オリーブ祭
2018.04.13
オリーブ祭は,本校の新入生歓迎行事です。新入生以外にとっても,新しいクラスメートと仲良くなる良い機会となっています。





午前中は,開会式の後,親睦競技である「大繩」が行われました。大繩の写真は1年生です。写真では小さくてわからないかもしれませんが,今年から体操服が変わっています。



昼休みにはクラブ実演があり,午後からは体育館でクラブCM,最後に体育祭の應援団の団結式が行われました。
今年の第69代應援団のテーマは「光 一瞬の輝き 永遠の思い出」です。
新入生のみなさんは,附属福山の伝統を感じた一日にもなりました。
2018.04.13 17:00 | 固定リンク | 行事
入学式
2018.04.10
2018年度の入学式を挙行しました。
今年は桜が早く咲いてしまったのが残念でしたが,晴天の中での入学式となりました。
開式の辞,国歌斉唱に続き,入学許可宣言では2018年度 広島大学附属福山中学校入学者122名,広島大学附属福山高等学校201名が呼名され,学校長より入学が許可されました。
新入生の皆さんは,広島大学附属福山中・高等学校の一員となったことに誇りと責任を持ち,今日からの学校生活を充実したものにしてください。
2018.04.10 12:30 | 固定リンク | 行事
始業式,離任式,新教職員就任式
2018.04.09
新学年・新学期が始まりました。
朝,新しいクラスでのSHRのあとは,大掃除。入学式の式場準備も行いました。その後,始業式,離任式,新教職員就任式と,3つの式が行われました。
離任式では,離任される平賀博之先生(副校長),重永和馬先生(国語科),川野泰崇先生(英語科)先生の紹介の後,平賀先生と重永先生からお言葉をいただきました(当日欠席された川野先生については、別途時間を設けました)。
新教職員就任式では,4月から当校に着任された10名の先生方,新たにお世話になることになった6名の非常勤講師の先生方,そして,今年度からお世話になる1名の事務職員のみなさんの紹介が行われました。
2018.04.09 12:30 | 固定リンク | 行事
中学校修了式,終業式,離退任式
2018.03.19

本日は,今年度最後の生徒登校日。明日からは春休みです。
SHRのあとは,大掃除とともに,式場の設営を行いました。
10時からは中学校の終了式がおこなわれ,渡辺校長先生から,中学校の卒業証書が授与されました。
その後は,3学期の終業式,離退任式と続いて行事が行われました。

離退任される先生方は,次の5名の先生方です。

<退任者>
三宅幸信副校長先生(保健体育科)
高橋美与子先生(家庭科)
林 靖弘先生(理科・生物)

<離任者>
石橋一昴先生(数学)
平田佳奈子先生(養護)

離退任される先生方からは,それぞれの先生方の歴史を振り返りながら,生徒たちにメッセージをお贈りいただきました。閉式後,離退任される先生方のご退場に際しては,恒例となっている吹奏楽部の「蛍の光」の演奏の中,感謝を込めた大きな拍手でお送りしました。

2018.03.19 12:30 | 固定リンク | 行事
第66回卒業証書授与式
2018.03.07

本日は,同窓会オリーブ会会長,教育後援会会長,教育助成会会長のご臨席のもと,第66回の卒業式が挙行されました。
卒業式の日は,体育館が底冷えするようなことが多いという印象なのですが,本日は天気・気候にも恵まれ,おだやかな春の陽の差す中での卒業式となりました。
3年間・あるいは6年間を過ごしてきた福山附属を旅立つにあたり,福山附属の伝統である「自由・自主」についての思いが,在校生代表の送辞でも,卒業生代表の答辞でも述べられ,これまでの自分たちを振り返りながら,あらためて「自由・自主」を誇りとして捉える場となったように思います。福山附属で凛々しく成長した卒業生のみなさんの姿は,頼もしく見えました。

卒業生のみなさんからは,卒業記念品としてテント2張の寄贈をいただきました。本日の同窓会オリーブ会の受付で,テントのお披露目をさせていただきました。ありがとうございました。

卒業生のみなさんの未来に幸多からんことを祈っています。
2018.03.07 14:00 | 固定リンク | 行事
3学期の始業式
2018.01.09

本日は新年最初の登校日。SHRのあとは,大掃除をして,その後,始業式がおこなわれました。
ちょうど始業式の頃には風が強まり,瞬間最大風速が10m/秒を超える状況で,日も陰ってじっとしているとかなり寒さを感じる様子でした。今週は,天気予報でも気温が低めで,雪だるまのマークもついています。当校でもインフルエンザでの欠席者が出始めていますので,体調管理にはくれぐれも気をつけてください。
2018.01.09 13:00 | 固定リンク | 行事
タイ研修<第4日> 帰国
2018.01.07

4日目は,初日とは逆の日本に戻る移動の1日です。
朝食をすませ,最後にホテルのロビーで集合写真を撮り,8時にホテルを出発しました。空港での搭乗手続きは順調に進み,飛行機は定刻より20分遅れで台湾に向けて出発。台湾にはほぼ予定より5分遅れで到着しました。快晴で28度のバンコクから,雨で気温18度の台北に降り立ち,広島行きの飛行機の出発を待ちます。

行きとは違い,台北でのトランジットの時間が短く空港内の移動も含めて手続きだけでもゆっくりしていられない中,添乗員の田中さんの誘導で素早く手続きを済ませ流ことができ,40分ですが台北での買い物の時間を取ることができました。前日30度を超える屋外を散策していたので,18度の台北でも肌寒さを感じるくらいでした。広島には日本時間でおよそ20時40分に到着予定です。

台北から広島空港に向けた機内では,研修に疲れを癒しつつも,しおりの振り返りを記入する生徒や始業式を間近に控え,冬休みの課題に取り組む生徒の姿も見られました。広島空港に近づいたことを伝える機内でのアナウンスでは,「空港周辺の気温4度」という案内もあり,それには生徒も驚いた様子でした。
広島空港には,ほぼ定刻通りに到着しました。空港には,保護者や家族の方や副校長先生が出迎えてくださり,その中で解団式を行いタイ研修の全日程を終了しました。今後生徒は,現地調査をもとに事後の活動も充実させて個人の研究をレポートの形にまとめていきます。また,研修全体の活動を学年全体の前と,1〜5年生が参加する「SGH成果発表会」の2つの場で報告・発表します。それに向けて,10人で協力して準備を進めて行きます。
2018.01.07 23:00 | 固定リンク | 行事
スキー実習最終日
2018.01.07

1月4日に始まったスキー実習も,いよいよ最終日の7日を迎えました。
途中,吹雪くこともあり,視界が非常に悪い中で滑らなくてはならないこともありましたが,山の気象のめまぐるしい変化を体験しながら滑るという,貴重なものでもあったと思います。夜中には新雪が少しずつ降り積もり,朝のゲレンデの状態はまずまずという,恵まれた4日間であったと言えます。これも,4年生の皆さんの,日頃の行いのお陰(?)かと,思います。
今日は,眼下に日本海がくっきりと見え,弓ヶ浜,中海,宍道湖まで望みながら快適に滑ることが出来ました。全くの初心者の人も,4日目になると,スキー操作がかなり自分の思い通りにできるようになり,技量に応じた各自の滑りで,楽しむことが出来ていたようです。スキーは非常に奥深く,その技術の習得には限りがないように思われます。けれども,一度覚えれば,年齢や技能に応じて楽しむことが出来るアウトドアスポーツの代表でもあります。過去の先輩の中には,実習を契機に指導員の資格までをも取得し,それが縁で生涯の伴侶を得た人もありますが,68回生の皆さんも,今後に生かせる何かがきっと掴めているものと思います。
大勢で食べる食事も楽しめたのではないでしょうか。昨夜のジンギスカンに舌鼓を打ち満足した人も多かったと思いますが,最後の昼食のカレーも,おかわりの列が例年以上に出来ていました。頼もしい限りです。
最後の閉校式では,生徒代表の挨拶がありました。今回の実習でスキーを楽しみ,上達しただけでなく,スキーを通しての自分たちの成長を振り返り,それらを支えてくださった雪花荘のご主人に感謝を述べ,今後の飛躍を感じさせるような内容であったと思います。
2020年には70回を迎えるようになる伝統ある行事ですが,また一つ,怪我なく有意義な歴史を刻むことが出来たことを,皆さんと一緒に喜びたいと思います。次年度も多くの人の参加を待っています。


2018.01.07 18:00 | 固定リンク | 行事
タイ研修<第3日> 寺院群の訪問
2018.01.06

ホーコスタイランド訪問を終えて,ホテルに一旦戻り昼食をとりました。また,午前までの制服から私服に着替え,午後の研修に出発しました。
午後はまず,タイの有名な寺院群を訪問しました。最初に「王宮」と「エメラルド寺院(ワット・プラ・ケオ)」を訪れました。一昨年に国民から敬愛されていた前国王が亡くなられ,昨年10月に喪があけたというタイミングでの訪問ということもあって,前国王の肖像が多く立ち並び,各所に設置された祭壇の前でタイ国民が膝をついて深く祈りを捧げている姿を何度も見ました。次に船で川を渡り対岸の「暁の寺院(ワット・アルン)」と「涅槃寺(ワット・ポー)」を訪問しました。特に涅槃寺の仏像は,訪問前から様々な情報源を通して目にしていただけに本物を目の前にした感動と,その大きさに生徒は圧倒されていました。
3日目は,曇空から始まったものの,寺院群の訪問中には快晴となり気温は34度を超える暑さでした。初めて長時間タイの屋外を移動する中で,その暑さにまず圧倒されました。また,土曜日ということもあって,外国人観光客でどの寺院も大変賑わっていたことに,前日のJETROバンコクで説明いただいた,外国人観光客が多いというデータを身をもって体験することができました。
寺院群訪問終了後,市内のタイ料理のレストランで夕食をとりました。トムヤムクンなどタイの本格的な料理を味わうことができました。その後,外国人観光客向けの商業施設である「アジアティーク」を訪問し,お土産の購入を中心に自由散策を1時間とりました。小さな店舗が軒を連ねる中で,食料品やタイの工芸品,アジア雑貨など様々なものが売られていました。お店がひしめき合う中で,店員は道行くお客さんに英語や中国語,日本語などを駆使して話しかけ,最後まで相手の言語で対応して商売をしていました。そんな姿に,午前中のホーコスタイランド訪問時に後藤さんが言われた「目的があれば,人は何でも『上達したい(身に付けたい)』と思うようになるもの。」ということを思い出しました。
3日目は,これまでのJETROバンコクやホーコスタイランドを訪問した時に聞いたこと学んだことを,実際に実感する場面に多く出会えた1日となりました。

2018.01.06 20:00 | 固定リンク | 行事
タイ研修<第3日> ホーコス・タイランド
2018.01.06

3日目のタイは,この時期のタイでは珍しい曇空の朝から始まりました。
朝食をすませると,この研修では一番早い7時30分にホテルを出発しました。40分ほどかけてホーコスタイランドに到着すると,当校の卒業生である後藤様と,事前よりメールで連絡を重ねていた門田様(息子さんが当校の卒業生)に出迎えていただきました。
後藤様より会社説明をしていただき,その後お二人の案内で工場見学をしました。質疑応答の時間では,生徒から「日本企業が海外進出進出する上で必要なことは」や「タイの食生活と健康との関係について」,「ホーコスタイランドにおける女性の雇用状況や従業員の勤務について」など個人の研究に関連することや話や工場見学を通して感じた率直な疑問を質問する生徒の姿がありました。それらに丁寧にお答えいただくと同時に「何故自分が学んでいるのか(学びたいのか),それがはっきりした時に意欲的になれるから,そこを考えていってください」,「壁をつくらない,思い込みや偏見で世界を見ない。それができたら,物事はより良い方向に進みます」と後藤様と門田様から激励の言葉もいただきました。
90分という時間設定の中で,会社説明から工場見学,質疑応答の時間までと過密なスケジュールでしたが備後から世界にはばたいている企業を訪問することができたのは生徒にとっても貴重な経験になりました。

2018.01.06 13:00 | 固定リンク | 行事

- CafeNote -