広島大学大学院医歯薬保健学研究院 成人看護開発学

慢性疾患マネジメント・プロジェクト研究センター

Chronic Disease Management Project Research Center
Division of Nursing Science, Institute of Biomedical & Health Sciences, Hiroshima University

組織・概要About us

当センター設置趣旨

日本をはじめ、世界の疾病構造は急性疾患から慢性疾患へ移行してきており、我が国の医療提供体制もこの変化に対応していくことは喫緊の課題です。疾病構造に応じた医療提供ができない場合、慢性疾患患者のQOLの低下、疾病の増悪、医療費の増加につながります。さらに、医療提供体制のみならず、患者への直接ケアに関わる看護職等の人材育成および科学的根拠に基づいた患者教育プログラムの開発も重要です。

また、後進国、途上国も生活習慣に変化に伴い慢性疾患が急増していることから、医療提供体制構築や医療者の人材育成等は喫緊の課題です。

当センターは慢性疾患患者のQOL向上、医療費抑制のために、新たな慢性疾患ケア提供システム(下図参照)、方法論を開発し、これらを国内外に還元することを目的に、設置されました。

新たな慢性疾患ケア提供システム

図 慢性疾患ケア提供システムの構造

▲ Top

プロジェクトの柱

  • 慢性疾患に関わる医療システムおよび支払システムの国際・国内研究
  • 慢性疾患マネジメント/Population health Managementの方法論・プログラムの開発研究
  • 慢性疾患マネジメント/Population health Managementを実施する看護職等の教育プログラムの開発研究

▲ Top

研究室

広島大学大学院
医歯薬保健学研究院
成人看護開発学
〒734-8553
広島市南区霞1-2-3
TEL:082-257-5365
FAX:082-257−5369