スタッフ紹介

がん緩和ケアWGリーダー<br />
山脇  成人

個別の悩みに耳を傾け、患者さん、その人をみる

山脇先生写真1

身体的苦痛や精神的苦痛、個別の悩みに耳を傾け、患者さん、その人をみる姿勢は医師の原点なのではないか、学生からの感想をきいてはっとすることがあります。どのような医療にも緩和ケアは応用でき、その専門性を磨くには初めからでも後からでもできると思います。一人でも多くの先生に同志になってもらいたいと思います。


TOPへ戻る


Copyright (C) Hiroshima University Graduate School of Biomedical & Health Sciences. All Rights Reserved.