植松 一眞 (うえまつ かずまさ)

水族生理学研究室教授


南西諸島海上においてトビウオの飛翔を撮影しているところ(99年4月)
【略歴】
1952年 滋賀県生まれ(誕生日:8月24日)
1975年 東京大学農学部水産学科卒業
1978年 東京大学大学院農学研究科中退
1978年 広島大学水畜産学部(生物生産学部)助手
1987年 広島大学生物生産学部助教授
1995年 広島大学生物生産学部教授
2001年 広島大学大学院生物圏科学研究科教授(生物圏共存科学専攻)
2006年 広島大学大学院生物圏科学研究科教授(生物資源科学専攻) 

			
【専門分野】 魚類生理学・魚類神経生理学
【現在の研究テーマ】 “魚類遊泳運動の神経基盤” 魚のほとんどは体側筋の波状運動により泳ぎます。遊泳のリズムは脊髄内に連なるリズム生成回路(central pattern generator, CPG)により作られると考えられています 。この回路の仕組みはヤツメウナギXenopus幼生で調べられています。リズム生成回路は脳からの指令や体表などからの感覚刺激により駆動し、リズムを作ります。コイなどの真骨魚の場合、脳からの指令は中脳後部にある内側縦束核が出すと考えられています。 ・魚類の遊泳中枢に関する研究 ・魚類の脊髄内ニューロンに関する組織化学的研究 ・魚類の脊髄内神経回路網に関する電気生理学的研究(吉田先生との共同研究) ・魚類の神経系関連遺伝子に関する研究 ・魚類中枢神経系の発達に関する研究
【学部、大学院での担当講義、実験科目名】 ・魚類生理学(2年次生) ・海洋動物生理学(3年次生) ・基礎生物学実験(2年次生) ・水族生理学実験(3年次生) ・魚類神経生理学(大学院1年次生)
【所属学会】 日本水産学会1976年4月 日本魚類学会 1976年4月 日本動物学会 1981年6月 日本比較生理生化学会 1980年10月 日本神経科学学会 1997年
【指導教官を勤めた修士課程学生】
【業績】
【研究経費】
植松一眞 〒739-8528 東広島市鏡山1丁目4−4 広島大学生物生産学部 電話  0824-24-7943 ファックス 0824-24-0790 電子メール uematuk*hiroshima-u.ac.jp
Kazumasa Uematsu Faculty of Applied Biological Science Hiroshima University 4-4 Kagamiyama 1-Chome, Higashi-Hiroshima 739-8528 Phone 0824-24-7943 Fax 0824-24-0790 email uematuk*hiroshima-u.ac.jp
ここをクリックすると、研究室メンバーにもどる。