Topics
  • Otto Dopfer 教授(Technische Universitat Berlin,ベルリン工科大学)による講演会を行いました。(2013/8/26)

  • Geometric and Electronic Structure of Silicon- and Carbon-Containing Aggregates

  • Yuan-Pern Lee 教授(中央研究員原子分子科学研究所,台湾国立交通大学応用化学科)による講演会を行いました。(2013/8/13)

  • Detection of Reaction Intermediates Using Infrared Spectroscopy


  • アメリカ化学会広報誌、Chemical and Engineering News の2月25日号に、 構造物理化学研究グループと頭脳循環による戦略的若手研究者海外派遣プログラムで共同研究をしている米国パシフィックノースウエスト国立研究所Sotiris Xantehas 主任研究員との共同研究が紹介されました。
    研究内容は、有機化学の教科書で良く教わるSn2反応は水溶液中でほとんど進行しないことが良く知られていますが、 その理由を、分子クラスターを用いたレーザー分光研究と理論化学計算との共同研究で、はじめて分子レベルで明らかにしてものです。 この結果から、たった水分子が2、3個付くだけで、Sn2反応が阻害されることが明らかになりました。
    この研究はAngew. Chem. Int. Ed., DOI:10.1002/anie.201207697 に掲載されます。

  • 構造物理化学研究グループと、頭脳・z環若手研究者海外派遣プログラムで共同研究をしているスイスローザンヌ連邦工科大学との共同研究が ChemPhysChem.の2013年4月号に掲載されました(ChemPhysChem, 14, 649-660 (2013))。
    この論文はVery Important Paper (VIP)として扱われ、また研究内容がCover Page で紹介されています。

  • 江幡先生が、アメリカ化学会の国際雑誌Journal of Physical Chemistry A のEditorial Advisory Boardのメンバーに選出されました。(2013より2年間)

  • 森島史弥君(M2)が第9回ナノ・バイオ・イオフォ化学シンポジウム(東広島、2012/12/8-9)で「The Best Student Presentation Award」を受賞

  • Prof. Sandor Kunsagi-Mate (Pecs University) による講演会を行いました。(2012/9/13)
    "Weak molecular interactions -some models and applications-"
    講演の様子


  • Prof. Elliot R. Bernstein (Colorado State University) による講演会を行いました。(2012/1/23)
    "Neutral cluster studies of heterogeneous catalytic mechanisms and new systems"
    講演の様子



  • 江幡教授が国立交通大学(台湾)に招待され講演を行いました。(Dec.14-16, 2011)
    "Spectroscopic and Theoretical Study on the Structures and Dynamics of Encapsulation Complexes"
    "Time-resolved Study for the Ground and Electronic Excited State Dynamics of Gas Phase Aromatic Molecules"
    at Academia Sinica / Institute for Atomic and Molecular Sciences(中央研究院原子分子科学研究所・j
    ,National Tsing Hua University(国立精華大学)
    ,and National Chiao Tung University(国立交通大学)

  • 吉水稔君(M1)が第8回ナノ・バイオ・イオフォ化学シンポジウム(東広島、2011/12/10-11)で「The Best Student Presentation Award」を受賞

  • 土井啓右君(M2)が第5回分子化学討論会で優秀ポスター賞を受賞(2011/9/20-23、札幌)

  • 日下良二君(D3)が「広島大学エクセレント・ステューデント・スカラシップ」を受賞(2011/7/11)


  • 江幡教授が基調講演を行いました。
    "Spectroscopic and Theoretical Study on the Structures and Dynamics of Functional Molecules - Towards an Understanding of the Molecular recognition for Encapsulation Complexes"
    66th OSU International symposium on Molecular Spectroscopy, June 20-24, 2011, Columbus, Ohio.

  • Dr. Sotiris S. Xantheas (Pacific Northwest National Laboratory) による講演会を行いました。(2011/3/7)
    "The Performance of Density Functional Theory for Hydrogen Bonded Systems: Shortcomings and Solutions"
    講演の様子



  • 江幡教授が招待講演を行いました。
    "Frequency and Time domain Laser Spectroscopic Study on the Molecular Complexes and Functional Molecules in the Gas Phase"
    2010 International Chemical congress of Pacific Basin Societies, Session Title: Spectroscopic Probes of Intramolecular and Intermolecular Interactions in Molecules and Molecular clusters, Dec. 15-20, 2010, Honolulu, Hawaii.

  • 國分聡君(M2)および金子翔平君(M1)が第7回ナノ・バイオ・イオフォ化学シンポジウム(東広島、2010/12/4-5)で「The Best Student Presentation Award」を受賞

  • Angewandte Chemie International Edition に・f載
    "Remarkable Site Difference of Vibrational Energy Relaxation in Benzene Dimer: Picosecond Time-Resolved IR-UV Pump-Probe Spectroscopy"
    R. Kusaka, T. Ebata
    Angew. Chem. Int. Ed., 49, 6989-6992 (2010)

  • 江幡教授が招待講演を行いました。
    "Laser Spectroscopic and Theoretical Study on the Structure and Encapsulation Motif of Functional Molecules"
    8th International Conference of Computational Methods in Sciences and Engineering (ICCMSE 2010) Oct. 3-8, 2010, コス島(ギリシャ)


  • 江幡教授が招待講演を行いました。
    "Revealing the structure and dynamics of functional molecules"
    Molecular and Ionic Cluster Conference 2010 (MIC2010) Sept. 5-10 , 2010, Niigata, Japan


  • 日下良二君(D2)が第26回化学反応討論会でベストポスター賞を受賞(2010/6/2-4、広島)
    "Vibrational energy relaxation of benzene dimer studied by picosecond time-resolved infrared-ultraviolet pump-probe spectroscopy"

  • 江幡教授が招待講演を行いました。
    "Laser spectroscopic study on encapsulation structure of functional molecules in supersonic jets"
    239th National ACS Meeting, "Dynamics in Clusters and Floppy Systems: Mutual Tests between Theory and Experiment"
    March 21-25, 2010, Moscone Center, San Francisco, CA


  • 江幡教授が招待講演を行いました。
    "Laser spectroscopic study on encapsulation structure of functional molecules in supersonic jets"
    The 69th Okazaki Conference on "New Frontier in Quantum Chemical Dynamics"
    Feb. 21-23, 2010, Okazaki Conference Center



  • 日下良二君(D1)が第6回ナノ・バイ・I・イオフォ化学シンポジウム(東広島、2009/12/12-13)で「Student Award」を受賞

  • Prof. Klaus Muller-Dethlefs(University of Manchester)による講演会を行いました。(2009/5/28)
    "ZEKE Rydberg molecules in a crowd: A strongly-coupled, ultra-cold Rydberg plasma"


  • Prof. Hans Neusser(ミュンヘン工科大学)による講演会を行いました。(2009/3/26)
    "The effect of ionization on the conformational structure in flexible molecules: A combined high resolution and threshold ionization study"

  • 日下良二君(M2)が広島大学学長賞および理学研究科長賞を受賞(2009/3/23)

  • 吉田優也君(B4)が広島大学理学部長賞を受賞(2009/3/23)

  • 江幡教授が招待講演を行いました。
    "Laser spectroscopic studies on functional molecules"
    2009 Gordon research conference on electronic spectroscopy and dynamics
    July 19-24, 2009, Colby college, USA


  • Prof. James M. Lisy(University of Illinois)による講演会を行いました。(2009/2/20)
    "New insights into structure-dynamics relationships using cluster ions"
    集合写真


  • 小林悠亮君(M2)が第5回ナノ・バイオ・イオフォ化学シンポジウム(東広島、2008/12/13-14)で「The Best Student Presentation Award」を、日下良二君(M2)が「Student Award」を受賞

  • 学術論文雑誌の表紙に採用

    Phys. Chem. Chem. Phys., 2008, 10, 6238-6244
    (The image is reproduced by permission of the PCCP owner societies.)
    http://www.rsc.org/pccp/

  • Prof. Philippe Dugourd(リヨン大学 フィリップ・デュガール主任研究員)による講演会を行いました。(2008/10/22)
    "UV spectroscopy of gas phase proteins and metal cluster-peptide hybrids"

  • Prof. Jacqueline Fayeton(パリ南大学 ジャクリーヌ・ファイトン教授)による講演会を行いました。(2008/10/16)
    "Photo-fragmentation of protonated biomolecules investigated by coincidence detection of neutral and ionic fragments"

  • 日下良二君が第2回分子化学討論会@福岡で優秀講演賞を受賞

  • 米国科学アカデミー紀要に掲載
    “Relaxation dynamics of NH2 stretching vibrations of 2-aminopyridine and its dimer in a supersonic beam.”
    Y. Yamada, N. Mikami, and T. Ebata
    PNAS, 105, 12690-12695 (2008)


  • 江幡教授が平成19年度日本化学会学術賞を受賞

  • 江幡教授が第6回広島大学学長賞を受賞

  • 日下良二君が第4回Nabit化学シンポジウム@広島大学で学生賞を受賞

  • 井口准教授が2007年日本化学会西日本大会@岡山で依頼講演を行いました。(2007/11/10-11)
    "分子クラスターイオンの赤外光解離分光"

  • 江幡教授が第1回分子科学討論会@仙台で招待講演を行いました。(2007/9/16-21)
    "機能性分子の超音速ジェット分光 -新たな機能の発見を目指して-"

  • 江幡教授がSecond Russian -Japanese Seminar, Molecular and biologial magnetoscience (オレンブルグ、ロシア) で招待講演を行いました。(2007/9/11-14)
    "Laser spectroscopic study on the conformation and the encapsulation of functional molecules in supersonic jets"

  • Prof. Christophe Jouvet, Prof.Claude Dedonder-Lardeux(Unicersite de Paris-Sud)が研究室に滞在され(2007/8/27-2007/9/8)講演会を行いました。(2007/9/7)
    "Unravelling the Photofragmentation of Protonated Tryptophan"

  • 江幡教授がLALS2007@モスクワで招待講演を行いました。(2007/6/11-14)
    "Conformation and photodynamics of amino acids and their hydrated clusters studied by time and frequency domain spectroscopy"

  • 東北大学の美斎津文典准教授が講演会を行いました。(2007/5/17)
    "異性体分離された気相クラスターイオンの分光と動力学研究"

  • 学術論文雑誌の表紙に採用

    Phys. Chem. Chem. Phys., Vol. 9, Issue 32 (2007), p.4452-p.4459
    (The image is reproduced by permission of the PCCP owner societies.)
    http://www.rsc.org/pccp/

  • 江幡研発足当時から研究室を支えてきた山田勇治君が日本学術振興会特別研究員(PD)として神戸大学へ移籍しました。(2007/3/28/)

  • Prof. Otto Dopfer(Univ. of Wuerzburg)が研究室を訪問されました。(2007/3/12/)

  • Dr. Sotiris Xantheas(Pacific Northwest National Lab.)が研究室を訪問されました。(2007/3/8/)

  • 江幡教授がサタケ技術振興財団の研究成果発表会で講演を行いました。(2007/3/7/)

  • 学術論文雑誌の表紙に採用

    Phys. Chem. Chem. Phys., Vol. 9, Issue 10 (2007), p. 1170..
    (The image is reproduced by permission of the PCCP owner societies.)
    http://www.rsc.org/pccp/


  • 伊東孝文君がNabit化学シンポジウム@広島大学で学生賞を受賞(2006/12/17/)


  • 学術論文雑誌の表紙に採用

    Phys. Chem. Chem. Phys., Vol. 8, Issue 41 (2006), p. 4783.
    (The image is reproduced by permission of the PCCP owner societies.)
    http://www.rsc.org/pccp/

  • Prof. Elliot R. Burnstein(Colorado State Univ.)が1ヶ月ほど研究室に滞在されました(2006/3)

  • Home