タイ研修<第4日> 帰国
2018.01.07

4日目は,初日とは逆の日本に戻る移動の1日です。
朝食をすませ,最後にホテルのロビーで集合写真を撮り,8時にホテルを出発しました。空港での搭乗手続きは順調に進み,飛行機は定刻より20分遅れで台湾に向けて出発。台湾にはほぼ予定より5分遅れで到着しました。快晴で28度のバンコクから,雨で気温18度の台北に降り立ち,広島行きの飛行機の出発を待ちます。

行きとは違い,台北でのトランジットの時間が短く空港内の移動も含めて手続きだけでもゆっくりしていられない中,添乗員の田中さんの誘導で素早く手続きを済ませ流ことができ,40分ですが台北での買い物の時間を取ることができました。前日30度を超える屋外を散策していたので,18度の台北でも肌寒さを感じるくらいでした。広島には日本時間でおよそ20時40分に到着予定です。

台北から広島空港に向けた機内では,研修に疲れを癒しつつも,しおりの振り返りを記入する生徒や始業式を間近に控え,冬休みの課題に取り組む生徒の姿も見られました。広島空港に近づいたことを伝える機内でのアナウンスでは,「空港周辺の気温4度」という案内もあり,それには生徒も驚いた様子でした。
広島空港には,ほぼ定刻通りに到着しました。空港には,保護者や家族の方や副校長先生が出迎えてくださり,その中で解団式を行いタイ研修の全日程を終了しました。今後生徒は,現地調査をもとに事後の活動も充実させて個人の研究をレポートの形にまとめていきます。また,研修全体の活動を学年全体の前と,1〜5年生が参加する「SGH成果発表会」の2つの場で報告・発表します。それに向けて,10人で協力して準備を進めて行きます。
2018.01.07 23:00 | 固定リンク | 行事

- CafeNote -