大学院生のための奨学金制度等
 
・日本学術振興会 特別研究員
 博士課程後期在学中(DC)、博士の学位取得後(PD)に研究員として採用されると、
 給与および研究費が得られる制度。
 (地理学教室では、過去10年間にDCに5名、 PDに2名が採用されています)

・独立行政法人日本学生支援機構 奨学金
 地理学教室では、これまで、博士課程後期の院生のうち、希望者には全員、第一種奨学
 金(無利息)が貸与されています。在学中の研究状況により、返還免除の制度がありま
 す。

・広島大学 特別研究員(平成30年度文学研究科ホームページより)
応募資格  次の(1)から(3)までの要件を満たす者であること。
 (1) 本学大学院博士課程(博士課程前期を除く。)を修了し,博士の学位を取得した者
  又は平成 30 年 3 月 31 日までに取得見込みの者(注 1)で,平成 30 年 4 月 1 日現在
  で 39歳以下の研究者。
 (2) これまでに広島大学特別研究員又は若手研究人材養成センターイノベーション人材養
  成システムの研究員(PD 枠)として雇用されたことのない者。
 (3) 採用時において常勤の職を有さない者(注 2)。また,外国籍の者においては,本国への
  帰国後に就職もしくは職務復帰が義務付けられていない者。

・ティーチング・アシスタント(TA)
 人文地理学情報処理演習や自然地理学実験など文学部の実験、実習科目では、博士課程
 前期・後期の院生に、ティーチング・アシスタントして教育補助を行ってもらっていま
 す。

・留学生チューター 
 広島大学には多数の外国人留学生がいます。日常生活や研究のサポートすることで、謝
 金を得ることができます。地理学教室には多数の留学生がおり、国際交流が進んでいま
 す。


Copyright(C)1996-2008 Department of Geography, Hiroshima University. All rights reserved.
shikaku shogakukin