広島大学大学院医歯薬保健学研究院 成人看護開発学

慢性疾患マネジメント・プロジェクト研究センター

Chronic Disease Management Project Research Center
Division of Nursing Science, Institute of Biomedical & Health Sciences, Hiroshima University

産学官連携Industrial partnership

当センターは、産業界、地方自治体との連携に積極的に取り組んでいます。

企業等との連携

株式会社DPPヘルスパートナーズ(http://dpphp.jp/)

糖尿病等による慢性疾患の再発・重症化予防を目的とし、平成22年12月に設立された広島大学発ベンチャー企業です。

広島大学大学院医歯薬保健学研究院成人看護開発学研究室で開発された「慢性疾患疾病管理プログラム」を応用した患者教育プログラムが、DPPヘルスパートナーズの事業の柱となっています。

当センターと連携しながら、慢性疾患にかかわる医療サービスの質の向上に向け、新たなサービスの開発および提供を行っています。

医療保険者(協会けんぽ 企業健保、国保等)

医療保険者との連携、健診データやレセプトデータの分析により、慢性疾患の再発・重症化リスクが高い被保険者の抽出ロジックを構築しています。

抽出された被保険者には、DPPヘルスパートナーズを通じて、患者個々の疾患特有な教育プログラムを提供しています。

▲ Top

地方自治体との連携

当センターは、地方自治体とも連携しています。

こちらで抽出された被保険者にも、DPPヘルスパートナーズを通じて、教育プログラムを提供していきます。

すでに広島県呉市で実施されている糖尿病腎症重症化予防事業は、呉市と広島大学が連携し、運営された事業です。本事業の成果として、対象者の生活習慣改善、適切な治療により、腎機能の急速な悪化防止(腎機能の維持)、血糖コントロールの改善といった効果が現れており、全国から注目を集めています。

▲ Top

研究室

広島大学大学院
医歯薬保健学研究院
成人看護開発学
〒734-8553
広島市南区霞1-2-3
TEL:082-257-5365
FAX:082-257−5369