タイ研修<第2日> 学校訪問
2018.01.05

2日目の朝は,各自で朝食を済ませて,7時40分にホテルを出発しました。
8時にチュラロンコン大学の附属学校に到着すると,Pornporm校長先生から歓迎の挨拶と,出発前から連絡を取り合っていた,Warabet先生から日程の確認と学校についての簡単な説明がありました。その後,生徒は4つのグループに分かれてそれぞれ英語の授業に参加しました。自己紹介の時間をとっていただいたり,テキストを見せてもらったりしながら現地の高校生と同じ目線で授業を受けさせて頂きました。参加した授業によっては,先生から意見を求められた生徒もおりとても充実した時間となりました。
2時間目は,文系で日本語を専攻している同学年の日本語の授業に参加させていただきました。ここでは,5つのグループに分かれてタイの伝統文化,タイの観光地,タイの折り紙などをテーマに,英語を織り交ぜながらも日本語を中心に説明してくれました。また,当校の生徒たちは個人研究に関するアンケートやインタビュー調査を実施する時間にもなりました。
3時間目は,高校3年生に当たる学年の日本語の授業に参加しました。はじめにスライドを用いて学校紹介の発表をしてくれましたが,とても流暢な日本語に生徒はとても驚いた様子でした。その後,実際に様々な学校施設を案内してもらいました。授業後の休憩時間には,当校の生徒がけん玉を披露して一緒に挑戦したり,お茶をたてる道具を日本からわざわざもってきてくれた生徒が,抹茶と和菓子をご馳走したりして楽しい時間を過ごすことができました。
昼食は,学校の給食をご馳走していただきました。その後,Warabet先生と質疑応答の時間で訪問は終了の予定でしたが,ワゴン車を2台と案内をしてくれる大学生4人を紹介していただいて,急遽大学のキャンパスツアーも行ってくださいました。
午前中は,チュラロンコン大学の附属学校の授業を3時間も体験することができました。当校と同じくチャイムがならない環境で学校生活を送る生徒は,授業の中で自由闊達に発言したり,当校生徒の訪問に合わせて自主的に様々な企画をしてくれたりした姿に,当校の校風である「自由・自主」と同じものを感じました。

2018.01.05 13:00 | 固定リンク | 行事

- CafeNote -