ホーム地球科学一般

化学分析とは(Chemical Analysis)

リンク分析法機器分析危険要素不確かさ溶存態と懸濁態分離法フィルター

 物質(Substance)は何らかの元素(Element)から構成されており、一般には複数の元素が含まれるため、それらの元素の種類(Kind)量比(Quantitative Ratio)を決定することは、化学組成(Chemical Composition)を決定することでもある。化学組成を測定することを化学分析(Chemical Analysis)と呼ぶが、元素の種類だけを決定する場合は定性分析(Qualititaive Analysis)と言い、それらの量比も決定することは定量分析(Quantitative Analysis)と言う。得られた結果は元素組成(Element Composition)とも呼ばれる。岩石および鉱物(Rock & Mineral)の場合には、酸素(Oxygen)は分析せずに、陽イオン(Cation)を作る元素に対してその電荷(Charge)を中和する量の酸素イオン(Oxygen Ion)を仮定して、酸化物(Oxide)としての量で表わすのが普通である。
 さらに一般的には、物質を構成する化学種〔Chemical Species:化合物(Chemical Compound)または分子(Molecule)またはイオン(Ion)など〕が複数含まれる場合には、特定の化学種の化学分析が行われることが多い。この場合にも、化学種の種類だけを決定する場合は定性分析と言い、その量も決定することは定量分析と言う。
 近年は、元素単位ではなく、同位体(Isotope)単位(ただし特定の元素のみ)でも化学分析が行われることも普通になってきた。
 分析手法は様々な機器分析法(Instrumental Analysis Method)が用いられている。

全般 分析法 自然環境 環境汚染 その他
  • 分析法全般は『XRF
    のページを参照。
    XRFは『XRF』のページを参照。
  • ICPは『ICP』のページを参照。
  • 表面分析全般は『EPMA』のページを参照。
    EPMAは『EPMA』のページを参照。
  • 質量分析は『安定同位体地球化学』のページを参照。
  • クロマトグラフィーは『クロマトグラフィー』のページを参照。
  • リンの化学分析については『リン』のページを参照。

リンク

全般 機器類 分析法 その他
分析化学

組織・機関

分離法
不確かさ
分析機器

実験器具
メンブレンフィルター

クリーンルーム
純水製造超純水

水の化学分析
ICPおよびICP-MS

クロマトグラフィー
HPLC
環境分析
2価の鉄
湿式化学分析
真空技術

データベース

その他

【分析化学】

【組織・機関】

【分離法】

【不確かさ】

【分析機器】

【実験器具】

【メンブレンフィルター】(Membrane Filter)

【クリーンルーム】

【純水製造】

【超純水】

【水の化学分析】

【分析法】

【ICPおよびICP-MS】〔Inductively Coupled Plasma、高周波誘導結合プラズマ(ICP発光分光分析):ICP Mass Spectrometry(ICP質量分析法)〕

【クロマトグラフィー】

【HPLC】(High Performance Liquid Chromatography、高速液体クロマトグラフィー)

【環境分析】

【2価の鉄】

【湿式化学分析】

【真空技術】

【データベース】

【その他】

分析法

2011|2012|2013

【2013】

【2011】

機器分析

1996|1997|1998|−|2010|−|2013

【2013】

【2010】

【1998】

【1996】

危険要素

1999

【1999】

不確かさ(uncertainty)

2006

【2006】

溶存態(dissolved)と懸濁態(particulate)

2010

※現実的には、市販の入手できるメンブレンフィルター(メンブランフィルター、Membrane Filter)の最小孔径が0.2μm(1マイクロメートル=10-6メートル)または0.45μmの場合が多いので、これらのサイズが溶存態と懸濁態の区別に用いられる場合が多い。しかし、これら以外のサイズが用いられる場合もあり、注意が必要である。

【2010】

分離法

2010

【2010】

フィルター

2010

【2010】


ホーム