Tel:082-257-5869医局直通電話

広島大学病院 乳腺外科のご案内

当科は、広島県および中国地方における乳がん治療の中心として、多くの乳がん患者さんの診察加療をさせていただき、また多くの乳がん専門医や名医と呼ばれる人材を輩出しています。乳がん専門医による乳がん治療を行っており、内視鏡を用いた小さな傷での手術や、正確な診断に基づいた最新の治療を行うことにより、最適な医療を提供できるように努めています。乳がん検診で要精査といわれた方や乳がんの心配がある方は、是非当科を受診してください(受診日は月・水・金です)。

広島大学病院乳腺外科スタッフの紹介

 当科のスタッフは全員、乳腺を専門にしており、外来診療は乳腺外科のスタッフがおこなっています。そのほとんどが乳がん学会専門医・認定医、マンモグラフィ読影などの資格を有しており、乳腺疾患について専門的な知識を有しています。またマンモグラフィ撮影や超音波検査は専属の女性スタッフが行います。

名前 役職 主たる診療分野 専門・資格
片岡 健 広島大学大学院保健学科 教授 乳腺外科一般、乳がん診断 (特にマンモグラフィ) 医学博士、日本外科学会専門医 日本乳癌学会評議員・専門医 マンモグラフィ読影認定(AS) 日本がん検診・診断学会がん検診認定医
角舎学行 広島大学病院乳腺外科 講師 乳腺外科一般、手術、薬物療法 (特に内視鏡助下手術、乳房再建、 化学療法) 医学博士、日本外科学会専門医 日本乳癌学会評議員・専門医 マンモグラフィ読影認定(AS) 日本がん治療認定医機構暫定指導医・認定医
舛本法生 広島大学病院乳腺外科 助教 乳腺外科一般、手術 (特に内視鏡助下手術、画像診断) 医学博士、日本外科学会専門医 日本乳癌学会専門医 マンモグラフィ読影認定 日本がん治療認定医機構認定医
重松英朗 広島大学病院乳腺外科 助教 乳腺外科一般、薬物慮法 (特に内分泌療法、分子標的治療、 臨床試験) 医学博士、日本外科学会専門医 日本乳癌学会認定医 マンモグラフィ読影認定(AS) 日本がん治療認定医機構認定医
春田るみ 広島大学病院乳腺外科 医科診療医 乳腺外科一般 日本内分泌・甲状腺外科学会専門医 医学博士、日本外科学会専門医 日本乳癌学会認定医 マンモグラフィ読影認定(A)
恵美純子 広島大学病院乳腺外科 医科診療医 乳腺外科一般 (特に画像診断、手術、薬物療法) 医学博士、日本外科学会専門医 日本乳癌学会認定医 マンモグラフィ読影認定医 日本がん治療認定医機構認定医
梶谷桂子 広島大学病院乳腺外科 医科診療医 乳腺外科一般 (特に内視鏡助下手術、画像診断) 日本外科学会専門医 日本乳癌学会認定医 マンモグラフィ読影認定(AS) 日本がん治療認定医機構認定医

外来棟2F 受付204(乳腺外科外来)

AM PM AM PM AM PM AM PM PM
舛本
(乳腺)
升本
(乳腺)
笹田
(乳腺)
恵美
(乳腺)
角舎
(乳腺)
笹田
(乳腺)
角舎
(乳腺)
恵美
(乳腺)
春日
(乳腺)
郷田
(乳腺)
郷田
(乳腺)
網岡
(乳腺)

恵美
(乳腺)
郷田
(乳腺)
片岡
(乳腺)
網岡
(乳腺)

乳腺外科 外来受付 電話:082-257-1686
(乳腺外科外来:土・日・祝日を除く9:00-17:00)

乳腺外科スタッフ一同です

広島大学病院 乳腺外科の特徴

正確な診断に力を入れています

乳がんを診断するためには、画像診断(マンモグラフィ、超音波検査、MRI検査)が重要です。マンモグラフィ読影診断認定では、当科のスタッフ5名が指導者としての認定を受けており、質の高いマンモグラフィの診断に努めています。超音波検査については、スタッフの多くが乳腺超音波試験認定を受けており、また広島乳腺超音波診断研究会(代表 角舎講師、事務局 県立広島病院乳腺外科 野間翠医師)を主宰し、乳腺超音波診断能力の向上に努めています。また乳房MRI検査により正確な病気の拡がり診断を行い、適切な切除範囲を設定するようにしています。

適切な乳がん治療を提供します

当院は日本乳がん学会認定施設であり、日本乳がん学会の専門医、認定医の資格を有した医師が多く勤務しています。個々の患者さんの病状を正確に評価し、個々の患者さんに合った適切な乳がん治療を提供いたします。

手術療法
病変部位を確実に切除すること(根治性)は当然ですが、根治性を保ちつつ整容性(美しさ)も重視した手術を行っています。整容性を高める工夫として「内視鏡補助下手術」を積極的に行っています。乳がん手術で内視鏡を使うことにより、傷が目立ちにくい乳輪周りや腋窩(わき)の小さな傷で、病変を確実に切除することを可能としています(下図)。また乳がんの手術ではセンチネルリンパ節生検という方法を用いることにより、不必要なリンパ節郭清(リンパ節を切除する手術)を省き、リンパ浮腫や手術後の痛みを軽減するように努めています。また、乳房の再建が必要な場合も、当院の形成外科(傷を専門とした外科)と連携して乳房再建を行っています(http://home.hiroshima-u.ac.jp/seikei/sp09.html)。2010年9月から2011年8月までに147例の乳がん患者さんの手術を施行し、そのうち乳房温存術を96例、乳房切除術を51例施行しました。乳房切除のうち9例に対して乳房再建術を施行しました。

内視鏡手術では、温存手術・全摘手術のいずれもわきの下と乳輪の外縁の創のみで行うことが可能です。腫瘍の場所によってはわきの下の創のみで行うことが可能な場合もあります。ただし皮膚浸潤がある場合など、内視鏡手術が施行出来ないこともあります。

薬物療法
近年、乳がんに対する薬物療法の進歩は目覚しく、適切な薬物療法がひろく行われるようになり、乳がんの治療成績が改善しているといわれております。当科においては、個々の患者さんの乳がんの進行度および乳がんのタイプに応じた、適切な薬物療法を提案するように努めています。また、薬物療法の実践においては、がん専門看護師、薬剤師など、多職種によるチーム医療を行い、チーム全体で患者さんを支えます。進行がんの症例には、乳腺外科、腫瘍内科、放射線治療科および形成外科により集学的治療も行います。
また新規薬剤に関する治験や全国規模の臨床試験にも参加しておりますので、より最新の治療法を提供できることもあります。
放射線療法
残存乳房照射や、リンパ節転移が多い症例に対する胸壁、腋窩、鎖骨上照射は、再発率を減少させるためにとても重要です。当院では広島大学病院 放射線治療科と連携して、適切な放射線治療を提供しています。

患者さん第一の治療を行います

 乳がんのリンパ節郭清によって、手術した方の腕が腫れることがあります。これを「リンパ浮腫」と言いますが、当院ではリハビリテーション科と連携し、リンパ浮腫の予防、治療に取り組んでいます。同時に、広島リンパ浮腫研究会を通じて、県内に啓発活動も行っています。
 院内では、患者さんの精神的サポート、患者さん同士の交流のため、がんサロン(毎月1回)、がん患者おしゃべり会(毎月2回、第2、4水曜日)を積極的に開いており、当科医師も参加しています。治療に不安な患者さんを温かくサポートするための体制を整え、患者さん第一の治療を行っています。
 また、毎月第1土曜日の午後1時30分から午後3時30分に、ウエストプラザビル5階で乳がん患者さんを対象としたまちなかリボンサロンを開いています。これまで3回のまちなかリボンサロンが開催され、多数の方に参加していただきました。乳がんの方であれば、どの病院で治療しておかれる方でも参加できますので、お気軽にご参加ください。乳がん専門医など医療スタッフも交えて楽しくおしゃべりしながら 不安を解消していきましょう。 (詳しくは下図をご参照ください)。

当院の乳がん治療成績

 当院において2000年から2010年までに診断・治療を受けた約1500名の乳がん患者さんの治療成績を示します。乳がんの進行度(ステージ)別にみた治療成績、および時代(新しいホルモン療法や抗がん剤が導入された2002年前後の治療成績を比較)による乳がん治療成績の比較を示しています(下図)。

早期乳がん(ステージ0,1)では90%以上の方が乳がんを克服できています。また局所進行乳がん(ステージ3)においても良好な治療成績が示されています。

 乳がんの早期発見・薬物療法の進歩により、年々治療成績が向上しています。当科でも10年以上前の治療と比べても、格段に治療成績が改善しています。今後も、最新の治療を取り入れながら少しでも多くの乳がん患者さんを救えるよう努力します。

広島大学病院への交通アクセスのご案内

ご不明な場合は、☎082-257-5555までご連絡ください

さいごに

このホームページは、当院の乳がん治療に関わる医師、看護師が作製しました。ご不明な点やご質問がありましたら、乳腺外科医師、外来・病棟看護師にお尋ねください。
メールでのお問い合わせも可能ですので、下記にご連絡ください。乳腺外科医師 角舎(かどや)がお答えいたします。
メールはこちらまで。

<< 前のページに戻る

広島大学腫瘍外科フェイスブック メディア掲載情報

↑ PAGE TOP