スタッフ紹介

がん看護専門看護師養成WGリーダー<br />
宮下 美香

がん看護高度実践看護師の養成

当コースでは、がんに関する高度な専門的知識を有し、エビデンスに基づく的確な臨床判断の上に、熟練したケア技術とキュアの知識を用い、がん患者と家族への高度な看護を実践することができる人材を養成します。教育内容の特色は、がんに関する専門的な基礎知識を提供した上で、がん薬物療法看護、放射線療法看護、緩和ケアに関する専門的な知識基盤と臨床技術を強化するところにあります。特に、学生が、がんの診断・治療、がんの症状緩和に伴う臨床判断過程を学び、患者の身体管理を適切に行えるよう看護学の専門職者と医学、薬学の専門職者が協働し、講義・演習・臨床指導を行います。また、広島大学ではサイコオンコロジー領域の優れた研究や実践が行われており、心理社会的な治療・ケアについても学びを深めることができます。更に、エビデンスの検索と読み取り方、看護実践への適応を学び、臨床課題の解決に必要なエビデンスを生成するための方法論として課題研究に取り組むことにより、研究能力も養います。
本コースを修了すると、がん看護専門看護師認定審査の受験資格が得られます。

がんチーム医療のリーダー/コーディネーターの養成

宮下先生写真

がん医療は、患者さん、ご家族を中心とし、多職種から構成されるチームにより提供されます。がん看護専門看護師は、高度ながん看護実践を行うだけでなく、チームのリーダー/コーディネーターとしての役割も担います。すなわち、医療機関における多職種間、患者さん・ご家族と医療者間との調整、医療者からの様々な相談への対応、患者さんやご家族の意向に即したゴール設定と多職種の協働を通じ、チームアプローチが発展するようコーディネートすることが求められます。また、治療・療養の場が患者さんの自宅であることも多いため、地域連携の重要性も指摘されています。本コースでは、どの場においても、患者さんとご家族のニーズに応える最善の医療の提供を実現するため、リーダー/コーディネーターとしての役割遂行能力を有する人材を育成します。


TOPへ戻る


Copyright (C) Hiroshima University Graduate School of Biomedical & Health Sciences. All Rights Reserved.