スタッフ紹介

医学物理士養成WGリーダー<br />
小澤 修一

諸外国では放射線治療部門に必ず存在する職種
放射線治療の品質管理と研究開発を行う放射線物理学者

医学物理士とは

医学物理士は、がんの放射線治療において、患者さんに照射される放射線の量と場所が医師の処方通りになっているかを保証する職種です。患者さんが安心して放射線治療が受けられるよう、より簡便かつ高精度な放射線治療システムの研究開発を行うことも医学物理士の重要な任務です。

本学における医学物理教育

山脇先生写真2本学では、大学院医歯薬保健学研究科 医歯科学専攻(修士課程)に医学物理士コースを開講しています。このコースでは、理工系の大学及び診療放射線技師を養成している4年制大学からの学生を受け入れ、医学物理士となる(※1)ために必要な教育を実施し、医学物理学分野の高度専門職業人として活躍できる人材、医学物理学の確立と普及を担う教育者・研究者並びに医学物理学分野で国際的に活躍できる人材を養成することを目的としています。また、本コースでは、一般財団法人医学物理士認定機構(http://www.jbmp.org/)が定める放射線治療分野の医学物理教育カリキュラムガイドラインに提示されたガイドラインに基づいて編成したカリキュラムを履修することになり、終了時には修士(医科学)の学位が取得できます。

(※1) 医学物理士として認定を受けるには、一般財団法人医学物理士認定機構(http://www.jbmp.org/)が実施する医学物理士認定試験及び認定審査に合格する必要があります。


TOPへ戻る


Copyright (C) Hiroshima University Graduate School of Biomedical & Health Sciences. All Rights Reserved.