魚類生理学研究会

2009年12月19日(土)・20日(日)

 恒例の魚類生理学研究会、今年は下関の水産大学校で開催されました。本来ならうちで開催しなければならなかったのですが、諸般の事情により辞退。鹿児島大、福山大、電中研、ヤンマーそして広島大が参加。長崎大が来なくて、少し寂しい感じ。

ぴかぴかの新築校舎の教室が会場でした。

水大校は元気です。どんどん新築と改修が行われています。

開会前に山元先生の実験室を見せていただきました。

大変参考になりました。イクバルさんも興味津々でした。

ヤマゲン研究室の主な研究材料は二枚貝です。
教授自ら切るパラフィンブロックの大きさはなんと2cm x4cm
山元教授と川村教授の技術交流
久しぶりに歓談するイクバルさんと難波先生

研究会後の懇親会では、テッサの大皿など、フグ尽くしのご馳走でした。

次回は鹿児島大学の予定、だが海外での可能性も・・・