Tel:082-257-5869医局直通電話

教授あいさつ

岡田守人
Morihito Okada, MD & PhD

広島大学・教授
(広島大学原爆放射線医科学研究所 放射線災害医療研究センター・腫瘍外科/大学院 医歯薬保健学研究科/病院 呼吸器外科・乳腺外科・消化器外科)
環境省中央環境審議会・専門委員
Active member of AATS (American Association for Thoracic Surgery)
Active member of ASCO (American Society of Clinical Oncology)
Active menber of STS (Society of Thoracic Surgeons)
日本外科学会・代議員
日本胸部外科学会・評議員
日本呼吸器外科学会・理事 学術委員長 評議員
日本肺癌学会・理事 広報委員長 肺癌ガイドライン委員 評議員
NHK「患者を救え!ドクターG」・TBS「これが世界のスーパードクター」「ヒポクラテスの誓い」などのテレビ出演、文藝春秋・週刊朝日・週刊文春・週刊新潮などの雑誌に多数取り上げられる。


 私は2007年4月に広島大学教授として着任し、10年を経過しました。伝統のある癌専門の診療科として広島の中核的な役割を担い、私の専門とする肺癌・呼吸器外科は勿論、乳腺内分泌外科、一般消化器外科の癌診療を世界的な科学的根拠に基づいて行なっています。目標は「超一流の向こう側」です。日本の腫瘍外科学・臨床腫瘍学領域のオピニオンリーダーとして、特に呼吸器外科領域では機能温存手術(区域切除などの縮小手術、気管支血管形成術)、低侵襲手術(胸腔鏡アプローチ)、拡大手術(新規抗がん剤や放射線を含めた集学的治療)、中皮腫診療(手術を含めた集学的治療)で、常に最新の情報を世界に向けて発信し続けています。肺癌・乳癌・食道癌において本邦最高峰の臨床試験機構であるJCOG:Japan Clinical Oncology Groupの中核施設として機能し、新規抗がん剤の治験を数多く行っています。

 我々に命を預けて戴ける患者さんに常に感謝して、最先端・最高レベルの手術を含めた医療を提供すること、決して妥協しない姿勢で新しい治療法へチャレンジすること、実際の診療に直結する難治癌克服のための研究を実践することを考えています。さらに次世代を担う高いモチベーションを持つ腫瘍外科医を育てることが私の責務です。そのためにはまず自らが模範になるような外科医になること、すなわち若い外科医達の目標になることが必要です。自分自身が温かみのある人間性と、深く体系的な知識、納得させるに足る技術、そして自らの反省、深い洞察力、強い向上心を示さなければなりません。当科でトレーニングを受けられる若い医師が腫瘍外科専門医として臨床実地医療の場で多くの患者さんに真に信頼され、近い将来、世界に羽ばたいてほしいと切に願っています。

広島大学腫瘍外科フェイスブック メディア掲載情報

↑ PAGE TOP