ホーム資源一般

土壌資源(Soil Resource)

リンク世界土壌照合基準土壌資源図

 土壌(Soil)は、地表に存在する岩石(Rock)を構成する鉱物(Mineral)風化作用(Weathering)生物の働き(Organism Action)を受けて形成されたもので、その厚さは非常に薄い(狭義の土壌の厚さは平均約1メートル程度と推定されている)。とくに植物(Plant)にとっては不可欠のものである。従って、農産物(Crop)等のための農業(Agriculture)および森林等の林業(Forestry)にとってはその存在と性質は非常に重要である。世界的に、土壌資源(Soil Resource)という捉え方はあまり行われていないが、国連(United Nations)は重視している。
 近年は、土壌汚染(Soil Pollution)も進行しており、これは地下水(Groundwater)河川水(River Water)水質汚染(Water Pollution)に影響を及ぼすために注目しておく必要がある。
 地球環境問題(Global Environmental Issue)における、砂漠化(Desertification)森林減少(Deforestation)地球温暖化(Global Warming)などは特に土壌問題に関連しており、土壌の流失と汚染(Soil Erosion & Pollution)は、大きな問題となってきている。

リンク

全般 分類 農地 林地 その他
リンク

学協会

全般
世界土壌照合基準 畑土壌

水田土壌
森林土壌 肥料

その他

【リンク】

【学協会】

【世界土壌照合基準】(および世界の土壌分類)

【全般】

【畑土壌】

【水田土壌】

【森林土壌】

【肥料】

【その他】 

世界土壌照合基準

1998|1999|2000

【2000】

【1998】

土壌資源図

2003|−|2011

【2011】

【2003】


ホーム