消化管X線造影検査

消化管X線造影検査とは通常はバリウムで造影を行い、透視を行うと同時にX線撮影をして、病変の部位、大きさ、範囲などを診断する検査です。主に食道造影検査、胃X線造影検査、小腸造影検査、注腸X線造影検査を行っています。その他にも低緊張性十二指腸造影検査なども行っています。

X線透視撮影装置


食道造影検査

食道造影検査ではバリウムを口から直接飲んでもらったり、鼻から挿入した細いチューブよりバリウムと空気を注入したりして造影像のX線撮影を行います。

食道癌に対しチューブを用いて撮影した二重造影写真です。
造影写真によりこの病変が粘膜下層まで浸潤した食道表在癌であること、及び病変の範囲、部位がわかります。


胃X線造影検査

胃X線造影検査ではバリウムと発疱剤を口から直接飲んでもらったり、鼻から挿入した細いチューブよりバリウムと空気を注入したりして造影像のX線撮影を行います。胃の形の異常、胃の辺縁の変化がわかる充盈(じゅうえい)法、バリウムと空気のコントラストの差により粘膜面と壁の変化を表した二重造影法、粘膜面の凹凸や肥厚性変化を表す圧迫法があります。これらの方法を組み合わせて病変の診断を行っています。

造影写真によりこの病変がスキルス型進行胃癌(未分化型癌)であること、および病変の浸潤範囲がわかります。

造影写真によりこの病変が早期胃癌(未分化型癌)であること、及び病変の範囲、部位がわかります。未分化型癌の中でも印鑑細胞癌は、進行すると繊維成分を多く含むスキルス型進行胃癌(いわゆる“硬い癌”)に進展します。お腹の中に癌細胞が散りやすく(腹膜播種しやすく)、予後が非常に悪い癌とされていますが、早期発見により予後は大きく改善します。


小腸造影検査

小腸造影検査では、鼻から挿入した細いチューブよりバリウムと空気を注入して造影像のX線撮影を行います。

この造影写真では縦走潰瘍が多発し、小腸が偏側性に変形・短縮しておりクローン病と診断できます。


注腸X線造影検査

注腸X線造影検査では肛門から挿入したバルーン付きのチューブよりバリウムと空気を注入して造影像のX線撮影を行います。胃X線造影検査同様、充盈法、二重造影、圧迫法を組み合わせて病変の診断を行います。

造影写真によりこの病変が粘膜下層に浸潤した早期大腸癌であること、またその病変の範囲、部位がわかります。

この造影写真では腸管の狭小化のほか腸管の辺縁においてボタン様のはみ出しや棘状突起などが認められます。深掘れの潰瘍を有する活動性の潰瘍性大腸炎であると診断できます。

当診療科では、癌や炎症性腸疾患など様々な疾患に対する診療を行っています。消化管内視鏡検査に消化管X線造影検査を併用することで、より精度の高い診断が可能となります。