スタッフ紹介

放射線治療専門医養成WGリーダー<br />
永田 靖

飛躍的に進歩した放射線によるがん治療。

現代のがん治療は、手術と化学療法と放射線療法をどうやってうまく使いこなすかにかかっています。新しいがんの治療方法が開発されて治療成績も年々よくなってきました。そのなかでもとりわけ放射線治療の進歩は著しいものがあります。その背景にあるのは最近のコンピュータの発展にともなって放射線治療の機器と治療方法が大きくかわったことです。前立腺がん、肺がん、子宮がん、喉頭がん、舌がんなどは早期であれば放射線治療だけで治癒が期待できる時代になりました。食道がんも化学療法と放射線療法を一緒におこなうことで手術に匹敵する成績がでています。肝臓がんや直腸がんなど以前はあまり放射線治療が行われていなかったがんにも積極的に用いられるようになりました。

「痛みを伴わないがん治療」としてニーズは年々高く。

放射線治療をうける患者さんは年々増えています。すべてのがん患者さんの30%受けるまでになりました。いまや国民の10人に1人が一生のうちのどこかで放射線治療をうけます。放射線治療の実績や効果などが理解され、「痛みを伴わないがん治療」、「臓器がのこるがん治療」、「最初に受けるがん治療」として、ニーズが高まっています。日本はこれから高齢化社会になっていきます。患者が高齢になると外科手術は難しくなります。ですから近い将来、放射線によるがん治療はがん患者の半分以上がうける治療になるといわれています。

最先端の技術と豊富なスタッフが整った広島大学で学ぶ成果は大きい。

広島大学病院は全国でも数少ない放射線治療の総合的な研修が受けられる施設です。当院では放射線治療が行われるすべての疾患を対象とした治療を行っています。最新鋭の放射線治療装置を備え、強度変調放射線治療、定位放射線治療、画像誘導放射線治療などの高精度治療を行う症例数は全国有数です。また密封・非密封の小線源治療も多数行っています。特に密封小線源を用いた舌癌の治療件数は西日本最多です。さらに広島大学病院では臓器専門性を持った放射線治療専門医5名が、直接指導に当たります。最先端の技術を身につけた教授陣に学ぶことで将来のキャリアに向けて大きな成果が得られると思います。私たちとともに学んだ沢山のかたが将来の日本の放射線治療を担ってくれることを楽しみにしています。


TOPへ戻る


Copyright (C) Hiroshima University Graduate School of Biomedical & Health Sciences. All Rights Reserved.