりましたので、よろしくお願い致します。

     

    (1)DSC00716(2)DSC00719

    (3)DSC00724

     

    詳細ページへ

  • 2017年4月17日

    第76回日本医学放射線学会総会 2017年4月13日~16日

    日本医学放射線学会JRSが4月13-16日に横浜で開催されました。例年、JRSの時期は、桜は既に散っていることが多いのですが、今年は桜がほぼ満開で咲いており、気持ちの良い日和の中での学会となりました。

    当研究室からは、中村優子先生が優秀論文賞を受賞しました。受賞論文はJJRに2015年に掲載された ”Clinical utility of gadoxetate disodium-enhanced hepatic MRI for stereotactic body radiotherapy of hepatocellular carcinoma. Jpn J Radioi. 2015; 33: 627-35”で、肝癌の定位放射線治療後の肝機能評価におけるEOB-MRIの有用性を評価したものです。中村先生には、引き続き研究に頑張っていただきたいと思います。

     

    003

     

    また、当研究室からは、粟井教授が「ヨード造影剤の安全利用」、「CTにおける逐次近似画像再構成の臨床応用」の教育講演を行ったほか、一般演題では若手を中心に6名が発表を行いました。

     

    009007010008

    詳細ページへ

  • 2017年4月14日

    広島画像診断講演会 2017年2月10日

     

    近年intraductal papillary neoplasm of bile ductをはじめとし、嚢胞性肝腫瘍の概念に変遷があり、私たちも肝嚢胞性疾患について再度勉強しなおす必要がありました。

    そこで2017年2月10日広島画像診断講演会にて、金沢大学 放射線科 小坂一斗先生をお招きし、肝嚢胞性疾患の画像診断についてご講演いただきました。

    ご講演内容は非常に多岐にわたっており、いわゆる肝嚢胞から嚢胞性肝腫瘍まで多数の症例を詳しくご解説いただき、その造詣の深さにみなが圧倒されたのではないかと思います。

    このご講演内容をもとに、明日からより詳細な嚢胞性肝疾患の読影をこころがけていこうと思います。

     

    R0035310 DSC00644

    詳細ページへ

  • 2016年12月22日

    平成28年度広島大学医学部放射線医学教室同門会総会・忘年会 2016年12月17日

    平成28年12月17日(土)広島市内のホテルにて同門会総会・忘年会が行われました。

    パーソナリティの玉田陽子さんに御講演いただきました。

     

    DSC00533 DSC00548 DSC00607 DSC00603

    詳細ページへ

全14件中 1-10件を表示中

    • 1
    • 2