HOME > OB/OGの声 > 研究者への道
OB/OGの声
研究者への道

ソウル神学大学校保育科 教授 玄正煥

<幼研での大学院生活を振り返って>

 私は1989年幼研の博士課程の第1期生として入学し、1993年3月修了と同時に本国(韓国)に帰りました。4年間の幼研での生活は、人生のどの時期よりも私の価値観や研究者としての心構え、研究力などに最も影響を与えた時期だったと思います。 幼研での大学院生活を振り返ってみますと、何よりも先生たちの顔が浮かび上がります。私の指導教官であった祐宗先生の仕事への情熱と研究へのエネルギーは決して忘れることができません。懇親会の時にWほうれん草をよく食べるようにWと学生たちにおっしゃった森先生のお話は今も心に刻んでおり、うちの学生たちにもたまに心の戒めとして言っています。幼児保健学演習の授業ではWあなたの話は何を言ってるのか全然わからないWと言われたことで、清水先生はちょっとコワイなという感じもありますが、お会いしたいですね。子どもの社会性について共同研究もさせていただき、広島へ帰る時の汽車の中でいろいろな話をしながらまるで友だちのように私に接してくださった山崎先生に感謝の気持を感じています。いつも心優しく接してくださった鳥光先生や井上先生にもありがたく思っています。同期である湯澤先生と七木田先生の卓越な研究力にはいつも感心し、私はいくら努力すればあ〜なれるかなと思ったこともあります。今考えてみると、当時先生たちをはじめ、同期や後輩たちの支えなしでは日本での博士課程を修了することができなかったと思います。その恩返しをしなきゃと思うこのごろです。韓国へいらっしゃる時は是非ご連絡ください。有益な訪問になるようにできるだけの協力をします。

<韓国での生活>

 1993年3月に博士課程の修了と同時に韓国へ帰国し, 非常勤4年の過程を経て97年の9月に今の学校(ソウル神学大学校)に就きました。学校の歴史は2011年に開校100年になるくらい割合と長いですが、その規模は8つの学科と大学院を含めて4千人の学生を越えない小さいです。私の所属している保育科は280人の学生(一学年70人)がおり、ほとんどの学生は卒業後保育士を目指して勉強しています。私の担当科目は、心理学概論、幼児心理学、児童臨床心理学、カウンセリング心理学などを主に教えています。最近の学生たちは児童臨床に関心を持ち、卒業後は保育士以外に児童臨床心理士になりたがっている人も多くなっています。

ソウル神学大学校保育科 教授 玄正煥

香川大学教育学部講師 松井剛太

<幼研での大学院生活を振り返って>

 私は幼年教育研究施設に6年間在籍しました。出生した赤ちゃんが小学校に上がるまでを丸々費やした計算になりますね。そして今、私は小1プロブレム、ならぬ教(職)1(年目)プロブレムの最中です。…というのは嘘で、幼研で学んだことが根を生やし、(あくまで自覚では)問題を起こすまでには至っていません。 私の大学院生活を支えていたのは、「憧れ」でした。常に周囲の誰かに憧れ、むっつりと観察し、何かしら盗みとろうとしていたように思います。論文やテキストの執筆、学会での発表、講演での立ち振る舞い、保育所や幼稚園の先生との接し方、お酒の飲み方、失恋から立ち直る方法、すべてが今につながっています(つなげたくないものもありますが…)。 それだけ先生をはじめ、先輩、同期、後輩に恵まれていた環境であったことを改めて実感しています。幼年教育研究施設には、幼児教育学と幼児心理学の2つの講座があるという特質性も、その環境づくりに欠かせなかったと思います。幼研の環境で生活したこと、それが「大学人」としての意識や態度を学ぶことになったのだと思っています。

<現在の職場での仕事内容>

 香川大学教育学部で講師をしています。大学院では、保育学(家政領域)、学部では発達臨床コースを担当しています。講義は、保育学概論、小児発達論、家庭援助論など、幼研では必ず一度は耳にしたことのあるテーマを担当しています。また、ゼミでは学部生の卒業論文の指導をしています。 身近には、附属幼稚園や附属小学校があり、実際に子どもと関わり、観察しながら研究をしています。学生を連れていくこともありますが、指導される側から指導する側になったことで、マクロな視点から研究を見られるようになったと思います。

家庭科教育論の授業にて
 ○家庭科教育論の授業にて

PAGE TOP