m186552@hiroshima-u.ac.jp ニュースと写真

広島大学 大学院理学研究科 物理科学専攻

加藤盛也 君が,卒業論文発表優秀賞と理学部および物理科学科の成績優秀賞をトリプル受賞!!! (2018/3/23)


加藤盛也 君が,理学部および物理科学科の成績優秀賞,さらに卒業論文発表優秀賞のトリプル受賞を成し遂げました.複数の成績優秀賞と卒業論文発表優秀賞の同時受賞は電子物性研究室で初めての快挙です.加藤君の卒業論文のタイトルは,「時間分解蛍光XAFSによる交流電場下でのBaTiO3の誘電応答」でした.加藤君,おめでとう!!!

甲佐美宇さんが,創発的物性物理研究拠点の第1回国際ワークショップ ECMP2018で ベストポスター賞を受賞 ! (2018/3/6)


甲佐美宇さんが,広島大学の創発的物性物理研究拠点第1回国際ワークショップ ECMP2018において,英語ポスター発表を行い,会議に参加した国内外の招待講演者による審査の結果,ベストポスター賞を受賞しました.講演タイトルは"XAS study on magnetovolume effect of Fe72Pt28 Invar alloy under high pressure" でした.甲佐さん, おめでとう!

圓山裕 教授の最終講義 (2018/2/21)


電子物性研究室を17年間主宰された圓山裕教授の最終講義が理学研究科のE002教室で行われました.講演タイトルは「放射光と磁性研究(H&M)」でした.放射光を軸とした先生の研究生活をたくさんの図面や写真とともに振り返るご講演でした.多くの教員,学生に参加いただき盛会となりました.

加藤盛也 君が,強的秩序とその操作に関わる研究グループ 第6回 研究会 最優秀ポスター賞を受賞 ! (2018/1/4)


加藤盛也 君が東大の本郷キャンパスで開催された「強的秩序とその操作に関わる研究グループ 第6回 研究会」において 最優秀ポスター賞を受賞しました.講演タイトルは「マルチフェロイック物質BiFeO3-BaTiO3混晶系の局所構造と電子状態」です.おめでとう!

芦聡君が「広島大学エクセレント・スチューデント・スカラシップ」成績優秀学生として表彰されました! (2016/12/16)


芦聡君が平成28年度「広島大学エクセレント・スチューデント・スカラシップ」成績優秀学生として表彰されました! 昨年に続き、電子物性研究室二人目の快挙!

第5回「XAFS夏の学校2016」にて、横山渓君がポスター賞を受賞 (2016/9/27)


第5回「XAFS夏の学校2016」にて、M1の横山渓君がポスター賞を受賞しました。おめでとう。今後のさらなる活躍を期待します。受賞者が発表されたHPはこちら

第13回日露強誘電体会議(2016 Joint RCBJSF-IWRF Conference)にて,小野颯太君がYoung Scientist Awardを受賞 (2016/6/22)


第13回日露強誘電体会議(2016 Joint RCBJSF-IWRF Conference)にて,M1の小野颯太君がYoung Scientist Awardを受賞しました。ポスターのタイトルは、「Electric Field Response of BaTiO3 Film studied by Time-Resolved X-Ray Absorption Spectroscopy」です。おめでとう。受賞者が発表されたHPはこちら

 第20回広島放射光国際シンポジウムにおいて,藤井香奈子さんがBest Student Poster Awardを受賞! (2016/3/10)


第20回広島放射光国際シンポジウム(The 20th Hiroshima International Symposium on Synchrotron Radiation)において,M2の藤井香奈子さんががBest Student Poster Awardを受賞しました.ポスターのタイトルは,「XAS study of hydrogenation properties of Pd-TM alloys」です.おめでとう! 受賞者が発表されたHPはこちら

日本物理学会の領域10において,川上修平君が学生奨励賞を受賞! (2016/1/12)


日本物理学会2015年秋季大会の領域10(構造物性(誘電体, 格子欠陥・ナノ構造, X線・粒子線, フォノン物性))において,D3の川上修平君が学生奨励賞を受賞しました.おめでとう! 受賞者が発表されたHPはこちら

川上修平君が「広島大学エクセレント・スチューデント・スカラシップ」戌績優秀学生として表彰されました! (2015/12/27)


川上修平君が平成27年度「広島大学エクセレント・スチューデント・スカラシップ」戌績優秀学生として表彰されました! この制度は,広島大学において学業成績,学術活動等において優秀と認められる学生に対して,積極的に修学費支援を行う大学独自の奨学制度です. 学生の勉学意欲の向上,優秀な人材の輩出などを図ることが目的だそうです.おめでとう! スカラシップのHPはこちら

H26年度卒業論文発表会において,森合海瑠君が卒業論文発表優秀賞受賞! (2015/3/23)


H26年度卒業論文発表会において,森合海瑠君が卒業論文発表優秀賞を受賞しました.おめでとう! 発表タイトルは「陽極酸化法によるTiO2ナノチューブの作製と光触媒効果の検証」でした.受賞者が発表されたHPはこちら

放射光学会(JSR2015)において川上君が学生発表賞受賞! (2015/1/10-12)


立命館大(草津キャンパス)で行われた放射光学会(JSR2015)において,D2の川上修平君が学生発表賞を受賞しました.おめでとう!発表タイトルは「共鳴X線発光分光法を用いた量子常誘電体SrTiO3の局所分極観測」でした.受賞者が発表されたHPはこちら

水素化物に関わる次世代学術・応用展開研究会でポスター賞受賞! (2014/10/21-22)


東北大金研(仙台)で行われた水素化物に関わる次世代学術・応用展開研究会(日本金属学会の研究会)で藤井香奈子さん(M1)がポスター発表の優秀賞を受賞しました.おめでとう!(写真は発表中の藤井さん)

JKC-FE10 satellite program: Summer School for Young Scientists (2014/8/20-22)


JKC-FE10のサテライトとして行われたで夏の学校で天場千覚君(M1)が優秀発表賞を受賞しました.おめでとう! 右はアロハシャツの黒岩先生による表彰状授与式の写真です.

The 10th Japan-Korea Conference on Ferroelecrics (2014/8/17-20)


広島国際会議場で行われた誘電体に関する国際会議「The 10th Japan-Korea Conference on Ferroelecrics (JKC-FE10)」で川上修平君(D2)が優秀発表賞を受賞しました.おめでとう!(写真右から3人目)

高圧討論会@新潟  (2013/11/14-16)


佐田祐介君が「X線吸収分光法によるFeの準静水圧下で力誘起相転移機構の研究」の発表でポスター賞を受賞しました.

秋のソフトボール大会  (2013/10/26)


なんと,下位リーグ優勝です!!

ゼミ旅行  (2013/9/3-4)


今年は愛媛県西条市です.潮流体験,アサヒビール工場で楽しみました.

ソフトボール大会  (2013/5/12)


なんと,下位リーグ準優勝です!!

2012年度学位授与式  (2013/3/23)


研究室から8名が新しい門出(新社会人,修士課程・博士課程への大学院進学)を迎えます.

2012年度ゼミ旅行 世羅ワイナリー 他 (2012/9/6)


(左上)世羅ワイナリーの白壁の前で全体写真
(左下)八田原(はったばら)ダムにて.突然の雨にもめげず楽しく見学しました.

HiSOR BL-7での紫外線照射下光電子分光実験 #2


紫外線照射によって緑色に発光するSrTiO3単結晶

2012年度日韓 student ワークショップ@Hiroshima


M1の有塚あすかさんが英語で研究成果を発表しました.(2012/8/31)

HiSOR BL-7での紫外線照射下光電子分光実験 #1


真剣です

2011年度日韓 student ワークショップ@Busan


M1の川上修平君(右から2人目)がベストプレゼン賞(2011/9/30)

2011年度ゼミ旅行


石見銀山としまね海洋館アクアスに行きました.アクアス近くの日本海をバックに集合写真(2011/9/2-3)

PFでのBaTiO3の発光分光実験


CTピークの温度変化を狙います

圧力下での電気抵抗率測定


研究室で圧力下の電気抵抗測定が立ち上がりました.

電気抵抗測定用の圧力セル(DAC)


配線の絶縁処理が重要な,とても細かな作業です.

BARC(インド)でのAIRAPT23国際会議


AIRAPTは高圧に関する世界規模の国際会議です.開催地のインドは人人人の活気あふれる刺激的な土地でした.

電場印加を可能とする発光分光用試料ホルダー


真空中でのサンプル脱着と電場印加を両立させた画期的サンプルホルダーです.

物材機構@つくば市での水素充填作業


DAC中への高圧水素の充填は,全国でここと阪大極限センターのみです.安全のため充填作業は野外で行われます.