スタッフ紹介

婦人科腫瘍専門医養成WGリーダー
工藤 美樹

婦人科腫瘍専門医養成WGメンバー
平田 英司

次を担う医師が一人でも多く育っていくことを願って。

子宮や卵巣は生殖に関わりダイナミックに変化する特異な臓器であるため、そこに発生する腫瘍も非常に特徴があります。そのような面からみても、婦人科腫瘍はやりがいのある研究分野だと思います。また、広島大学病院は婦人腫瘍専門医、施設そして症例が充実しています。他科との合同カンファレンスや婦人科腫瘍専門医取得のためのカリキュラムが整っています。専門医取得のために、本学のがんプロ養成コースは有利な修練環境だと思います。

婦人科腫瘍はやりがいのある研究分野。参加する人は強い目的意識を持って。

工藤教授は「絨毛性疾患取扱い規約」の作成委員、平田講師は「卵巣癌治療ガイドライン」の作成委員、Gynecologic Oncology Group(GOG)-Japanの委員を務めています。日本の婦人科悪性腫瘍の治療の質の向上と均一化を目的として、日本の婦人科腫瘍の診断法・治療法の基準を決める仕事 に関わっています。取扱い規約やガイドラインは適宜改定されることになっており、私たちも執筆します。 がんプロに参加する人には強い目的意識を持って、勉強していただきたいと思います。そのための環境を整え、改善するために努力しています。がんプロは、あ くまでも専門医を取得するための通過点であり、このシステムを利用して更なる向上を目指し、目標に向かって進んでいってもらいたいと思います。

TOPへ戻る


Copyright (C) Hiroshima University Graduate School of Biomedical & Health Sciences. All Rights Reserved.