スタッフ紹介

がん専門薬剤師養成WGリーダー<br />
木平 健治

全国のがん専門職養成のモデルになる

2012年4月、中国・四国地方の全域にわたる10大学で協働した「中国・四国高度がんプロ養成基盤プログラム」が、文部科学省「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」に採択されました。このプランは、中国・四国地域でがん専門職を養成することにより、中国・四国地域におけるがん医療の均てん化に貢献するとともに、全国のがん専門職養成のモデルになることを目指します。
このプランの中には、がん専門薬剤師養成コースも含まれています。がん専門薬剤師は、卓越した薬物療法に関する知識を持ち、十分なエビデンスと共に、より有効な薬物療法を医療チームへ提示していく必要があります。また、がん薬物療法に関する教育、実践の場における研究活動も主な役割です。

より臨床に近いがん薬物療法を肌で感じることができます

広島大学大学院医歯薬学総合研究科「がん専門薬剤師養成コース」では、年間1名の学生を募集しております。
4年間のコースを修了すると、博士(薬学)の学位が得られます。また、本コースでは、がん薬物療法に特化した講義および実務実習を通し、より臨床に近いがん薬物療法を肌で感じることができます。さらに、将来がん専門薬剤師の資格を取得する際に必要となる、研究発表や論文作成の能力及び臨床的な問題解決の能力を身に付けることができる内容となっております。がん医療チームの一員として高度な知識と技術を持って活躍することを志す方々を、本研究科は心より歓迎いたします。

目標
がん薬物療法の基盤となる概念・理論と実践との融合を図り対象・現象に対する理解を深める能力を養う。

TOPへ戻る


Copyright (C) Hiroshima University Graduate School of Biomedical & Health Sciences. All Rights Reserved.