スタッフ紹介

がん薬物療法専門医養成WGリーダー<br />
杉山 一彦

バランスのとれたがん薬物療法を遂行する専門医

がん治療の5つの柱 診断、手術療法、放射線療法、薬物療法、緩和医療の内、薬物療法を担当する医療者を養成いたします。昨今、分子標的薬剤を含む多数の新薬の登場と膨大な臨床試験の完遂により、がん薬物療法におけるいわゆる「標準治療」が日々変化しております。また、高齢化社会の中で各がん分野での高齢者に特化した治療選択も重要な問題となっております。本プラン 薬物療法専門医プログラムでは特定のがん腫に偏重せず、広島大学病院で行われている幅広い分野における医療実践の中から効率的にがん薬物療法を習得できるカリキュラムを策定いたしております。特に、薬物療法室における全がん腫の外来通院治療や化学療法委員会でのがん治療レジメン管理、緩和医療チームとの密接な連携により、新時代にふさわしいバランスのとれたがん薬物療法専門医を養成してまいります。

がん治療全体を俯瞰できる医療者

がん治療はもとより薬物療法単独で完遂するものではありません。診断医、外科治療医、放射線治療医、放射線物理師、緩和医療チーム、がん専門薬剤師、がん専門看護師、ソーシャルワーカー、がん相談員、地域医療者、等の多職種に支えられた総合医療です。がん薬物療法医は自己の専門分野だけでなく、これらの医療活動を理解し、討論し、支援できる能力が要求させております。薬物療法専門医プログラムでは、本プランの他のプログラムとも積極的に交流をはかり、がん治療全体を俯瞰できる薬物療法医の育成を目標にしております。


TOPへ戻る


Copyright (C) Hiroshima University Graduate School of Biomedical & Health Sciences. All Rights Reserved.