広島大学大学院教育研究科 特別支援教育学講座

広島大学大学院教育学研究科 教育学部特別支援教育実践センター

大学院

博士課程の概要

 博士課程前期学習開発学専攻 特別支援教育学専修は,視覚障害教育,聴覚障害教育,知的障害教育,肢体不自由教育,病弱教育を中心として,特別支援教育の意義や制度,障害のある幼児児童生徒の心理,一人ひとりのニーズに応じた教育方法やカリキュラム等に関する研究を行っています。とくに実践面においては,附属特別支援教育実践センターと協力し,理論と実践を統合しながら特別支援教育に貢献できる人材を養成しています。なお,すでに特別支援学校教諭一種免許状を有している方であれば,この課程で所定の単位を修得することで,特別支援学校教諭専修免許状を取得することもできます。

 博士課程後期特別支援教育学分野は,障害のある幼児児童生徒の自立や社会参加を促すための支援方法等に関する学際的・総合的・先端的な研究・教育を推進し,特別支援教育に携わる研究者や高度な専門的職業人の養成を行っています。

博士課程前期 学習開発学専攻 特別支援教育学専修 授業科目

授業科目 開設
単位数
履修単位数
必修 選択
必修科目 学習開発学特論 2 4  
特別支援教育特論 2
選択必修科目 特別支援教育特別研究
特別支援教育課題研究
4
4
4  
学習開発学研究方法論
学習指導開発論特講
学習方法開発特講
学習材構造特講
特別支援教育実践研究II
2
2
2
2
2
2  
選択科目 特別支援教育実践研究II
発達障害指導法特論
コミュニケーション障害指導法特論
重複障害指導法特論
視覚障害指導法特論
視覚障害指導法演習
視覚障害心理学特論
視覚障害心理学演習
聴覚障害指導法特論
聴覚障害指導法演習
聴覚障害心理学特論
聴覚障害心理学演習
知的障害指導法特論
知的障害指導法演習
知的障害心理学特論
知的障害心理学演習
肢体不自由指導法特論
肢体不自由心理学特論
病弱教育特論
病弱生理・病理特論
特別支援教育ファシリテーション論
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
20
学術文章の書き方とその指導法-大学教員を目指して-
Research Metods in Education
教育学研究科解説科目
(グローバル教員養成プログラム開設科目を含む)
2
2


  30

修士論文題目(学習開発学専攻 特別支援教育学専修)

年度 修士論文題目(学習開発学専攻 特別支援教育学専修)
平成20年度 視覚特別支援学校の教員の専門性向上に関する研究
点字化されたグラフ格子線の表現方法に関する研究
就労支援における特別支援学校と就労支援機関との連携困難要因に関する研究
平成21年度 知的障害児の算数文章題の指導に関する基本的研究-対象児のつまずきを把握し支援の手がかりを得るための教員用支援ツールの作成-
聴覚障害児におけるひらがな文字の読みと音韻意識の発達との関係-学年、コミュニケーションモード、音韻意識課題の種類と音節数に焦点を当てて-
通級学級におけるADHD児への指導が教師ストレスに及ぼす影響-ソーシャル・サポート及びイラショナル・ビリーフに注目して-
平成22年度 知的障害児を対象とした学校場面に対する認知の構造化を促す指導の効果
幼稚園教諭が障害幼児の指導で抱えている困難
発達障害児とクラスの社会的スキル向上に関する研究-それぞれの標的スキルを取り入れたCSST(小学校低・中・高学年)を通して
Scotopic Sensitivity Syndromeスクリーニング検査に関する研究-A通信制高等学校に在籍する生徒を対象にして-
Case Study on Bruneian Employer's perception Towards Pre-Vocational Students During Job Placement and Employment of PRE-Vocational Graduates and People with Disabilites
平成23年度
(課題論文)
知的障がいのある人の就労支援の実証的研究
平成24年度 小学校における特別支援学校のセンター的機能の活用に関する研究-特別支援教育コーディネータが考える自校の支援体制づくりと特別支援学校のセンター的機能の活用の検討を通して-
肢体不自由児が学習場面で上肢を操作しやすい座位姿勢
障害受容過程における保護者のニーズ変容に対する教員の認識と支援
当事者の視点に配慮した自閉症児への指導の試みに関する研究-自閉症スペクトラム当事者の自伝の解釈を通して-
漢字の書字が困難な子どもの類型化に関する研究
聴覚障害生徒における文章要約時の使用方略-マクロルールに焦点を当てて-
平成25年度 知的障害者の外出に関する余暇活動について-本人が身につけるべきスキルと余暇教育-
幼児期から学齢期への移行期における支援の継続に関する研究-児童発達支援センターから小学校への移行に焦点を当てて-
漢字書字困難のある児童・生徒に対するiPadを使用した新たな指導法に関する実証的研究-漢字書字学習のためのアプリケーションソフトの使用について-
平成26年度 重度・重複障害教育に携わる教員の専門性とモチベーションに関する研究
特別支援学校(聴覚障害)高等部における英語科指導に関する検討-聴覚障害生徒の実態に応じた指導の在り方について-
後期中等教育修了後の盲ろう者を対象にした日常生活スキルの評価尺度の開発に関する研究
集団保育における障がいのある子どもへの支援に関する研究-保育所(園)での個別の(教育)支援計画に焦点を当てて-
平成27年度 弱視教育におけるタブレット端末の活用法-理科授業を中心とした研究-
特別支援学校(知的障害)教員のコミュニケーション能力の調査と校内研修プログラムの開発
白杖歩行における偏軌に関する研究
通常の学級における学習困難児への算数指導-多様な教育的ニーズに応じた実践における効果の検証-
平成28年度 知的障害のある児童へのあいさつの指導に対する一事例研究-対象児に適した支援方法の選択・利用と対人関係の変化に着目して-
吃音指導の効果についての見当-一事例研究のメタ分析を通して-
知的障害のある児童の「遊びの指導」の授業づくりに関する研究-教師を対象とした研修プログラムの検討を通して-
小学校特別支援学級担任者の職務と専門性に関する研究-担任者の成長を支える組織のあり方-
吃音のある人のハーディネスとレジリエンスに関する研究-コミュニケーション態度との関連から-
点字触読指の軌跡に関する研究
要経過観察幼児の保護者へのインターネットを用いた支援システムの構築に関する研究
発達障害のある大学生の就職支援に関する研究-大学と支援機関の連携のあり方の検討-

博士課程後期 学習開発専攻 授業科目

授業科目 開設
単位数
履修単位数
必修 選択
選択必修科目 学習開発講究Ⅲ(特別支援教育学分野) 12 2 6
学習開発講究Ⅲ(特別支援教育学分野) 2 6
選択科目 学習開発教授学講究(特別支援教育学分野) 2
学習開発教職授業プラクティカムI(特別支援教育学分野) 1
学習開発教職授業プラクティカムII(特別支援教育学分野) 1
10

博士論文題目

年度 論文名
平成15年度 吃音の第二次予防研究ー家族歴を有する幼児を対象にー
平成16年度 Behind Inclusive Education:A Comparative Study on the Perceptions of Japanese and Filipino Educators
平成16年度 日本におけるclutteringの教育的診断基準の検討
平成17年度 きょうだいの自閉症児・者に対する理解をめざした教育的支援に関する研究
平成18年度 通常教育における特別支援教育の実施に有効な情報提供のあり方に関する研究-ハンドブックに教員の需要を反映させるための方策の検討について-
平成19年度 重度・重複障害児の教育に関する現象学的研究ー重度・重複障害児における経験様式の意味理解を通してー
平成19年度 教育パートナーとしての特別支援学校の巡回型教育相談の有効性に関する研究‐インクルーシブ教育日本型モデルの構築をめざして-
平成19年度 東アジアにおける障害観と障害者への態度に関する比較研究ー中国・日本・韓国における障害観の文化的背景と現状を手がかりにして
平成21年度 A Study of Deaf Literacy: Investogating the Common Underlying Proficiency between Deaf Students ' First and Second Languages
平成22年度 個別の指導計画と個別化教育計画に関する比較研究-日本と韓国の違いに焦点を当てて-
平成23年度 特別支援学校(知的障害)高等部進路指導担当教員のコンピテンシーに関する研究-就業支援に関する知識・スキルに着目して-
平成24年度 特別支援教育コーディネータからの支援による学級担任の認知の変容に関する研究
平成25年度 盲字に対する点字読み指導に関する研究-点字読み熟達者の手の使い方の分析を通して-
平成26年度 特別支援教育における作業療法士と教員の協働に関する研究-評価と実践の発展-

このページのTOPへ