これまでの卒業論文題目

平成21年度 卒業論文題目

学生氏名
卒論題目
岡村明典

フグ類の特異的な脳と脊髄形態に関する組織学的研究

古矢健一郎

ベタにおける脳構造の雌雄差に関する研究

山田康生
アユの血球組成と内臓諸器官の季節変化に関する組織学的研究 

平成20年度 卒業論文題目

学生氏名
卒論題目
徳留剛彦

フナとキンギョの脳内オピオイド受容体遺伝子のクローニング

中上 亮

アユ脳内にニューロンの成熟にともなう形態変化

平成19年度 卒業論文題目

学生氏名
卒論題目
大野寛人

mtDNA解析による日本産フナ属分類体系の再検討

佐藤奈津子

キンギョ脳におけるニューロン数の測定

吉田由歩
ウナギの遊泳中枢に関する組織学的研究

平成18年度 卒業論文題目

学生氏名
卒論題目
坪井風美

呼吸運動を指標とした古典的条件付け反応計測

中西恵美

サケ・アユの産卵後斃死の原因究明

平野瑠里子
キンギョ小脳ニューロンの電気生理学的研究
廣本 啓
フナとキンギョにおける情動性の違いの原因となる脳内発現遺伝子の探索

平成17年度 卒業論文題目

学生氏名
卒論題目
田中健一

硬骨魚類小脳出力細胞の系統進化に関する基礎的研究

中原昌子

感覚刺激に対する脳内ニューロンの反応

橋田大輔
太平洋サケの産卵前後における脳細胞の形態変化
福庭 実
ブラックバス脳の成長にともなう形態変化
 

平成16年度 卒業論文題目

学生氏名
卒論題目
小林信貴

局所脳刺激による魚類の運動誘起

竹迫 隼

真骨魚小脳の起源を古代魚の脳に探る組織化学的研究

福田泰弘 魚類における脳内ニューロン活動の記録・解析に関する技術的検討
星合大介 闘魚ベタ闘争中枢の同定に関する分子生物学的・組織化学的研究
前田みどり egr-1遺伝子の発現を指標とした魚類遊泳の基盤にある脳機能に関する研究
村上典弥 フナとキンギョの情動性に関わる脳内発現タンパク質についての分子生物学的研究
 

平成15年度 卒業論文題目

学生氏名
卒論題目
藤原麻紀

魚類遊泳中枢ニューロンの形態と神経伝達物質

溝邊久美子

c-fos遺伝子の発現を指標とした魚類の脳機能の解明

 

平成14年度 卒業論文題目

学生氏名
卒論題目
築田淳爾

不動化キンギョ小脳ニューロンからの細胞外記録法に関する研究

宮井佑宜

コイの内側縦束核ニューロンの形態と伝達物質

 

平成13年度 卒業論文題目

学生氏名
卒論題目
大内邦生

キンギョの道具的条件づけにおける小脳の役割

岡村和泉

古典的恐怖光条件づけにおける小脳の役割

佐々木 綾

マガキ鰓組織に及ぼす残留塩素の影響

永田未夕紀

キンギョにおける古典的恐怖光条件づけの手法の検討

名越梓子

超高圧が二枚貝に及ぼす影響

西原孝裕

魚類ChAT遺伝子のクローニングと発現に関する研究

森 佳津子

環境条件によるヒラメの成熟・産卵の制御

 平成12年度 卒業論文題目

学生氏名
卒論題目
岡いづみ

魚類の情動反応性と脳内アミンレベル

岡積真理

人工飼料によるアコヤガイの飼育

小園恵奈

キンギョc-fos遺伝子のクローニングと発現に関する研究

古野小百合

魚類ChAT遺伝子のクローニングと発現に関する研究

立町由紀

魚類における新規神経トレーサーの開発と応用

中神秀一

人工マダイの嗅覚に関する研究

松本憲尚

キンギョ自由行動中における小脳ニューロン活動

平成11年度 卒業論文題目

学生氏名
卒論題目
川那 公士

人工ヒラメ稚魚の潜砂

大隅 清明

マガキの生理機能に及ぼすHeterocapsa circularisquamaの影響

細川 暁子

キンギョ脊髄運動ニューロンの逆行性標識法に関する研究

黒木 善之

魚類の胸鰭運動筋の神経支配に関する研究

戸畑 佳奈

新奇場面におけるギンブナの情動反応性に関する研究