コーディネーター

広島大学では、本学が有する人的資源や機能を最大限活用するために、平成24年4月より医学・歯学・薬学・保健学の4分野が統合した大学院医歯薬保健学研究科(小林正夫研究院長)を設置致しました。また、広島大学病院(茶山一彰病院長)には、がんにおける集学的治療、特に化学療法や放射線治療、緩和ケアを充実、推進させるためのがん治療センターが設置され、都道府県がん診療連携拠点病院にも指定されています。さらに、原爆放射線医科学研究所(神谷研二所長)とも連携し、放射線医学における基礎研究から臨床応用、医療機器開発、被曝医療に関しても世界をリードする研究成果を挙げています。

平成19年度からの「がんプロフェッショナル養成プラン」では、「銀の道で結ぶがん医療人養成コンソーシアム」として鳥取大学・島根大学とともに事業を展開し、学内には広島大学がんプロフェッショナル養成プラン運営委員会(河野修興委員長)を組織しました。この中では、放射線治療科、がん化学療法科、緩和ケアチーム、呼吸器内科、婦人科、耳鼻科、消化器内科、血液内科、腫瘍外科、乳腺外科、消化器外科、総合診療科、口腔外科、薬剤部、保健学科、看護部、医学物理士、衛生学(臨床研究担当)、事務部の専門スタッフによる臓器横断的・職種横断的な教育指導体制を整備し、チーム医療の担い手となる高度な専門知識と技能を有するがん専門医療人(がん専門医・がん専門薬剤師・がん看護専門看護師・医学物理士、等)の育成に尽力してきました。鳥取、島根、広島の3県の主ながん診療連携拠点病院間と3大学とで構築したネットワークを用いた遠隔テレビカンファレンスは、種々の試行錯誤を経て実用的なものになり、現在も3大学共通大学院講義に用いております。私の専門の放射線治療領域では、「中国・四国広域がんプログラム」と合同で、「中・四国放射線治療夏季セミナー」を毎年夏に開催しており、今後も引き続き開催予定です。

本学は、平成24年度から「中国・四国高度がんプロ養成基盤プログラム」に参加することになりました。プログラムを構成する各大学との様々な交流の中で優れた取組を吸収するとともに、新たな連携体制を構築したいと考えています。また、本学の特色を活かしてこのプログラムに貢献し、中国・四国地域のがん医療均てん化の一助となれば幸いです。


コーディネーター/運営委員会副委員長
永田 靖


TOPへ戻る


Copyright (C) Hiroshima University Graduate School of Biomedical & Health Sciences. All Rights Reserved.