9月26日(日)  9:40〜12:00  第4会場
<社会>
421 9:40〜10:00 香川雄一*(明治学院大・非)・除本理史(東京経済大)・山内昌和(社会保障・人口問題研):高度経済成長初期の川崎臨海部における漁業権放棄過程
422 10:00〜10:20 鈴木範仁(日本大・院):横浜市「金沢地先」における埋立事業にともなう地域変容
423 10:20〜10:40 谷川典大(広島大・院):地方圏出身若年者が地元に留まる理由——正当化されるライフストーリー
424 10:40〜11:00 中條曉仁(広島大・院):山村高齢者の生活における生産活動の意義
425 11:00〜11:20 目黒 潮(東京都立大・院):関東圏における在日インドネシア人ネットワークと繋留点の場所的性質
426 11:20〜11:40 山本佳世子(名古屋産業大):滋賀県高島町における都市・農村交流事業に関する研究
427 11:40〜12:00 新藤博之(えひめ地域政策研究センター):愛媛県における道の駅・直売所を活用した地域活性化
9月26日(日)  13:00〜16:00  第4会場
<農林業>
428 13:00〜13:20 梅田克樹*・関 孝敏(北海道大):北海道森町濁川地区における地熱利用型ハウス園芸地域の形成と持続可能性
429 13:20〜13:40 高柳長直(東京農業大):農産物の産地ブランド化と地理的表示
430 13:40〜14:00 助重雄久(富山国際大):高齢生産者による柑橘栽培の衰退過程——山口県東和町を事例として
431 14:00〜14:20 河本大地(広島大・院):日本における有機農産物産地の分布——2000年農業センサスの市町村別データから
432 14:20〜14:40 大竹伸郎(獨協大・院):佐渡島新穂地区における環境保全型稲作の導入と定着への課題
433 14:40〜15:00 柚洞一央(筑波大):我が国における産業としての養蜂業の展開——自然環境の変化を捉える一事例として
434 15:00〜15:20 作野広和(島根大):中山間地域における耕作放棄地の分布と発生要因——島根県羽須美村の事例
435 15:20〜15:40 篠原重則(松山大):梅の生産・加工・販売システムの確立と山村の活性化——和歌山県南部川村の事例
436 15:40〜16:00 伊藤栄介(筑波大・院):屋久島におけるヤクスギ土埋木の利用