HOME > 総合案内 > 沿革
総合案内
沿革 -創設の趣旨-

幼年教育研究施設

教育学ならびに心理学の立場から幼年教育の総合的・実証的研究を推進するため、昭和41年4月文部省令第22号(国立学校設置法施行規則の一部改正)により、広島大学教育学部に設置された。

年譜

昭和41年(1966年)4月 広島大学教育学部附属幼年教育研究施設(幼児教育学部門)が設置された。
広島大学教育学部附属幼稚園(昭和53年4月より広島大学附属幼稚園)が設立された。
昭和46年(1971年)4月 幼年教育研究施設に幼児心理学部門が増設された。
昭和50年(1975年)5月 広島大学大学院教育学研究科に、幼児学専攻(修士課程)が新設された。
昭和54年(1979年)10月 育児・保育相談室が幼児学関係研究棟内に開設された。
平成1年(1989年)4月 広島大学教育学研究科に、幼児学専攻博士課程が新設された。
平成1年(1989年)9月 東広島市統合移転地に移転を完了した。
平成2年(1990年)3月 幼年教育研究施設の移転に伴い、附属幼稚園が東広島市統合移転地に移転を完了した。
平成9年(1997年)4月 専攻名を幼年期総合科学に変更
平成12年(2000年)4月 教育学研究科改組に伴い、幼年期総合科学専攻が、大学院教育学
研究科博士課程前期教育学専攻および心理学専攻、大学院教育学
研究科博士課程後期教育人間科学専攻となる。
平成28年(2016年)4月 教育学研究科改組に伴い、博士課程後期教育人間科学専攻が、博士課程後期教育学習科学専攻となる。

PAGE TOP