学部公開

2009年11月8日(日)

 学部公開で何か展示しろとの、依頼を受け、迷ったあげくに「広島なら牡蠣でしょう」と考え、「食べておいしい、見てびっくりの広島のカキは日本一」と題して、引き受けることにしました。音戸のカンバラ水産さんのご好意で稚貝のついたコレクターと成ガイを提供していただきました。

 広島の牡蠣はもっと宣伝しなければなりませんね。今回も何か紹介用のパンフレットでもあれば配布しようと聞いてみたのですが、ありませんでした。予算がないのですかね。安全性を啓蒙したり、調理の仕方などを分かりやすく紹介したら、多少とも需要が増すのではないかと思いました。

いろんな種類のカキの展示と顕微鏡観察
カキの種苗は天然であることを知らない人が多かった
繊毛運動による摂餌の機構と、心拍動を見てもらいました
地元のメディアも来ましたが見ただけでした。残念!

これで当分は担当しなくてすみます。由歩君協力をありがとう。

ポスターは全部彼女が作ってくれました。